JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドン・ジョバンニ@新国立劇場

10/24
ドン・ジョバンニ@新国立劇場

仕事を少し早目にきりあげて、この日は新国立劇場でオペラ ドンジョバンニ、今年3本目のオペラでした。
この日は、C席でしたが、購入したタイミングで最後列でしたが、4階のこの席でも、オーケストラと歌い手の声は十分に届く席で堪能できました。

P1020892.jpg

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2014/11/08(土) 19:39:22|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カルリーチェク兄弟のコンサート@よみうり大手町ホール

7/18(金)
カルリーチェク兄弟のコンサート@よみうり大手町ホール

 ヨゼフ・カルリーチェク(チェロ)
 ペトル・カルリーチェク(ピアノ)

プログラム
 ポッパー:ハンガリー狂詩曲 作品68
 シューマン:5つの民謡風の小品集 作品102
 マルティヌー:スロヴァキア民謡の主題による変奏曲、ロッシーニの主題による変奏曲
 プロコフィエフ:チェロソナタ ハ長調 作品119 

仕事帰りに、 カルリーチェク兄弟のコンサートに行ってきました。
よみうり大手町ホールは新しくできたホールのようですが、規模は小さいですが
真新しい木がきれいで、響きの美しいホールでした。

演奏のほうは、兄弟ということもあってか息もぴったりで
非常に良い演奏でした。アンコールも律儀に5回も答えてくれました。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2014/07/27(日) 11:24:38|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラベッラ@新国立劇場

5/31
アラベッラ@新国立劇場
【指揮】ベルトラン・ド・ビリー
【演出・美術・照明】フィリップ・アルロー
【衣装】森 英恵
【舞台監督】大澤 裕
【合唱指揮】三澤 洋史

キャスト

【ヴァルトナー伯爵】妻屋 秀和
【アデライデ】竹本 節子
【アラベッラ】アンナ・ガブラー
【ズデンカ】アニヤ=ニーナ・バーマン
【マンドリカ】ヴォルフガング・コッホ
【マッテオ】スティーヴ・ダヴィスリム
【エレメル伯爵】望月 哲也
【ドミニク伯爵】萩原 潤
【ラモラル伯爵】大久保 光哉
【フィアッカミッリ】安井 陽子
【カルタ占い】与田 朝子

【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

アラベラ


新進気鋭の指揮者ベルトラント・ビリーさんを聞いてみたかったので、行きました。
席は、前回は4階と見にくい席でしたので、3階にしてみました。
歌手の歌は素晴らしく、オーケストラの響きも良かったです。
舞台セットも豪華でした。
アラベッラのストーリーは、僕は今ひとつ感動という感じではなかったのですが。

オペラの後は、広尾のイタリアン、アンティキサポーリというところに行ってみました。
一応のハレの日扱いです。
前菜がたくさんでるというコースを。前菜、パスタが美味しかった。
ハウスワインの赤が値段も手頃な割には絶品。食後酒も3種類サービスというのは、
本場のイタリアンぽいと思った。レストランの雰囲気もイタリアの田舎という感じで、
とても良かった。
ひとつだけ気になったのは、コースにプラスした料理が、コースの中の皿ととても似ていて
余計だったなと思わせたこと。

P1020656.jpg
  1. 2014/06/07(土) 20:56:45|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴォツェック@新国立劇場

4/13
@新国立劇場
ヴォツェック

■指揮:ギュンター・ノイホルト
■演出:アンドレアス・クリーゲンブルク

■キャスト
【ヴォツェック】ゲオルク・ニグル
【鼓手長】ローマン・サドニック
【アンドレス】望月哲也
【大尉】ヴォルフガング・シュミット
【医者】妻屋秀和
【第一の徒弟職人】大澤建
【第二の徒弟職人】萩原潤
【白痴】青地英幸
【マリー】エレナ・ツィトコーワ
【マリーの子供】池袋遥輝
【マルグレート】山下牧子

合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

初台の新国立劇場のオペラパレス(大劇場)で
人生3度目のオペラを見ました。クラシック情報紙のツィッターで、面白そうだと思って
妻に話をしたら、チケットをとってくれました。
料金は、S,A,B,C,D,Zといろいろありましたが、お手頃のCにしましたが、4階の席と
最初は、あらーやはり見えない席なのかと思いましたが、オペラ始まれば、オーケストラも
歌手の声も良く聞こえ、舞台もそこそこ見える(オペラグラスは必要ですが)席で、
妻と十分楽しめる席ということで意見は一致しました。

演出も斬新で、舞台もおおがかりで、オペラ的と思いました。
また、面白そうなオペラがあれば出かけたいなと思いました。


テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2014/04/16(水) 20:45:25|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大友直人指揮、東京交響楽団@東京芸術劇場(池袋)

1/31 
東京芸術劇場(池袋)
東京交響楽団
指揮   大友直人
ピアノ  高橋優介
ソプラノ 幸田浩子

チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番

グノー/「ファウスト」第5幕のバレエ音楽より〈トロイの娘たちの踊り〉
「ロミオとジュリエット」より〈私は夢に生きたい〉

プッチーニ/「マノン・レスコー」間奏曲、
「ジャンニ・スキッキ」より〈私の愛しいお父さん〉

ヴェルディ/「椿姫」より〈間奏曲〉
〈ああ、そは彼の人か~花から花へ〉

チャイコフスキー/幻想的序曲「ロミオとジュリエット」

会社帰りに、東京芸術劇場へ
東京芸術劇場は、駅から地下でつながっているのだが、いつもうまくいけない。
この日もだいぶ遠回りをしてしまった。
妻も割とギリギリに来たが、開演は少し遅れた。

最初の協奏曲は、高橋優介さんという若いピアニストで、なかなか良い演奏で、会場も盛り上がりました。

休憩はさんで、オーケストラの演奏とソプラノの幸田浩子さんの歌と1曲ずつやって
最後に、チャイコフスキー/幻想的序曲「ロミオとジュリエット」

2階の席でしたが、音響も良く十分に楽しめた。
幸田さんは、新国でオペラも歌うみたいので、行ってみたいと思いました。

なおこのシリーズは、フレッシュ名曲コンサートということで
東京都歴史文化財団というところが地域と協力して、コンサートを身近に
親しんでもらうという企画らしい。

この日は、急病人が発生したということで、開演が20分程度遅れた。
何で始まらないのかなとキョロキョロしていたら、妻の友人のご主人を発見。
ずいぶんと奇遇。勤め先が近く、たまに来られるということだが、この広いホールで
近くに座るとは。

帰りは、目星をつけていた中華に行こうと思っていたが、満員ということではいれなかった。
さすがに金曜日、飲み屋さんはいっぱいですね。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2014/02/02(日) 17:58:57|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。