JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井上淑彦“FUSE”/LIVE

井上淑彦“FUSE”のLIVEの新譜を買いました。
(収録は2005年の10月と11月)
CD店で見かけて、Witch-Tai-Toが入っているので、
即購入決定し、この数日で何回か聞きました。

井上淑彦“FUSE”のLIVEは、このLIVEの演奏の収録の前後に
NHK FMのセッション505の公開収録で聞きましたが
その時も、非常に良い演奏だと思いました。

FUSEは、サックス奏者井上淑彦さんをリーダーとする
ワンホーンカルテットですが、
井上淑彦さんのサックスの音が自分は非常に好きということと
田中信正さんのピアノも非常にリリカルで好きです。

曲は、アブストラクトとリリカルの2面性があり
バランスが非常に良いです。決してBGMとして心地よく
聞き流せるタイプの音楽ではなくて、真剣に聞きたい音楽です。

2枚組みのCDなのですが、
DISC1は横浜のゲーテ座(岩崎博物館にあるらしい)
DISC2はモーションブルー横浜で収録されており、雰囲気は
微妙に違うようです(私にはその差異はあまりわかりませんが)
(岩崎博物館は、若かりし頃、デートで良く行った
 港の見える丘公園のすぐそばにあるようです。)

井上淑彦“FUSE”/LIVE
EWE(イーストワークスエンターテイメント)
井上淑彦(ts, ss)坂井紅介(b) 田中信正(p) つの犬(ds)

DISC 1  2005.10.29録音 ゲーテ座
1.Birth of Life -I Kin Ye
2.Watasuge
3.North Rider
4.Witchi-Tai-To

DISC 2 2005.11.29録音 Motion Blue YOKOHAMA
1.Grasshopper
2.Yoshi-ga-daira
3.Fire Works
4.Flood

------------------------------------------------------------------
セッション505に自分が書き込んだ感想
(収録は2005年11月6日(日)だったのだろう)

井上淑彦“FUSE”素晴らしかったです。特にバラードC-JAMの次の
Witch-Tai-Toという曲が良かったので、ネットで調べたら、Jan Garbarek
が演奏しており、自分がCDを持っていることを発見。聞いてみましたが
Jan Garbarekの冷たいキレイナなSAXの音色より、井上淑彦“FUSE”の
演奏のほうが、断然に熱く、良かったと思います。新しいCDに是非収録
してほしいなあと思いました
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/25(日) 18:31:19|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドリームガールズ

3月20日(火) 20:50~23:10

@ MOVIXさいたま シアター7

いつものように、回転寿司に寄って、
梅サワー、ちゃんこ汁(小)、梅しそ巻き、カンパチを
食べて、劇場に向かいました。

この日は、MOVIXの10周年記念ということで
料金は1000円とお得でした。

「さくらん」とドリームガールズのどちらを見るか迷いましたが、
結局は、始まる時間が早いので、ドリームガールズを
見ました(ネットで予約したので、迷ったのは前日)。

映画は、ブロードウェイでヒットしたミュージカルをベースにしているということで、歌の完成度が高いし、テンポも良いし、評判とおり、面白い映画でした。

音楽の欄に、フォープレイでもおなじみのハーヴィー・メイソン・Jr が
クレジットされていました。
(ジャズっぽい曲もあったので、そのへんを担当していたのだろうか)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2007/03/25(日) 17:32:58|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

N響と趙静さんのコンサートへ

2007年3月23日(金) 東京芸術劇場
N響(2007都民芸術フェスティバル助成公演)

指揮 現田 茂夫
チェロ 趙静
曲目
ドヴォルザーク/スラヴ舞曲 第8番
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲
ドヴォルザーク/交響曲 第9番 「新世界から」

アンコール
ドヴォルザーク/スラヴ舞曲 第10番

先週に引き続き、N響を聞きました。

都民芸術フェスティバルは毎年この時期にあるようですが
チケット代金が、リーズナブルなので、注目しています。

今年は、ポピュラーな演目のこちらを聞いてみることとしました。
チェロの趙静さんは、NHKのトップランナーというテレビ番組で
知りましたが、若手注目株というところのようです。

さて、スラヴ舞曲 第8番から、ボヘミアの香り
(一体どういう香りだろう)が感じられ、
チェロ協奏曲 に期待が高まりました。

趙静さんのチェロは、低音の力強さが感じられなかったのが
残念でしたが、それ以外は音程も正確で、ピッチも良く
なかなかの好演だと感じました。
まあ、席が2階のF列(6列目)の右端と
ベストの席ではなかったで、もう少し前のほうであれば
違った印象を持てたかもしれません。

(昨年同じドヴォルザークのチェロ協奏曲
 をヨーヨーマ、デビット・ジンマン
 チューリッヒ・トーハレンで聞きましたが、
 低音の力強さ、音の響きの良さを感じました。
 このときの席は2階の後ろのほうの席でした。
 サントリーホールでしたが)

交響曲 第9番 「新世界から」は、ポピュラーな演目であり
曲も有名な部分が2箇所あり、オーケストラで聞くには
とても楽しいと改めて思いました。

アンコールはスラヴ舞曲 第10番でしたが
こちらもロマンチックでとても良かったです。

帰りは、この日は大宮まで戻り、
東口駅前の ろばた家 むさし で軽く飲みました。
(魚が安くておいしかったですが、となりの席が若者の合コンで
 うるさかったのが残念でした。)

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/24(土) 12:47:50|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんみつ(安藤まさひろ、みくりや裕二)のLIVEへ

3月21日(水) 17:30
あんみつ
→安藤まさひろ(g)、みくりや裕二(g)
NHK(渋谷)505スタジオ

セッション2007の あんみつ の収録に行きました
妻が会社の人とゴルフに出かけたため、1人で行くことと
なりました

あんみつは、T-SQUAREのギタリストの
安藤まさひろ さん と もとSQUAREのギタリストの
みくりや裕二 さん のアコースティック ギター デュオです。
(SQUARE→T-SQUAREの改名は1989年)

2人は、青春時代に、ジャズギタリスト高柳昌行氏に
ギターを教わっていたことがきっかけで、出会ったとのことであり
その意気は、ピッタリでした。

曲は、彼らのオリジナルを中心に
SQUAREの「Truth」(F1グランプリ中継のテーマ曲として有名)や
ノラジョーンズでヒットした「Don't Know Why」なども演奏されました。

アコースティックギターの響きは、なかなか気持ち良かったです。

帰りは、渋谷マークシティのパリヤでジェラートを食べました(絶品)

あんみつ のホームページ↓↓
http://www2.odn.ne.jp/anmi-2/index.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/24(土) 11:50:35|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松亮太&NHK交響楽団

2007年3月15日(木) サントリーホール
N響ロマンティック・コンサート

指揮 広上 淳一
バンドネオン 小松 亮太
曲目
小松 亮太 /夢幻鉄道~Loco-Motion-Loco
ピアソラ(小松亮太編) /リベルタンゴ
ピアソラ /バンドネオン協奏曲
ムソルグスキー(ラヴェル編)/組曲「展覧会の絵」


久しぶりにライブの音楽を聞きました。

妻が小松亮太のファンで、自分はピアソラの曲が好きなので
2人で行くには、うってつけの演奏会でした。

席は1階の13列目で、中央ブロックの右端とかなり良い席。

バンドネオンの音量にあわせたのか、最初の3曲はオーケストラの
編成は小さめなものでした。
ピアノ協奏曲を聞くときも思いますが、生音でのバンドネオンの音量
が限界があるので、自分の席(かなり良い席)でも、もう少し音量が
あればなあ と感じました。

まあ、そんなことはおいておいて、日本最高のオーケストラと
小松亮太でバンドネオン協奏曲が聞けたのは、良かったです。
夢幻鉄道の生演奏も、N響の弦楽セクションのおかげで
非常に良かったです。

休憩をはさんだ、展覧会の絵では編成はかなり大きいものになり、
広上さんの指揮・N響の演奏もエネルギッシュで、メリハリのある
良い演奏と感じました。
アンコールのボロディンの弦楽の曲も、ロマンチックで良かった。

帰りには、サントリーホールそばの
オーバカナルでタラバガニの前菜とオニオングラタンスープと、
ハウスワイン(赤)
混んでいたので、外のテラス(ヒーターはあるのですが)
での食事となりました。
妻は、レストランの中はいつも混んでいるので、じっくり話しが
できると、良い印象のようでした。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2007/03/17(土) 16:38:56|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。