JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスチャン・マクブライトさん(コットンクラブ)のLIVEへ

8月29日(土)ファーストステージ 19:00-20:30
Christian McBride(b) Peter Martin(p)
Tim Green(sax) Warren Wolf(vib)
Carl Allen(ds)

コットンクラブのチャージがキャンペーンで
安くなるというハガキが家に来たので、
前から気になっいた
クリスチャン・マクブライトさんを妻と見に行きました

少し早くついたのですが、立って待つのがおっくうなので
ビルの1階のイスで受付開始10分くらい前まで待つこととしました

17:20になったので2階にあがると、ざっと20組くらい
まっている人がいて、さっさと来れば良かったと少し後悔
しました

この日のコットンクラブは結構混んでいました。

ファーストステージなので
軽く食事を楽しみました
(コットンクラブは、食事は素晴らしくおいしく、
 素晴らしくおたかい値段です
 こみ具合にもよりますが、コースではなくて
 アラカルトで2、3品を2人で食べるというのが
 (この日頼んだのは、和牛のローストビーフ、
  車海老とアボガドのサラダ、ソフトシェルクラブ)
 良いと思います
 コースで食べるには時間が短いからです。
 特にセカンドはあわただしいので
 前菜1品くらいが丁度良いです)

クリスチャン・マクブライトさんは
新しいCDを出していて、そこからの曲を中心に演奏されて
いました。
本日は、アコスーティックベース1本でした。
スタンダードのテンダリーでは、弓弾きも披露されていました
うまいベースですね。いろいろなベーシストをみてきましたが
華があるベースで、さすが10年以上、ファーストコールの
ベーシストというのがわかりました。

ピーター・マーチンさんは、僕は、彼の「パラボラ」という
アルバムをもっていて、ある種 楽しみにしていたのですが
本日のセットでは、サイドにまわったという感じでした。
(最初のチラシではエリックリードとなっていた)

カール・アレンさんも、熟練のいきに達しており、非常に
重量感のあるドラムでした。

本日、聞いていて、良いなと思ったのは、ビブラフォンの
ウォーレンウルフさんでした。
(私は、ボビーハッチャソン、デイブ・パイクなどの
 ビブラフォン奏者を見たことがあるが その人たちに
 比肩するくらいに うまい奏者であった。)

サックスのティムグリーンさんも
うまかったですが、ずば抜けてという感じではなかった
です。
(最初のチラシではスティーブウィルソンとなっていた)

いずれにしても、手練れ5名のアンサブルですから
非常に良かったです。
会場も非常にもりあがっていました。

コットンクラブのライブも終わり、地下の
お好み焼き「きじ」でお好み焼きでも食べようかと
おりてみると8:30という時間にもかかわらず
長蛇の列でした。
(何回か並んで食べましたが、確かにうまいのです
 今度は、大阪の本店で食べて見たいです)
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/08/30(日) 19:39:20|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿末広亭とBAR NICA

2009/08/13

夏休み初日
妻は夏休みがないので、帰省を8/14としたため、
この日はフリーでした。
妻は、夜、世界バレエフェスティバル(ガラ)
を見に行くということでしたので、
僕は、落語を見に行くこととしました。

会社の知り合いが、転勤になったので、行けそうに
もないということで、新宿末広亭のチケットをくれたのでした

朝から洗濯をしたり、図書館に本を返したり
した後、新宿方面にむかいました。

まずは、池袋の「やまや」でおみやげ用の
ウィスキーを買い、新宿末広亭に着いたのは、
17:00頃になりました。

夜の部は17:00からスタートです
ちなみに昼の部は12:00からで16:30まで
チケットは昼、夜共通なので、両方とも見れるのですが、
自信がなかったので、夜の部からとしました。

いやー実におもしろかったですね。
まず、小屋の雰囲気が良かったです。
真ん中が意外に座りやすいイス(最近の映画館のようなイス)で
寝る人 続出とのことでした。
左右は、桟敷席になっていて、またここも良い雰囲気でした。
僕は、イス席の左側のほうで、比較的うしろのほうでした

落語が7割で、残りの3割が曲芸(染の介、染太郎のような)
漫才などでした。

落語は、古典ぽいものと、現代の創作のようなものと
半々くらいでしたでしょうか(落語の演目を知らないので
厳密にはわからなかった)


有名な人で、出演していたのは、桂米助さん(となりの晩ごはん)
と三遊亭小遊三さん でした。
桂米助さんも 落語をやるのだなと意外な感じがしました。
お二人とも、非常にうまかったです。

21:00に終わり、
そのそばの JAZZ BAR NICAへ
オーディオ雑誌の「ANALOG」という雑誌で紹介されており、
恵比寿のBAR TRACKSの姉妹店ということで
行って見たいと思っていたのでした。

メニューに、「モヒート」があったので、それを
オーダーし、ピクルスも頼みました。
いずれも、絶品でした。

オーディオは
ガラードのアナログプレーヤー、マランツのプリ、
マッキントッシュの真空管のパワー、タンノイのスピーカーでした。

かかったのは
アニタオデイ
スタンリータレンタイン
マイルスデイビスの「いつか王子様が」
ミシェルペトルチアーニ「赤ペト」
アーチーシップ(ベースとのデュオ)
でした。

「赤ペト」は、CDで持っていますが、
レコードで聞くと、印象が非常に異なりました。
(まあ、システムや音量が全然違いますので、
 CDとレコードだけの相違ではないと思いますが)

モスコミュールをおかわりすると、
オレンジの皮の砂糖づけ(?)を出してくれました
これも絶品でした。

非常に良いお店で、新宿に行く際はまた行こうと
思いました。

テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

  1. 2009/08/14(金) 09:36:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上野JAZZ INN 2009

2009/08/01 16:00ー20:00 上野水上音楽堂
上野JAZZ INN 2009

土曜日は、数年ぶりに上野JAZZ INNへ妻と出かけました。

まずは、買い出しということで御徒町の吉池で、お酒
(ここの酒売場はかなり充実している)と食べ物
(いなり寿司とタコヤキ)を買い、

関係ないけど、妻有そば と スパゲティも買ったので
リユックはかなり重くなってしまいました。
(妻有そば はおいしいという知人のかたの
ご推薦で食べてみたいと考えていたのでした)

さて、会場(上野水上音楽堂)へ着くと、かなりの人数の
列が出来ており、入場はだいぶ後のほうでした。
しかし会場は広くて、センター右側の2段目くらいの席を
確保できました。

16:00の少し前に司会の牧岩雅夫さん登場
もう何年ここの司会をなさっているの
だろう安定感のある司会です。

最初は昨年の浅草JAZZコンテストの優勝者の演奏
からスタートです。
まず、早稲田大学ハイソサエティオーケストラという
ビッグバンドでスタート。
本当にうまいオーケストラで、何曲か演奏されました
(ボビーワトソンの MS.B.C. が良かった
 司会の人はボビーワトソン作曲といっていたが
 自分の持つジャズメッセンジャーズのアルバム
 「アルバム オブ ザ イヤー」では作曲者は
 パメラ ワトソンとなっている??
 ベニーカーターに捧げて作曲されているという
 ことであった)
このコーナーの司会がサークルの1年生ということでしたが、
緊張していたのか、へたでした。
そして関西で活動されているという「森川奈菜美」さんが
何曲かボーカルを披露しました(スワンダフル、スカイラーク、
ハニーサックルローズ)。

次に「沖仁(おき・じん)」さん登場
まずは、ソロで一曲演奏されました。
一曲演奏したところで、実はこの曲はパーカッションとデュオ
でやる予定だったことを説明され、パーカッションがまだ
来ていない(渋滞とのこと)という説明をしていた。
そういうトークをしているうちに、パーカッションの
大儀見元さんが到着(リハーサルなしか?)
ベースも加わり、ビートルズのCome Togetherを演奏
サイドギターが加わり、ペサメムーチョ、オリジナルの
雨上がりのマーチなどを演奏されました。
今回は、カンテ(ボーカル)の人がいなくて、サイドギターが
ボーカルをとっていたが、フラメンコはカンテがあると華やぐ
なと思って聞いておりました。

その次は宮間利之(87歳)とニューハードの演奏
流石にうまい演奏。選曲も、A列車で行こう、アランフェス協奏曲、
ラ・フェスタ(チックコリア)など通このみでした。

その途中で、ゲストで平賀マリカさん
が、歌われました。
オン ア クリアデイ、イパネマの娘、ラブ フォー セール
の3曲を歌われました
(曲数が少なく、若干もの足りなかった)

そして、休憩時間にお楽しみ抽選会があり、妻はキャンデーがあたり、
私はハズレでした。
となりの人は、上野JAZZ INNのロゴのはいった野球帽があたり、
かぶっておられましたが、とてもかっこいいデザインでした。

そして最後は、
高橋ゲタ夫さんひきいるクリスタル・ジャズ・ラティーノの
演奏でした。
トニー・グッピーさんというトリニータ・ドバコ出身のスチールパンが
蒸し暑い夏の夜にピッタリでした。
ボーカルに三科かをり さんが参加されていましたが、魅力的な
ボーカルでした。

曲はラテンっぽい曲が多く、会場はノリノリでした。
アンコールでは、中年オジサンたちもペットボトルをマラカス
がわりにして、踊っておりました。

こちらも酒の酔いと音楽に酔った一日でした。非常に満足して、
上野公園を散歩しながら家路につきました

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2009/08/03(月) 18:57:20|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。