JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井上淑彦さんを聞く(6/26)@COCHI

6/26(土)20:00-22:30
COCHI(小岩)

井上淑彦(Ss Ts) 森下滋(P) 仙道さおり(Per)

小岩のCOCHIとう
JAZZクラブに 妻と井上淑彦さんを聞きに行きました

井上淑彦さんはクリプシドラというバンドも
数年前にやっていて、僕はそれを聞いたことがあって
また聞きにいきたいな と思っていたのでした。

小岩という町は、初めていきまいしたが
飲食店、風俗店、一般の普通の店が混在する不思議な
町でした。

僕らは、お店の様子がわからないので、19:00に
いったらリハーサル中で、それでもお店にはいれてくれました。

赤ワインをボトルで頼んで、
飲み始めました。

お店は 小さめで、PAがいらなくて 生音で十分でした。

20:00過ぎにライブ開始
前半は井上さんのオリジナル中心
(よしがだいら、わたすげ、North Riderなど)
後半はバーンスタインのSomewhereや
ジムペッパーのWitchi-Tai-To
なども おりまぜながら
最後は Un jour
これは、曲のタイトルの由縁を井上さんが話てくれて
とても良かった(仙道さんが話せといったから話したのだが)

井上さんの好きな絵本の物語をイメージして
作曲されたとのことだった。


「アンジュール -ある犬の物語」 ベルギーの絵本作家ガブリエル・ヴァンサン

アンジュール―ある犬の物語アンジュール―ある犬の物語
(1986/05)
ガブリエル バンサン

商品詳細を見る

アンコールは
「ずっと」だった。

妻は、仙道さおりさんと林正樹さんの
CD pega-pega / アルカイック Casnet 2010
を購入して、仙道さんにサインしてもらっていた。

http://www.c-a-s-net.co.jp/saoli/disc/index.htm

大満足で、家路へ




スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/27(日) 19:41:56|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中野貴子さん(AS)を聞いた(6/21@オルガンジャズ倶楽部)

6/21(月)
オルガンジャズ倶楽部(沼袋)
20:00-22:30

中野貴子as
柳  隼一p
笠原 本章b
松下マサナオds

仕事が早くきりあげることができたので、
沼袋のオルガンジャズ倶楽部へ

一緒に行く人たち(妻と妻の会社の人)は
近所のスパゲティ屋で 食べてるはずなので、
僕も 探し回って 結局 駅前の松屋で 牛丼(小)280円を
食べてから お店へ

丁度、ライブがはじまる寸前で
良かった。

バスペール・エールという生ビールを頼んで
少し 一息 ついたところで ライブ開始

スタンダード(ニアネス オフ ユー)、ジョビン(ジンジ)
に 中野さんの オリジナルの構成という感じだった。

バックの3名も、若手ながら 非常にうまかった。

中野さんのサックスは、パーカーというか
アートペッパーライクというか オーソドックスな
感じでした。

オルガンジャズ倶楽部も店は コンパクトで
そこそこ きれいな店で、音楽を楽しめました。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/27(日) 18:41:39|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Pat Metheny /Orchestrionを聞く(6/13)

暑くなると、ビールが飲みたくなり
ジャズが聞きたくなり、いきつけのJAZZ BARへ

店にはいると
Michel Godardの
アルバムがかかっていた。これは詳細はわからず。

次にPat MethenyのOrchestrionが
かかった。僕は、この自動演奏というのに偏見があって
避けていたのだが、CDは普通に良かった。
JAZZ喫茶の大きな音量で聞くと また格別でした。

OrchestrionOrchestrion
(2010/01/26)
Pat Metheny

商品詳細を見る


次に定番のエンリコ・ピエラヌンツィの
あたらしめのピアノ・トリオ
Dream DanceDream Dance
(2009/08/25)
Enrico PieranunziMarc Johnson

商品詳細を見る


次にエグベルト・ジスモンチをLPで
やはりLPしかなかった時代のLPは CDではなくてLPで聞いたほうが
断然音が良い。いいLPです。

Danca Das CabecasDanca Das Cabecas
(2000/08/01)
Egberto GismontiNana Vasconcelos

商品詳細を見る


次は 先日も聞いた
Bebo Ferra と
Paolino Dalla Porta
アコースティックギターとアコスーテックベースの
デュオ
これは いいCDなので 探しています

AriaAria
(2007/07/17)
Bebo FerraPaolino Dalla Porta

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/20(日) 10:29:36|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コクーン歌舞伎「佐倉義民伝」を見ました

6/13(日)17:00-20:00

渋谷のシアターコクーンで
コクーン歌舞伎「佐倉義民伝」を見ました。

「ぴあ」の先行で1階の桟敷席をとれたので
席はよかったのだが、座布団1枚で長時間
座るのは、若干大変だった。
(妻は 桟敷は いやだといっていたのだが
 舞台に近い席で見たいので おしきった)

物語は、生活に苦しむ農民を
代表して、将軍に直訴する
佐倉の名主の話

いつもは、劇場でパンフレットを購入して
ストーリーを読むのだが、この日は読む時間が
あまりなく 心配だったが、ストーリー主体で
話は進むので、理解しやすい。

見栄を切るところや 名ゼリフが
ないところが 若干さびしい。
お姫様もいないので、美しい女形の
シーンというのも少な目。

しかし、民衆のパワーを感じさせる
ラップの挿入(これは賛否両論だろうが、僕は
良かった)や、主人公のひたむきな
まっすぐさ が 心にひびいた。

当初、妻は この演目は地味すぎて興味がない
といっていて、パンフレットを読むと関係者や出演者も?
だったようだ。

やはり彼らにとってもチャレンジな演目だったようだ。

しかし、それらを払拭するかのような素晴らしい
歌舞伎でした。
最後のシーンは、キリストの磔をイメージ
させるかのような美しさ で良かった。

それにしても、毎回、中村橋之助さんの役は
極悪人(しかもかっこいい)で、またそれが良くあっていました。

笹野高史さんも、出てくるだけで なんか楽しい気分になる。

おそらく、今の日本が政治であまりにもゴタゴタしているので
私利を捨てて、自分の思うところを全うした佐倉の名主 宗吾を
描きたかったのかなと思った。



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/19(土) 18:58:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Night Songs/Ferenc Nemethを購入

6/13(日)コクーン歌舞伎をみるため
渋谷に出かけたので、渋谷DUでCDを探す。

ギタリストの Antonio ForcioneのCDが
大量に売られていた 

いろいろと探していて、いいのがないな
と(いいのはあるのだが、価格的に買えない)
思ったら、Ferenc Nemethの
night songsが出ていた

Night SongsNight Songs
(2007/06/26)
Ferenc Nemeth

商品詳細を見る


僕は、AMAZONで売っている上のCDと同じで
ジャケ違いと思ったのだが、
なぜか収録曲が3曲も少なかった。

しかし、マークターナー、クリスチークのSAX
アローンパークスのピアノ
リオネール・ルエケのギター(アコースティックギター)
が素晴らしい

特にルエケのギターが、絶妙なタイミングではいるのが
かっこいい。

買われる人は、是非、上のジャケ写を目指してください
(お月様のジャケットはデザインはいいが ダメです)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/19(土) 18:23:49|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニルスペッターモルバルを聞く(6/7)

いきつけのJAZZ BARへ
またまた行きました

最初にかかっていたのはニルスペッターモルバルの「ER」
というアルバム これはなかなか良かった

http://www.nilspettermolvaer.info/index.php?option=com_content&view=article&id=192&Itemid=376

次にかかったのはBrowne-Haywood-Stevens
何回か聞くうちに 少しずつ良く感じてきたアルバム おもしろい
Sudden in a Shaft of SunlightSudden in a Shaft of Sunlight
(2009/06/09)
Browne-Haywood-Stevens

商品詳細を見る


次にかかったのは
エグベルト・ジスモンチのこちらの作品を
LPで、いい音でした

SoloSolo
(2000/08/01)
Egberto GismontiEgberto Gismonti

商品詳細を見る


次の作品は
アレックス チョロキアンのピアノ トリオ作品
これは 僕のメモが悪く どんなCDか 検索不能でした

おそらく以下のCDであることが判明
Alexis Tcholakian Trio «Le songe de l’athanor» Fairplay AT 9811 / Socadisc 1998

次は、ジョンマクラフリンのライブ盤
これは持っていますが、いい音で聞くとまた さらにいいです。
Live at the Royal Festival HallLive at the Royal Festival Hall
(1990/05/02)
John McLaughlin Trio

商品詳細を見る


最後は Jean Christophe Choletの
ピアノトリオ ここでは Beyond the Circleを
良くききますが 少し前の作品です 

CKP Trio / Under the Whale Détails
2005 - Cholet-Känzig-Papaux Trio

この日は、お客さんが少なく
音は非常に良かったです。

お店にとっては、もう少しお客さんが
来てくれたほうが 良いでしょうが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/13(日) 09:51:59|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Baptiste TrotignonのFLUIDEを買う(6/6)

久しぶりに吉祥寺DUで
JAZZを

なかなかこの日は
良いCDがない。いや正確にいえば、これはと思うのは
少し高めの値段だった

前からほしかった
JJ Johnsonのライブ盤、アマゾンで調べたら普通に
売っていた
自分は、このCDと同日に録音されたCDを持っていて
よく聞いていて、ずっとこちらも聞いてみたかったのでした

QuintergyQuintergy
(1991/02/05)
J.J. Johnson

商品詳細を見る


ベニーウォレスのライブをハーレン ライリーのドラム目当て
で購入 これは良かった
In BerlinIn Berlin
(2002/07/09)
Bennie Wallace

商品詳細を見る


JAZZとびっきり新定盤500+500 (だいわ文庫)で
紹介されていたBaptiste Trotignon を発見
若いピアノです
もう少し聞きこんでみないとわからないなあ。 

JAZZとびっきり新定盤500+500 (だいわ文庫)JAZZとびっきり新定盤500+500 (だいわ文庫)
(2007/08)
MOONKS

商品詳細を見る



FluideFluide
(2000/10/10)
Baptiste Trotignon Trio

商品詳細を見る


この後、吉祥寺DUのロック館に行ってみたが
品揃えが 異様にマニアックだった。
欲しいアルバムのタイトルとアーティスト名を逆にして
探していたので 1枚も みつからなかった(あたりまえだ)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/12(土) 20:38:03|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天龍(銀座)で餃子を食べる

6/5(土)15:00-15:30
天龍(銀座)

ル テアトル銀座
でお芝居を見た後は
天龍で 餃子を食べました。

餃子が8個で1020円(消費税込)
やきそば 1020円(消費税込)

いやー初めて食べましたが
その餃子の大きさにビックリ

味も皮の食感が良いし、
ニンニクを使っていないあんは
あっさり目で おいしかったです

やきそばも ボリュームたっぷりで
大満足で店を後にしました。


R0013200.jpg

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2010/06/05(土) 19:31:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の頭の中の消しゴム(村川絵梨、忍成修吾)を見ました

6/5(13:00-15:00)
ル テアトル銀座
私の頭の中の消しゴム
村川絵梨、忍成修吾

妻と、ル テアトル銀座
で朗読劇「私の頭の中の消しゴム」を見てきました。

村川絵梨さんは朝の連ドラ「風のハルカ」に出ておられ、
少し前ですが、深夜食堂にも 出ていて、いい演技でした。

妻は、ミュージカルが好きなので、中川晃教さんと内山理名さん
の組み合わせで 見たいようでしたが、
僕の意見を とりいれてもらい、
村川絵梨さんと忍成修吾さんの組み合わせで見ることができました。

朗読劇ということで、どんな感じかイメージがわきませんでしたが
2人が日記を読むという趣向で、ただ ただ 本を読むという感じではなく
イスに座って セリフを語るという趣向
より、感情が伝わってくる感じがしました。

途中からは、観客の女性の泣く声が 多く聞こえ、
うちの妻も泣いていたようです。

村川絵梨さんも 忍成修吾さんも大熱演で
良かったです。
村川絵梨さんには、いい女優として活躍してほしいと
思いました。

明日(6/6)も当日券があるようです。
明日はもっと うまくなっていることでしょう。



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/05(土) 19:28:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。