JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Slow Music Slow LIVE'2010へ

8月28日(土)15:00-20:30

青葉市子
HanaH
paris match
持田香織
大橋トリオ
田島貴男

池上本門寺・野外特設ステージ

楽しみにしていたSlow Music Slow LIVE'2010に
妻と行きました。
当日は暑さ厳しく、会場時間になる前まで、お寺の墓地で
涼んでいました。

10分くらい前に会場へ、

前から1ブロック目のセンターの後ろのほうの席で
一般発売されてから少し経ってから買ったとは思えない
良い席でした。

スタートは、池上本門寺の「おしょうさん」の
お話からスタート
池上本門寺の歴史の説明と
仏教と音楽の共通点について、癒しについて
話されました。

最初のステージは、
青葉市子さん
ギターで弾き語りでした
クラシックギターでも習われていたのだろうか
大変うまかったです
歌は自作で、少し社会的なテーマを扱った
作品のようでした。


次に、HanaHさん登場
最初ギターとピアノで
途中から、チェロとバイオリンが入りました
売り出し中の歌手のようです。

次に、paris match
僕はこのグループは1枚CDを持っていて
QUATTROという作品ですが
とても好きでたまに聴くのですが
この中からも
STAY WITH ME、SUMMER BREEZE
というオリジナルを
アコースティクアレンジで
演奏されました。
後は、カバーで
ビートルズのHere, there and everywhere
とバカラックのClose to youなど

次に持田香織さん登場で
会場から「モッチー」という声がかかりました。
エブリ リトル シングの曲は
やらなくて、最近のアルバムの曲を
演奏されたようでした。

次に大橋トリオ
僕はこの人が好きで、ラジオなどでも
かかるといい歌だな と思っていて
カバーアルバムだけど1枚持っていて
それを家で良く聴いているので、
今回も 妻がチケットとってくれたのでした

歌も 演奏も素晴らしかったのだけれど
妻は、MCが面白くなかったと言っていました
僕は、いまどき らしくて 別に
と思いましたが

山下洋輔にならったというピアノは
うまかったです。

そして、最後は、田島貴男さん
昔はオリジナル ラブといっていて
1990年代初頭 僕も良く聴いてました

最初が、ジプシーキングスでおなじみの
イタリア民謡「ボラーレ」で始まり
オリジナルラブの「接吻」や「サンシシャインロマンス」
なども演奏されましたが
サーカスの「ミスターサマータイム」
加山雄三の「海 この愛」
なども演奏されました。
ギターの弾き語りでしたが、
バンドで聞きたかったなと少し思いました

スポンサーサイト

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/29(日) 19:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KENNY BURELLのライブ盤を聴く

8/19(木)
会社帰りにいきつけのJAZZ BARへ
この日は結構お客さんがはいっていた

最初にかかったのは、
よくかかっているデイブリーブマン
The Unknown JobimThe Unknown Jobim
(2001/09/24)
David Liebman

商品詳細を見る


Ernst Glerum の 57 Variations
HMVでは Omnibus Three として紹介しているけど、
そういうタイトルにはオリジナルではしていない
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3723750

次はRoberto Tarenzi


次はスタンゲッツをCDで
Blue SkiesBlue Skies
(1995/11/30)
Stan Getz

商品詳細を見る


次にかかったのがラルフタウナーとゲーリーピーコックとのDUO
静謐な世界でした
Closer ViewCloser View
(2000/08/15)
Ralph Towner

商品詳細を見る


次にかかったのは、このお店ではめずらしいケニーバレル
まだ、お元気そうなプレイです
BE YOURSELF - LIVE AT DIZZY\\\'S CLUB COCA-COLABE YOURSELF - LIVE AT DIZZY\\\'S CLUB COCA-COLA
(2010/07/05)
KENNY BURRELL

商品詳細を見る


そして最後に以下のアルバムを聴いて
お店をでました
アンディシェパード最近
良く聞きます。

Songs With LegsSongs With Legs
(2000/06/27)
Carla Bley

商品詳細を見る


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/22(日) 18:24:20|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KURT RPSENWINKELのTHE NEXT STEPを買う

8/19(木)
いきつけのJAZZ BARへ行く前に
いきつけの中古屋さんに寄り、Kurt Rosenwinkelの旧作を発見

以前にもあったのだろうが、
今回は買うことにする。

メンツは
最近好きなMark Turner(TS)
Ben Street(b)とJeff Ballad(ds)
Kurt Rosenwinkel(gと一曲だけピアノを弾いている)

またもや、マスタリングがGreg Calbi, Sterling Soundですので
音も良いです。


Next StepNext Step
(2001/01/09)
Kurt Rosenwinkel

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/22(日) 08:43:43|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケニーワーナーとヤコブカールツオン

先日買ったCDを聞きましたが
ケニーワーナーの以下の作品は期待以上に良かった
ブルーノートのライブ作品で、マスタリングが
STERLING SOUNDのGreg Calbiなので音はとても良い

ドラムがBrian Bladeで
ベースがScott Colly
テナーサックスがDavid Sanchez

トランペットがMatt Shulman
最後の曲のみトランペットがKenny Wheelerに代わる
(なのでKenny Wheelerを目当てに買うと
 ガッカリということになる)

曲は、最後のハリーポッターの映画音楽が
別に悪い曲ではないが、映画音楽やるなら
もう少しポピュラーな曲が良かったのではないかと
思った。
(CDの外側には、ジョンウィリアムス作曲と書いてあるのだが
 全然見落としていた)
 

しかし、その他のオリジナル曲は、どれも
良い曲だった。

しかし、ジャケットは、非常にダサク
もったいないこととなっている

DemocracyDemocracy
(2006/08/29)
Kenny Werner

商品詳細を見る



その点、以下のCDは、ジャケットのデザインは
良い
また、メンバーもヨーロッパ(北欧)の手だれ
であり、うまい。
Jacob Karlzon - piano
Mattias Svensson - bass
Peter Danemo - drums
Peter Asplund - trumpet
Karl-Martin Almqvist - saxes

曲は、Jacob Karlzon 作曲で
最先端の北欧ジャズという感じです。

いいCDで特に文句もないのだが
最後の曲が5分くらいを過ぎたところで無音となり
10分過ぎたところで音楽が再開される(イタズラか?)
Vocalもなかなか出て来ないし、
というかVOCALはなしなのか、
音のない世界を楽しめということなのだろうか
口笛が少し聞こえるのだが、これが贅沢にもヴィクトリア トルストイ
なのかな?


Big5Big5
()
Jacob Karlzon

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/16(月) 06:15:09|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリプシドラを聴く

8/14(土)14:40-15:30
品川イーストワンタワー
セントラルガーデン

クリプシドラ
井上 淑彦(ts, ss)仙道 さおり(perc)
林 正樹(p) 佐藤 芳明(acc,Key-Hca)


結局、帰省はしないこととなったので、
井上 淑彦さんがCOCHIのライブのときに
紹介していた無料ライブに妻と行きました。

会場に着いたのは
ギリギリでしたので、イスはもうなくて
立ち見となりました。

リハーサルなしということでしたが
このメンバーですから、何の問題もなしでした

曲は

林 正樹さんの曲、佐藤 芳明さんの曲
井上 淑彦さんの曲(アンジュール、ずっと)
などでした。

その後は、大東京湾花火大会に
いきました

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/16(月) 05:40:01|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北浪 良佳さんを聴く(銀座スイング)

8/13(金曜日)18:45-22:45
銀座スイング

北浪良佳(Vo)新澤健一郎(p)西嶋徹(b) 仙道さおり(Per)


吉祥寺CDを買った後は、中央線で東京駅
山の手で有楽町へ、行ってみたいラーメン屋さんが
あったので地下鉄で東銀座まで行くも、
時間が早かったのかまだ営業していなかった残念

プランタン銀座まで移動し、
朝食用のパンを購入し、ソフトクリームを食べる

銀座スイングの開店時間となったので、
お店へ

銀座スイングは銀座INGSという高速道路の高架下を
使った1階はショッピングセンター、2階はレストラン街
となったところの1角にある。
(アサヒスーパードライのエクストラゴールドを飲める
 お店が同じフロアにあり、行列していました)

予約していたので、
カウンター席の良い席に案内していただきました
このお店は出演者を囲むようにカウンターがあり、
その後ろにテーブルがあるので、1人でも来やすいし、
早く予約すれば、いい席に案内してもらえると思います。
ウィスキーのボトルを入れると会員になれますので
人気のある人を見る場合は、会員になったほうがよいかも
しれないです。

僕はウィスキーはあまり好きではないので、自分からは
飲まないので、チャージの高い、フリーのお客ということで
今回はみました。
料理と飲み物1品ずつオーダーするのが
ルールということで、キリンの1番しぼりの生と
ナスとモッツアレラのスパゲティ、
おいしかったですが、2000円近い値段は?
生は1ステージで飲んでしまったので
2ステージが始まる前に ジントニックを頼みました。

北浪良佳さんのステージは素晴らしかった
声量、歌い方のバラエティさ、選曲の良さ、MCのおもしろさ、
バックのメンバーの演奏の良さ、
何もかもが良かった。
タケミツトオルのナンバーと最後の「この道」が
良かった。

1ST
最初はトリオで西嶋徹さんのバンド
WEST END ROCKのアルバムから Tetrahedron(?)
ファッシネーション(魅惑のリズム By 美空ひばり)
オン ア クリア デイ
ビューティスルラブ(ベースとのデュオでスタート)
小さい空(タケミツ トオル ナンバー)
コンティアーゴ ディスタンシオ(キューバの曲さそうです)
ラビン ユー

2ND
ラフェスタ(チックコリア ピアノとパーカッションのデュオ)
What a difference a day made
赤い花 白い花(赤い鳥)
アマポーラ
翼(タケミツ トオル ナンバー)
○と△の歌(タケミツ トオル ナンバー)
Day By Day

3rd
Quiet Leaves(トリオで新澤健一郎さんのナンバー)
Fly me to the moon
I've grown too old to dream
Heal the World(マイケルジャクソンナンバー)
Ordinary Days(北浪 良佳さん作詞、林正樹さん作曲)
蘇州夜曲(アートステック バージョン)
見えない子供(タケミツ トオル ナンバー、作詞は谷川俊太郎)
この道(この道は、いつか来た道 に北浪良佳さんがオリジナルの詞を加えて)

アンコール
Just you、Just me

素晴らしかったです。





テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/15(日) 19:40:36|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

REFLEKSを購入

8/13(金)、さいたま新都心から
吉祥寺へ移動

途中、埼京線で、昔の職場の友人と遭遇
なつかしみながら新宿まで会話

その後、吉祥寺へ
駅ビルLONLONにあった書店が
なくなっていた。

LONLONはアトレという名前になって
書店もブックファーストになってしまって
場所も別のところに、残念

DISK UNIONへ
CDを見る前にオーディオコーナーを見たら
欲しかったアンプは売れてしまっていた。
残念なような、ほっとしたような...
昔ここでジンガリのスピーカーをペアで40万円くらいで
売っていて、すごいいい音でなっていた。
今にして思っても、あれは買っておくべきだったと思う。

CDを見ていく

ピアノコーナーから2枚

Big5Big5
()
Jacob Karlzon

商品詳細を見る


DemocracyDemocracy
(2006/08/29)
Kenny Werner

商品詳細を見る


ドラムコーナーから1枚
これはボーカルがはいっているので
好みが分かれるかもしれいない(インストは3曲くらい)
TouchTouch
(2009/07/13)
Tucci Lorenzo

商品詳細を見る


グループコーナーから2枚
REFLEKSが安くここにあったのは
すごくラッキーでした
(REFLEKSはいきつけのJAZZ BARで良く聴いていて
 とてもほしかった)

RefleksRefleks
(2006/08/08)
Refleks

商品詳細を見る


もう1枚は、最近好きなマークターナーのFLY
他のメンバーはラリーグレナディア(b)とジェフバラード(ds)
SKY&COUNTRYのジャケ違いと思ったが、違う
ちょっと前の作品でした。
FlyFly
(2004/02/10)
Fly

商品詳細を見る



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/15(日) 13:00:23|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベン・ハー

8/13(金)
夏休みの初日
朝10時からの映画祭というのを
近所のMOVIXさいたま
というところで やっていて
見に行った。

映画はベン・ハーだった
シアターは、そんなに大きくはなかったが
満席でした。
(僕はネットで事前に予約しておいたので
 良かった)

10時に映画が始まるのだが
最初にスクリーンに「序曲」という字幕が出て、
「後6分で映画が始まります」の
字幕がでて、映像なしで映画音楽が6分間流れる。

こういう時代もあったのだなと
感激。

ストーリーなどは、語るまでもないのだろうが
この話がキリストの話とかぶっていることは
僕は知らなかった。

10分間の休憩をはさみ
3時間50分、
映画を見た という気分になれた。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2010/08/15(日) 11:14:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EVGENY LEBEDEV/FALLを聴く(8/10)

8/10(火)、会社の帰りにいきつけのJAZZ BARへ
めずらしく、女性1名の先客あり

さて、この日かかったのは、
先日もかかっていた
フランスのピアニストの次の作品
あらためて聴いても良い作品です
ドラムは アンドレ チェッカレリ
RicordoRicordo
(2004/01/01)
Alfio Origlio

商品詳細を見る


次は
SUB TRIO FEATURING PAOLO FLESU
このCDはマイナーレベールのもので入手困難らしいが
とてもいいCDなので、探しています

http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/live-at-sting-s.html

次にかかったのはデイブリーブマン
僕は、この人のCDは昔のものを持っていて、フリーによっている演奏が
あまり好きではなかったのですが、最近のものは、かなり聴きやすく
なっていて好ましいと感じる。このCDにはギターのVic Jurisのギターが
いい味を出している
The Unknown JobimThe Unknown Jobim
(2001/09/24)
David Liebman

商品詳細を見る


次にかかったのは
デイブホランドの、現在の正統派最先端JAZZのBIG BAND作品
PathwaysPathways
(2010/03/23)
Dave Holland Octet

商品詳細を見る


ここで、ご年配の2人組からのリクエストがLPで
かかる 悪くはないと思うが、最先端のJAZZピアノトリオばかり
聴いていると、この作品は懐古趣味というか 古色蒼然といった感じがする
(ピアノの音も、ペナペナした音色に感じる)
リクエストしたおやじさんは、話に夢中でこのLPがかかったことに
気がつかなかったらしい。

アット・ザ・プレリュードアット・ザ・プレリュード
(2010/06/16)
レッド・ガーランド

商品詳細を見る


次にかかったのがEVGENY LEBEDEV/FALL
これはこのお店をサポートしているお客さんが
持ってきたCDで、このお店に貸しているものらしい。
そのお客さんが帰りに、何枚かCDを返してもらっていた。

Fall (Evgeny Lebedev)Fall (Evgeny Lebedev)
(2007/07/10)
Evgeny Lebedev

商品詳細を見る


次がZENO DE ROSSIという人のアルバム
このCDには魅力は感じなかった
SULTRYSULTRY
(2009/04/13)
ZENO DE ROSSI

商品詳細を見る


最後はハンプトンホーウンズをLPで
こちらは良かった

For RealFor Real
(1995/07/11)
Hampton HawesScott LaFaro

商品詳細を見る


満足満足で店を出た

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/15(日) 08:45:49|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UENO JAZZ INNへ行く(8/7)

8/7(土)は、上野公園 不忍池畔 水上音楽堂
上野JAZZ INNへ

妻は、会社で仕事を少しするということで
僕が食料 調達係になりました。

といっても上野駅の構内で 巻きずし
を買ってきてという簡単な指令で、
ついでに 駅で一生懸命 宣伝していた
プリンを2個購入
(家からも とうもろこし と
 柿の種を持参していたので これで食料調達終了)

待ち合わせの御徒町へ到着するも
時間があるので、近所の松坂屋をウィンドーショッピング
しました。

時間になったので御徒町駅へ
妻と合流して吉池へ、ここの2階のお酒売り場は
すごく充実していて、しかも値段も安いので、
飲み物を調達(缶チューハイ、缶ハイボール、缶梅酒)

さあ、並ぶぞとういことで水上公園まで移動
開場まで20分というところで並ぶ
昨年よりは、前に入場できましたが、先着100名の
エビスビールプレゼントはだめでした。

ひととおり食料を食べて、
お酒を飲んだところで、

司会の牧岩雅夫さん登場
毎年見ているのだが、いい司会です。

最初は、昨年の浅草JAZZコンテストの優勝者が
出演

1組目は
富士学苑高校のビッグバンドでした
いまどきの高校生も、非常にうまかったです。

2組目は
James.Kさんという謎の男性ボーカリスト
市川秀夫さんのトリオがバック
いい声でした

次が
佐藤允彦さんのトリオと
a・iとうボーカルグループ
後藤芳子さんのボーカル
佐藤允彦さんはオリジナル中心で
ボーカルがはいるとスタンダード
という感じでした

次が上野スペシャルセレクトという
ことで
古野光昭(b)
森下滋(p)
市原康(ds)
里見 紀子(vln)
ウェイウェイウー(二胡)

最初はトリオで数曲演奏
夏のJAZZフェス定番のサマータイムも
やりました
次に2名はいって
リベルタンゴ
その後は
ウェイウェイウーさんをフィーチュアーして
NHKのダーウィンが来たのテーマソングを演奏
最後は
チックコリアのスペイン

ここで恒例の抽選会
妻はヤクルトのレモリアというジュースが
あたりました
僕はいつものように何もあたらず
妻はとなりのおじさんがあたったストラップも
もらっていました

そして最後は、内堀勝とBIG LUSH BAND
ゲストボーカル 青木カレン
でした

最初にエリントンの
A列車で行こう
サテンドール
をやって

次が
マイクマニエリの
ヴァージン アンド ジプシー

ここで青木カレンさんが
登場して
スゥイングしなけりゃ意味がない
ラブ フォー セール
ともう1曲くらい演奏

次が
フレディハバートの
レッドクレイ

ジョーザビヌルの
バードランド

そしてアンコールは
青木カレンさんもはいって
ルート66で 終了

非常に満足で家路へ
(途中、酔って道で、寝ている人、多数目撃
 暑いし、飲みたくなる気持ちは
 わかるが.....)











テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/08(日) 18:52:29|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ART'N ZOOTを聴く

8/3(火)
仕事帰りにいきつけのJAZZ BARへ

めずらしく先客(ご年配のご夫婦)が
おられ、お店は なごやかな雰囲気でした

最初にかかっていたのは
MARC COPLANDのHaunted Heart
このCDは、僕も持っていますが、家のオーディオで
聴くと どうも暗くてダメなのだが、良いシステムで
聴くと 空気感が出て 案外良く聞こえました

アマゾンのは、再発なのかジャケットのデザインが
変わっています
Haunted HeartHaunted Heart
(2010/06/28)
Marc Copland

商品詳細を見る


次は先日もかかっていた以下のCD
ダイナミックでいい感じです。
PortkeyPortkey
(2010/06/29)
Urs Bollhalder Trio

商品詳細を見る


DISK UNIONのブログ
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/5357/

次は、
Jean-Christophe Cholet(p)
Heiri Kanzig(b)
Marcel Papaux(ds)
のこのお店ではおなじみの作品
僕も持っていて家でも良くききます。
ベースとドラムの人はティエリーラングさんの
バックでも、録音があります。

Beyond the CircleBeyond the Circle
(2008/05/20)
Cholet K醇Bnzig Papaux Trio

商品詳細を見る


次はコルトレーンをLPで、音は良いです。
コルトレーン・プレイズ・ブルース(+5)コルトレーン・プレイズ・ブルース(+5)
(2008/02/20)
ジョン・コルトレーン

商品詳細を見る


次は、アートペッパーとズートシムスの
唯一の共演盤らしい(CDにはそう書いてあった)
次の作品、なかなかリラックスして良い感じのCDです
Art N ZootArt N Zoot
(1995/10/03)
Art PepperZoot Sims

商品詳細を見る


次はユタヒップをLPでこれは
1と2があるので、どちらだったのか若干自信なし
ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.1
(2009/06/10)
ユタ・ヒップ

商品詳細を見る


次がフランスのピアニストの次の作品
ドラムは アンドレ チェッカレリ もう一度
聴いてみたいです
RicordoRicordo
(2004/01/01)
Alfio Origlio

商品詳細を見る


最後はスタンゲッツをCDで
夏の暑い時期 スタンゲッツのこの時代の作品は
とても 良いです。
Blue SkiesBlue Skies
(1995/11/30)
Stan Getz

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/07(土) 09:31:14|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUB TRIO FEATURING PAOLO FLESUを聞く

7/27(火)も
行きつけのJAZZ BARへ行ったのでした

最初にかかったのは
CAM JAZZの新作のようです

アマゾンでも取扱がありますが
PortkeyPortkey
(2010/06/29)
Urs Bollhalder Trio

商品詳細を見る


DISK UNIONのブログのほうがわかりやすいです
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/5357/
次にPat MethenyのOrchestrionが
かかった。自動演奏の1人演奏 驚異のCDです。

OrchestrionOrchestrion
(2010/01/26)
Pat Metheny

商品詳細を見る


次にエグベルト・ジスモンチをLPで
ギター、ピアノの他に なんか変な楽器を演奏していたが
面倒くさくて クレジット見なかったので 何の楽器かわからない。

Danca Das CabecasDanca Das Cabecas
(2000/08/01)
Egberto GismontiNana Vasconcelos

商品詳細を見る


次はPiero Bassini Trio しかし
1996の作品ではあったが 次の作品かは自信がない。
私自身はあまり魅力は感じなかった
1t.6v.1t.6v.
()
Piero Bassini Trio

商品詳細を見る


次にかかったのは
ポールデスモンドをLPで、いい音です。
ファースト・プレイス・アゲイン(SHM-CD/紙ジャケットCD)ファースト・プレイス・アゲイン(SHM-CD/紙ジャケットCD)
(2008/10/22)
ポール・デスモンド

商品詳細を見る


次にかかったのは
ロベルト・タレンツィ このCDだったかな 自信がない
One Day I’ll Fly AwayOne Day I’ll Fly Away
(2009/08/19)
ロベルト・タレンツィ・トリオ

商品詳細を見る


最後は
SUB TRIO FEATURING PAOLO FLESU
全然 情報ないとおもっていたけど ちゃんと紹介されていた
このCD 音もいいです。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/live-at-sting-s.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/01(日) 09:18:42|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dave Liebman / Unknown Jobimを聞く

7/19(月)も
いきつけのJAZZ BARへ
行ったのですが、行く前に
トンカツをがっつり 食べてしまったため
JAZZを聞いているうちに 気分が
悪くなってしまったため、3枚聞いて
残念ながら 帰宅


ノマドノマド
(2005/08/24)
フェレンツ・シュネートベルガー

商品詳細を見る


The Unknown JobimThe Unknown Jobim
(2001/09/24)
David Liebman

商品詳細を見る


Always [Import]Always [Import]
(2007/06/26)
Kalman Olah

商品詳細を見る

最後のCDは2008年のJAZZ批評のピアノトリオ VOL4にも
とりあげられています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/01(日) 08:36:25|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BROWNE HAYWOOD STEVENSのCDを買う

7/30(金)
JAZZ BAR NICAへ
行く前に
新宿DUへ行った。

2階の新着CDコーナーで
まず 以下のCDをいい値段で見つける

Exploraitons & ImpressionsExploraitons & Impressions
(1997/04/14)
Richie BeirachFrancois Moutin

商品詳細を見る


他にはないかなと見ていると
BROWNE HAYWOOD STEVENSの
古いほうのCDがあった 「King Dude & Dance」
これも安かったので 手にとる
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2767485
(このCDは 何回か 聞いていますが
 少しずつ 良くなっていく スルメのような感じ
 のCDです)


そうすると 3枚で10%引きのセールをやっていたので
もう1枚 探すこととなる。
いろいろと迷ったあげく、以下のCDを買う。
これはJAZZ喫茶で 聞いたことがあるのだが
結構 音が良い。

But BeautifulBut Beautiful
(1996/03/19)
Bill Evans

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/08/01(日) 08:12:40|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。