JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

行川(なめりかわ)さをり さんを聴く(12/29)

12/29(水)20:00-22:30
日暮里 BAR PORTO
行川(なめりかわ)さをり(Vo)
前原孝紀(G)


http://www.namekawasawori.com/

http://barporto.cocolog-nifty.com/

仕事納め、帰りに
DISK UNION新宿中古センターに寄る。
妻から携帯に電話がかかってくる。

あわてて新着のJAZZのみ見る

Bruno Erminero /Afro Blueを購入

Bruno Erminero (org)
Marco Collazzoni (sax)
Claudio Canzano (ds/perc)

Fabrizio Bosso (tp)
Pietro Condorelli (g)
Ada Montellanico (vo)

当然にFabrizio Bosso目当てでの購入だったが
Vocalがフィーチャーされていて少し残念
Vocalがはいっていないウェイン・ショーターの
Footprintsは最高

http://ventoazul.shop-pro.jp/?prid=4727163&ss=94ced223d9cd7dfc8102140239266183&view=mobile&cn=774e0934a54404009c59a50b167e90af

妻に電話すると、
年賀状作成サイトのパスワードが
どうのという電話であった
(しかし、新宿は人が多くて電波の状況がよくなかった)

その後、日暮里まで移動
軽く食事をすませた後、
BAR PORTOへ
予約しそびれたので、早めに行くと
なんだかマスターはずいぶん迷われた末、
席に案内された。
(結局その後も、予約なし で何組かの
 お客さんがあらわれ、お店は満員御礼という
 感じでした)

行川さをりさんは、
以前、KAMAKURAというグループで
NHK-FMのセッションXXという公開収録で
聞いたことがあり、歌のうまい人がいるなと
思っていました。

歌もドリカイミとか僕の好きな系統の
音楽で聞いてみたいと思っていました。

この日演奏されたのは、
いろいろな曲でした(新しいCDからも
演奏されたようです)

僕の印象に残ったのは
エグベルト・ジスモンチのロロ
ドリ・カイミのオブセッション

パットメセニーのプレイヤー(祈り)
同じくアンコールでラスト・トレイン・ホーム

素晴らしいLIVEでした
今年最後に、本当に良かった

ライブに行かれない方は
CDでどうぞ(良心的な価格ですね)
もし、あなたの人生に入ることができるならもし、あなたの人生に入ることができるなら
(2010/12/15)
行川さをり

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/30(木) 10:07:00|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラカルト2とREST(渋谷)

12/25(土)
毎年 わが家では、恒例となっている
青山円形劇場でやっている「アラカルト2」を
見に行きました。

普通は、クリスマスの前後はさけて、
もう少し早めに行き、終演後にクリスマスディナーも
都心で一緒にというパターンでしたが、
今年は予定が重なり、クリスマスとなってしまいました。

アラカルト2は、昨年からメンバーが一新し、
昨年見に行ったときは、少しぎこちない感じがしましたが
今年は、良かったです。
ゲストに、ROLLYさんが参加していて、
また、いい味が出ていました。

終演(20:05)後は、渋谷の桜が丘にある「REST」という
ワインバーへ(20:30)。
こちらのお店は、以前「芸術新潮」で紹介されていて
行ってみたいと思っていたのでした。
(当日の16:30くらいに予約したのですが
 大丈夫でした。ラッキー!)

クーポンで僕はビール1杯、妻は白ワイン
を頼み、それを飲んだところで
赤ワインをボトルで飲みました。

料理は、
お通しが 鴨のペーストがのったフランスパン
前菜に  野菜の前菜の盛り合わせ
     カキと春菊のタルタル
     子羊と野菜の煮込み クスクス添え
     これを食べた後
     足りなかったので
     魚のソーセージのグラタン
     (これは魚のすり身で スフレっぽいものでした)

料理は、非常においしくて、音楽もLPやCDを
こだわってかけているようで、雰囲気はとても良かったです。
サービスの女性も、すごく素敵でした。

最後のグラタンが、でてくるのに時間がかかったことが難点といえば
難点でしたが、素晴らしくおいしかったので、それは相殺された
感じです。

http://www.porc-rest.jp/
R0013413(野菜の前菜)

R0013416(kaki).jpg

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2010/12/26(日) 10:57:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Riccardo Morpurgo Trio/Answeringを聞く(12/23)

この日は祝日でしたので、
新しいメガネを買ったり
おいしいパンを 買ったりした後
いつものジャズバーへ

マスターがまだ来ておらず、
奥方1名で 店をされていました。

ということで、1枚目と2枚目は
このお店の定番でしょうか。
AbracadabraAbracadabra
(2007/05/01)
Roberto Di Gioia

商品詳細を見る


AriaAria
(2007/07/17)
Bebo FerraPaolino Dalla Porta

商品詳細を見る


ここでマスターが ご出勤されました

Riccardo Morpurgo Trio/Answering
これはなかなか硬派はピアノトリオという感じで
美しくもあり、良かったです
(アマゾンでは取り扱っていません)
http://ventoazul.shop-pro.jp/?pid=12415617

次は、キースジャレット
ピアノの音の録音や音楽は素晴らしいですが
キースのうなり声が...
Still LiveStill Live
(2000/06/06)
Keith Jarrett

商品詳細を見る


次はポーランドのトランペッターの作品
ROBERT MAJEWSKI PLAYS KOMEDA / ROBERT MAJEWSKI
ROBERT MAJEWSKI(tp) HENRYK MISKIEWICZ(as) WOJTEK MAJEWSKI(p) ZBIGNIEW WEGEHAUPT(b) MICHAL MISKIEWICZ(ds)
この作品はとても良かったです。
しかし、古い作品なので、見つけるのは困難だなと思いました。

次はHans Kollerというピアニストの作品
僕はいまいち良さがわからず
Wild RosesWild Roses
(2005/04/25)
Hans Koller

商品詳細を見る


次にかかったのが
パコデルシア、ラリーコリエル、ジョンマクラフリンの
ギタートリオ作品、いい作品ですが、例のトリオの
真似ですね(日本制作)
Castro MarinCastro Marin
(1992/10/20)
Paco De Lucia

商品詳細を見る


次がチャールスロイドの
作品
What's Going Onなどおもしろく
聞き流せますが、アマゾンの評を読むと
結構 深いアルバムのようです。
Lift Every VoiceLift Every Voice
(2002/10/15)
Charles Lloyd

商品詳細を見る


最後は
ART FARMERをLPで
うー不覚にもLPのタイトルをメモするのを
忘れてしまった。



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/24(金) 22:46:18|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マヌカッチェが来るぞー!

来年の1月、2月に
マヌカッチェが日本に来ます。

これは行かねば。
僕は、スケジュール的に横浜でみます。

メンバーも超強力です。
Manu Katche(ds)、Alfio Origlio(p)、Tore Brunborg(sax)、
Laurent Vernerey(b)

http://www.motionblue.co.jp/schedule/?yr=2011&mn=1#1381
http://www.andforest.com/events/ManuKatche2011/index.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/19(日) 09:49:25|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eberhard Weber/Endless Daysを聞いた(12/14)

12/14(火)
仕事終わりに いつものJAZZ BARへ

最初にかかっていたのは
ポールモチアン、クリスポッターの
サックスが雰囲気抜群です。

Lost in a Dream (Ocrd)Lost in a Dream (Ocrd)
(2010/03/09)
Paul Motian

商品詳細を見る


次は、エンリコ・ピラヌンティのピアノの
マッズヴィンディング名義のアルバム
音がいいアルバムですね
(持っていますが 家では この音は出ません)
The Kingdom (Where Nobody Dies)The Kingdom (Where Nobody Dies)
(2007/10/09)
Mads Vinding Trio

商品詳細を見る


次は、エバーハルド・ウェーバーの作品
うーんいーですね。オレゴンのポールマッキャンドレスが
サックスなどを演奏して いい感じですね。
Endless DaysEndless Days
(2001/05/22)
Eberhard Weber

商品詳細を見る


次は
ジョンアーバクロンビーの
LP「M」を
ECMの1980年の作品ですが、CD化はされていないのでしょうか
こういうのを聴くのがJAZZ BARの楽しみですね

次は、ステファノディバティスタの
アルバム、エルビン・ジョーンズご健在のとき
ですね あまり聞いたことがなかったけど、
良い音で、ごきげんなアルバムです。
Stefano Di BattistaStefano Di Battista
(2001/04/24)
Stefano Di Battista

商品詳細を見る


次はあまり知らないアーティストの
アルバム もう少し聞きこんでみないとわからない
Houria (Dig)Houria (Dig)
(2009/09/08)
Stephane Kerecki

商品詳細を見る


最後は
マルウォルドロンのピアノトリオに
ジョーヘンダーソンが参加したアルバム
1980年代の作品だが、とりあえず検索したが
良くわからなかった。
また、調べておきます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/18(土) 17:27:50|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZ喫茶マスターの絶対定盤200 (静山社文庫)を購入

先日、JAZZ喫茶マスターの絶対定盤200
という文庫本を買いました。

この方は過去に
ジャズ喫茶マスター、こだわりの名盤 (講談社プラスアルファ文庫)
というのを出されていて、あちらが大定盤とすると
こちらの本では、少しひねり
定盤という感じでしょうか。

僕自身は、最近1970年代、1980年代の
作品を聴くのが楽しいので、ヒネリ定盤の紹介は
うれしかったです。

この本にでいていて
聞いてみたいと思ったのは

ブレイクスルー/シダーウォルトン+ハンクモブレー(1972録音)
ザ フォックス/ハロルド・ランド(1959録音)
ジェレミースタイグファーストアルバム(別名 フルートフィーバー)/ジェレミースタイグ(1963録音)
イン アウト アンド アラウンド/マイクノック(1978録音)
ザ ネイチャー オフ シングス/レニーハンブロ(1956録音)
ラッシュ ライフ/デイブバレル(1978録音)
ロンドンバイナイト/ネイサン・デイヴィス(1987録音)

JAZZ初心者には全然向かないと思いますが
お好きな方には、楽しい本だと思いました。


JAZZ喫茶マスターの絶対定盤200 (静山社文庫)JAZZ喫茶マスターの絶対定盤200 (静山社文庫)
(2010/11/09)
鎌田 竜也

商品詳細を見る


ジャズ喫茶マスター、こだわりの名盤 (講談社プラスアルファ文庫)ジャズ喫茶マスター、こだわりの名盤 (講談社プラスアルファ文庫)
(1995/07)
鎌田 竜也、JAZZ MAGAZINE 他

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/12(日) 10:59:31|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Roberto Di GioiaのAbracadabra(ACT)を聞いた(12/7)

12月7日(火)
会社帰りにいつものJAZZ BARへ
この日は、火曜日だというのに混んでました(いいことです)

店にはいったときは、女子客1名が
真剣に聞いておりました

最初にかかっていたのは、
以下のアルバムがLPで、渋いですね。
No Room for SquaresNo Room for Squares
(2000/08/24)
Hank Mobley

商品詳細を見る


次にかかったのがラルフタウナー他の
ギタリスト3名の作品、なかなかいい作品です
From a DreamFrom a Dream
(2009/02/06)
MGT

商品詳細を見る


次にかかったのは以下のCD(と思います)
非常に素敵なピアノトリオ作品でした
これは ほしいですね
AbracadabraAbracadabra
(2007/05/01)
Roberto Di Gioia

商品詳細を見る


次がアレックス・リール
マイケルブレッカーとジェリーバーガンジの2テナーと
マイクスターンのギターが聞きどころの作品
なかなか良い作品です
UnrielUnriel
(2000/01/01)
Alex Riel

商品詳細を見る


この日最後に聞いたのは
デイブ・リーブマンの1987の作品をLPで

ジャズを聴き始めて20年になりますが
ようやく、デイブ・リーブマンの良さがわかってきました。
最初何枚かCDを買ってみたことがありますが、
買ったCDがあまりにフリーによっていて、その良さが
わからず敬遠しておりましたが、こういう作品は良いですね。
できれば新宿ピットインあたりで、ライブ聞きたいですね。
来ないかな。
Homage to John ColtraneHomage to John Coltrane
(2007/02/26)
John Coltrane

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/12(日) 10:03:29|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩酌邸@新宿三丁目

12/5(日)
新宿ピットインに行く前に
新宿三丁目の晩酌邸で妻と夕食をとった。

BAR NICAのマスターに
薦めてもらった店だ。

6時の開店と同時にお店にはいったが、
ほどなく予約のお客さん(合コングループ)
とカップルのお客さんがはいり、
その後、2組カップルがはいり、
シェフ1名、ホール1名のこのお店としては
少し、多すぎのお客さんとなった。

僕らが食べたのは
おとおし(ナッツがはいったパン)500円×2
キッシュ480円
クリームチーズのみそ漬け480円
鮭のから揚げ、野菜スープ仕立て980円(名前は正確ではないと思います)
岩ノリとずわいがにのリゾット1120円
ワイン(グラス赤、白各2杯)×2 650円×4
の合計6660円
でした。

岩ノリとずわいがにのリゾットがなかなか出て来なくて
できたのは7時25分くらい。5分くらいで食べて、
ピットインへは、7時35分くらいに着いた。
ひやひやしてしまいました。

グラスワインは、赤、白いずれも一番お安いのを飲みましたが
おいしかったです。
時間があるときに、ゆっくりと再訪したいと思いました。

R0013384otoshi.jpg

R0013383wine.jpg


http://r.gnavi.co.jp/p409700/





  1. 2010/12/12(日) 09:16:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南博トリオ(+菊池成孔)@新宿ピットイン

12月5日(日)
20:00-22:30
新宿ピットイン

南博 (p)
鈴木正人 (b)
芳垣安洋 (ds)
菊地成孔 (ts)

妻と久しぶりに、ピットインへ
今年は、例年行っていた9月の菊池成孔さんの
3DAYSに行くことができず、
残念に思っていたのだが、南博さんの3DAYSに
ゲスト参加されるということで、楽しみに出かけた。

電話で予約したのが発売から数日後だったので
座れるか心配だったが、なんとか座れた。
(整理番号は69、70だったから、僕らがはいったところで
 あと20人くらいは席はあったから、90-100人は
 席があるのだろうが、この日は立ち見の人も多くいた)

菊地成孔さんはゲストという扱いだったので
数曲参加かな と思っていたら、
全曲 テナーサックス吹きまくりで、
非常に良かった。

この日はなぜか、南さんのトークがさえていて
今話題の海老蔵ネタで 歌舞伎トークを
かましていた。
妻は、南さんのライブに何度か行ったが
今までの全部と同じくらいの量の話を
聞いたと言っていた。

曲は以下のとおりだが、
スタンダードとマイルスがらみという
感じか。
All The Things You Are
1曲聞いただけで、あーもととれたと
感じた。

All The Things You Are
Passion Dance (McCoy Tyner)
Deluge (Wayne Shorter)
I Wish I Know

On Green Dolphin Street
Pinocchio (Wayne Shorter)
You Don't Know What Love Is
Eighty-One (Ron Carter)

アンコール
Lush Life

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/11(土) 12:50:10|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aldo Romano/Complete Communication to Don Cherryを聞く

12/2(木)

いきつけのJAZZ BARへ

最初にかかってたのは、
ミノ・シレル、ケビンユーバンクス、デイブホランドの
ギタートリオ作品
初めてききましたが おもしろい作品でした

World TrioWorld Trio
(1995/07/18)
Cinelu、Eubanks 他

商品詳細を見る


次がフレッドハーシュとビルフリーゼルのデュオ作品
意外性のある組み合わせです
おもしろいけど、それぞれに良い作品があるので
そちらのほうが良いかなと思いました
Songs We KnowSongs We Know
(1998/09/22)
Fred Hersch

商品詳細を見る


次が新しいアルド・ロマーノのCD
マスターはサックスのお姉さんがいい味だしていると
言っていました。
ドン・チェリーのコンプリートコミュニオンというLPの
曲をやっているとのこと。
(しかし、アマゾンでは在庫がもうない。
 しっかりしてくれ アマゾン)
Complete Communication to Don CherryComplete Communication to Don Cherry
(2010/11/15)
Aldo Romano

商品詳細を見る


ということで、次に
オリジナル盤のほうをかけてくれました。
良く見ると、USのオリジナル盤で
なかなか希少なものを 聞くことができました。

しかし、後に、?な方向にいってしまう
ガトー・バルビエリがこのLPでは
全うなサックスを吹いていて、
人に歴史ありだなと 思いました。
Complete CommunionComplete Communion
(2000/01/21)
Don Cherry

商品詳細を見る


次は
Eric WatsonのChilds in the sky
硬質なこの人のピアノは、
JAZZ空間にはあっていると思いますが
一般向けはしないなと改めて思いました
僕は、好きで、何枚かもっていますが

最後は、ステファノ・バタグリア(バターリア?)の
ビル・エバンス集
ちょっと面白くないかな? 聞きこんでみないと
わからないかな
Bill Evans ComposiBill Evans Composi
()
Stefano Battaglia

商品詳細を見る


ということで大満足で家路へ

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/04(土) 19:31:32|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラッドメルドーのソロ作品を聞く

11/28(日)
めずらしく日曜日に
いきつけのJAZZ BARへ

最初にかかっていたのは
いつものです
あーこれは 本当に素晴らしい
今一番ほしいCDでしょう。

AriaAria
(2007/07/17)
Bebo FerraPaolino Dalla Porta

商品詳細を見る


次はヤンガルバレク、エグベルトジスモンチ、チャーリーヘイデンの
作品をLPで。確か、ここのLPにはエグベルトジスモンチのサインが
はいっていたと思います。エグベルトジスモンチがこのお店に来て、
サインしてくれたのだったと思います。
Folk SongsFolk Songs
(2000/04/11)
Jan Garbarek

商品詳細を見る


次は、ブラッドメルドーのソロ作品
僕はこの作品は、近所の図書館で借りて聞いたことがあったので
この作品の良さは知ってました。
ソロなので、とぎすまされていて、少し息苦しいですが、
本気で音楽聞きたいときなどは良いと思います。
Elegiac CycleElegiac Cycle
(1999/06/03)
Brad Mehldau

商品詳細を見る


最後はWoody Shaw
このCDは録音は新しくないが
非常に いい音です 
キーストンコーナーというアメリカ西海岸の
ジャズクラブのライブです
キーストンコーナーというと、ビルエバンスの
最後の頃のライブ盤がありますね

LIVE VOLUME 3LIVE VOLUME 3
(2009/03/07)
WOODY SHAW

商品詳細を見る


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/12/04(土) 15:15:54|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。