JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Chris PotterのVertigoを購入

2/20(日)
デジカメを新調しようと思っていたので
掘り出し物がないか池袋のビッグカメラのアウトレットに
行ってみました。
たくきよしみつ さんが推薦されているPanasonic Lumix DMC-LX5が
安く出ていると思ったら、充電器が欠品、残念ということで、
http://takuki.tanupack.com/gabasaku/osusume.htm

池袋ディスクユニオンへ

3枚で10%引きというセールをやっていましたが
結局3枚探せず、クリポタ1枚のみ購入

アマゾンで後で調べたら、新品で購入より
気持ち安いレベルで、少し残念

内容は、クリポタのオリジナルを全曲やっていて、
カートローゼンウィッケルがギター
スコットコリーのベース、ビリードラモンドがドラム
ゲストでジョーロバーノ(Ts)が3曲参加

録音は少し古くて1998年、
コンコードの録音はどれも良いですね。

VertigoVertigo
(1998/08/04)
Chris Potter

商品詳細を見る


もう1枚は、以下の作品がCDであったので
悩みましたが見送り、いーぐる の後藤さんも薦めている盤でしたので
買えば良かったかなと少し後悔
(しかし、これを買えば、性格的にもう1枚買って
 10%引きを狙っただろうから、時間的に無理だったかも)

ライヴ・アンダー・ザ・スカイ 1987~トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン [DVD]ライヴ・アンダー・ザ・スカイ 1987~トリビュート・トゥ・ジョン・コルトレーン [DVD]
(2010/03/24)
ウェイン・ショーター

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/27(日) 16:44:41|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Roberto Di GioiaをSNEAKY DSで

2/20(日)
いきつけのジャズバーへ
最初にかかっていたのは
ハイファイブのジャズデザイア
ファブリッア ポッツアの
トランペットがいいです。

JAZZ DESIREJAZZ DESIRE
(2009/04/13)
HIGH FIVE

商品詳細を見る


次はトミースミスのサックス
結構難解なジャズですが音はいい感じです
AzureAzure
(2000/09/12)
Tommy Smith

商品詳細を見る


次はビルエバンスがLPでかかりました
そうですね 今の季節にぴったりです。
You Must Believe in SpringYou Must Believe in Spring
(2003/10/27)
Bill Evans

商品詳細を見る


次はジムペッパー(TS)とアミナクラウディアマイヤーズ(VO)の
リラックスした味のあるライブ盤です
なんとなく、その出自であるネイティブアメリカンを連想させる
おおらかなサックスは、とても味があります。
録音も良いので、安く買えるのを待ち望むCDです。
Afro Indian BluesAfro Indian Blues
(2006/05/29)
Jim Pepper

商品詳細を見る


次はベーシストのArild Andersen
の古いアルバムをLPで、初めて聞いたように思いますが
なかなかいいですね
"Shimri", 1976 ECM
( Pål Thowsen,ds - Lars Janson,p - Juhani Aaltonen, sax)
ECM RECORDS

http://homepage3.nifty.com/musicircus/ecm/ecm_r/1082.htm

最後は、次のCDをハードディスクに落とした音源を
SNEAKY DSで
http://www.linn.jp/products/new/sneaky_ds.htm
(あれ日本の製品ラインではスニーキイはなくなっている!!)

ずいぶん前にマスターがSNEAKY DSを購入したというのは
聞いていたが、忙しくて設定できていないといわれ続け
1年くらいたってようやく、聴かせてもらうことができました
(もちろんアンプはいつもの真空官のアンプですが)

厳密に聴き比べれば相違はあるのだろうが、ぱっと聞いた感じでは
最近のCDプレーヤーと同じ音色の傾向のように感じました
(このお店のアンティークともいえるCDプレーヤーを凌駕することは
 できないのだろうとは思いましたが)

AbracadabraAbracadabra
(2007/05/01)
Roberto Di Gioia

商品詳細を見る


この日も満足満足で家路へ

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/26(土) 19:50:37|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉川忠英&井上鑑 with タルバガン

2月19日(土) 17:00-19:15
東京上野文化会館小ホール
ポピュラーウィーク2011 New Wave AcousticsⅡ~野の夢~

吉川忠英(ac-g,vo)
井上鑑(p,key,acc,b)
タルバガン(嵯峨晴彦(馬頭琴、ホーミー)、等々力政彦(ギターのような民族楽器、ホーミー他)

妻に誘われ、吉川忠英さんのライブを
見に行きました。

最初に出て来られたのは
タルバガンのお2人で、モンゴルの民謡から
スタート、ここでホーミー(喉歌)を披露され、
僕は、初めてホーミーというものを聞きましたが、
非常に感動しました。

2曲目の途中で吉川忠英さんがあらわれ、
3曲目はタルバガンさんが一旦
ステージをおり、井上鑑さんと吉川忠英さんのデュオ
その後も、メンバー構成は、微妙に変えながら
2時間15分 あっという間のコンサートでした。

吉川忠英さんのアコースティクギターの
音色は素晴らしく、東京上野文化会館小ホール
に美しくひびいておりました。

曲は、吉川忠英さんの曲(唄う鳥、Beguine など)、
井上鑑さんの曲(午後の紅茶の歌)
タルバガンの曲(654ビエルゲー、のどおみ など)

エリック・サティの 君がほしい(Je te Voux)
カザルスの     鳥の歌
ビートルズの    ノルウェイの森ーイエローサブマリン音頭
アンコールは    吉川忠英さんがソロで Hey Mr Guitar Man
          最後に、うさぎおいしの「ふるさと」

でした。
非常に素晴らしいコンサートでした。
吉川忠英さんは、嵯峨晴彦さんと今年の夏に
北海道でツアーをされるということですので、北海道の方は
是非、聞きにいかれると良いと思います。

タルバガンのサイトは↓↓
http://www.tarbagan.net/

野遠見(のどおみ)野遠見(のどおみ)
(2005/05/01)
タルバガン

商品詳細を見る

テーマ:WORLD MUSIC - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/20(日) 08:29:23|
  2. LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デイブリーブマン ミーツ エンリコ・イントラ

先日購入してきた
デイブ・リーブマンと
エンリコ・イントラのカルテット作品を
この連休で聞きました

小音量で聞くとどうかなと思いましたが
少しボリュームをあげて聞くと
素晴らしく良かった

かなりアブストラクトな面もあるが
デイブ・リーブマンのサックスは素晴らしい

Liebman Meets Intra-LiLiebman Meets Intra-Li
(2009/01/06)
Dave Liebman & Enri

商品詳細を見る


もう少し、わかりやすいのであれば
こちらか、いずれにしても良いです
ドラマーは偶然にも同じ トニーアルコです

Dream of NiteDream of Nite
(2007/11/06)
David Liebman、Tarenzi 他

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/13(日) 17:48:37|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェザーリポート初期5枚

CDも安くなりました

ウェザーリポートが5枚で
この値段とは・・・・・
購入したわけではないので
盤の質とかは わかりませんが
Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Weather Report

商品詳細を見る


同様に帝王マイルスが
この値段とは
Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Miles Davis

商品詳細を見る


以下お得そうなのだけ(値段は微妙に違います)
リンクはっておきました
POPSもあるので、興味のある方は
アマゾンをOriginal Album Classicsで検索
してみてください


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Stanley Clarke

商品詳細を見る


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Mahavishnu Orchestra

商品詳細を見る


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
John McLaughlin

商品詳細を見る


Original Album ClassicsOriginal Album Classics
(2010/04/23)
Thelonious Monk

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/12(土) 19:12:03|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alan BroadbentのPersonal Standardsを聞く

先日購入した
アランブロートベントのCDを
聞きました。

Personal Standardsの意味が
良くわからなかったのですが、
彼が過去に作曲して
ライブ等で演奏していた曲を
再度 演奏しなおしたもの ということを
ライナーを読んでしりました。
(1曲のみベーシストの作曲)

ライナーには
彼がニュージランドのレーベルから出した
初期のアルバムを
チャーリーヘイデンが聞いて
カルテット ウエストが編成されたことなども
書いてありました。
(調べましたら 澤野商会から再発されていますので
 案外、容易に入手できそうです
 http://www.hmv.co.jp/product/detail/763037 )
 

カルテット ウエストの
コンセプトアルバム第1段の
Haunted Heartのためにかかれた
ロング・グッバイ(言わずと知れたレイモンドチャンドラーへの
オマージュ、アラン・ブロートベントが意識していたかは
わからないが)
が再録されていたのは、うれしかったです。

ビルエバンスの最晩年の
トリオでも活躍した
ジョー・ラバーバラがセンスのある
ドラムをたたいています。

ゆっくりしたい夜に
じっくりと聴きたいアルバムです。


Personal StandardsPersonal Standards
(1997/04/15)
Alan Broadbent

商品詳細を見る



カルテットウエストのコンセプトアルバム
第1段 チャーリヘイデンが好きだという古いレコードの
音源なども挿入されている おもしろいアルバムです
Haunted HeartHaunted Heart
(1992/07/28)
Charlie Haden

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/12(土) 08:51:40|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジミー・ヒースのピクチャー・オブ・ヒースを聞く(2/6)

2/6(日)
めずらしく日曜日
いつものJAZZ BARへ

その前にいった
好きなパン屋さんも
古本屋さんも、時間が遅かったのか
(17:00前ではあったが)
あいていなくて残念でした

最初にかかっていたのは
タルファーロウともう1人のギタリストでの
ギターデュオ ベテラン うまい2人
最近よくかかっています。

Standards RecitalStandards Recital
(2006/03/20)
Tal Farlow & Phillipe Petit

商品詳細を見る


次は
ミシェルペトルチアーニのソロアルバム
検索したらお得なBOX SETがありましたので
こちらをリンクしましょう。
Original Album Classics (Dlx)Original Album Classics (Dlx)
(2009/11/10)
Michel Petrucciani

商品詳細を見る


3枚目はLPで
Micho Leviev / Blues For the Fishman
アートペッパーのSAXの音色が
非常にいい作品です

次は
エンリコピエラヌンティの
ジャズイタリアーノ2006 うーんめずらしい
初めて聞きました
http://jazzitalianolive.blogspot.com/2010/10/enrico-pieranunzi-friends-2006-march.html

次がスティーブキューンとスティーブスワローとの
デュオ作品、僕はスティーブキューンは日本のレーベルよりも
外国のレーベルのほうがよい印象を持っているので
このCDはおすすめ
Two By 2Two By 2
(2007/11/20)
Steve Kuhn、Steve Swallow 他

商品詳細を見る


最後はジミーヒースが
LPでかかりました
ザナドゥレーベル うーんいい感じです
LPで聞くのが雰囲気でしょう。
ピクチャー・オブ・ヒースピクチャー・オブ・ヒース
(1998/11/21)
ジミー・ヒース

商品詳細を見る


本日も満足で帰宅

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/11(金) 17:10:24|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白夜行を見ました(2/10)

2/10(木)
連休前の木曜日の
レイトショーで
「白夜行」を見ました

東野圭吾さんの白夜行を読んだのは
もう10何年前の話で、読んだ翌年には
BOOK OFFに売ってしまった。
面白かったのだけど、もう1回読むことは
ないと思ったからだ。

しかし、数年後に
TVドラマ化され、映画化までされてしまった。

この救いのない話をどう映画化されるのかが
見たくて映画館に行ったが、
やはり、映画を見ても、なんとも暗い気分になってしまった。

男性の主人公側のひたむきな、異常といえる愛が
せつせつと描かれるのだが、彼は本当に幸せだったのだろうか
とこの話を見ると思ってしまう。

女性は、なにもかも犠牲にした
奉仕のような愛を男性に求めているのか。

まあ、話の暗さをおいておけば
原作やTV版とも違うエピソードが
つけ加えられていて、新鮮味があった

時代の描写などはすごくその当時の雰囲気が出ているし
暗い音楽なども良くあっていると思った。
堀北真希さんの演技は、とても良かった。

http://byakuyako.gaga.ne.jp/site/index.html

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/11(金) 12:44:48|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アランブロードベントを購入

2/6(日)

2011年最初のCD購入
年明けから、もろもろ忙しく
中古CDショップにいけなかったのですが
この日、吉祥寺DUへ

最初に見つけたのが
アランブーロドベントのピアノトリオ
コンコードレーベルですので音も良さそうです

Personal StandardsPersonal Standards
(1997/04/15)
Alan Broadbent

商品詳細を見る



次に見つけたのが
デイブリーブマンとエンリコイントラの
カルテット作品、一回聞きましたが
かなりハード(難解)です

Liebman Meets Intra-LiLiebman Meets Intra-Li
(2009/01/06)
Dave Liebman & Enri

商品詳細を見る


吉祥寺DUは
1階でオーディオを見るのも楽しいし
中古CDもバラエティに富んでいて
みていて楽しいです

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/11(金) 08:34:34|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Masqualero/Bande a Part(1/31)

1/31(月)
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
最近は、ここの週替わりグラスワインを
飲んでいるが、この日はバローロでありました。

1枚目はFabrizio Bossoの
何年か前の作品、トランペットが朗々と
鳴っています。

Mare MossoMare Mosso
(2009/04/13)
Fabrizio Bosso、

商品詳細を見る


2枚目は
マイルスデイビス、数年前発掘された音源だと思いますが
音は良いです。
Live at the 1963 Monterey Jazz FestivalLive at the 1963 Monterey Jazz Festival
(2007/08/21)
Miles Davis

商品詳細を見る


3枚目はデイブリーブマン
すごいハードな演奏
どうしてかなと思ったら
ピアノレスだからですね。
聞きとおすと、どっと疲れるが
たまにはいいかもしれません。
Lieb Plays the Blues a La TraneLieb Plays the Blues a La Trane
(2011/01/11)
David Liebman

商品詳細を見る


次はラルフタウナーをLPで
かかったLPはジャケ違いでしたが
こちらのほうを良く見ますね
絶品
Solstice: Touchstones Series (Dig)Solstice: Touchstones Series (Dig)
(2008/08/26)
Ralph Towner

商品詳細を見る


次がタルファーロウともう1人のギタリストで
ギターデュオ ベテラン うまい2人
Standards RecitalStandards Recital
(2006/03/20)
Tal Farlow & Phillipe Petit

商品詳細を見る


次が
マスカレッロをLPで
Tore Brunborg が吹いていたので
マヌカッチェのライブの話をしたが
ピアニストの名前が思い出せなかった
少し 残念
このLPはすごくいいです。

Bande a PartBande a Part
(1994/10/25)
Masqualero

商品詳細を見る



最後に前も聞いた次の作品
この前よりも良い印象
Houria (Dig)Houria (Dig)
(2009/09/08)
Stephane Kerecki

商品詳細を見る


本日も満足で帰宅

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/02/05(土) 19:45:07|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。