JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STEPPING OUTとバードコート(北千住)

4/23

妻に誘われ
北千住のシアター1010(駅前のマルイの上ですね)
にSTEPPING OUTという
ミュージカルを見にいってきました。

保坂知寿(ほさかちず)さんという
もと劇団四季の人が主演で
他にも劇団四季や宝塚をやめたかたがた
出演されました

外国ではライザミネリ
日本では前田美波里さんが
主演でやられたミュージカルの再演の
ようです。

紫城るい さんという
もと宝塚の人が出演されていて
歌もうまく良かったです。

タップダンススクールの
生徒と先生という話ですが、
物語も若干あり、なかなか
面白いミュージカルでした。

北千住のシアター1010
は昔 小松亮太さんを見に来たことがあり、
そのときは「おおはし」という居酒屋に
行ったのでした。

この日は昼の部でしたので
16:00前に終わり、
シアター1010と同じ建物に
ある紀伊国屋書店を少し見て、
喫茶店に行こうと
ジャズ喫茶BirdLandに行こうとしたら
17:00からということでNG
ティーサロン「みゆき」はどうかな
と思ったら16:00で終了
しかたなく丸井まで戻り
1階奥のフードコートで
バードコートの予約時間まで待ちました。

17:30になったのでお店に行き
食事スタート
ハウスワインを1本とり
4200円のコースをいただきました

前菜が
とりかわの酢の物、
豆腐
レバーペーストとバゲット

串が
ささみ
レバー
カシラ
とり皮
カブのつけもの(お口なおし)
ぎんなん
つくね(たまご付)
トマト
ねぎま
サラダ

これでコースは終了
僕らは
これに
地鶏の山椒焼1と
親子丼1を
追加。

しめて14,080円
でした。

親子丼は絶品でした。

R0013594前菜

R0013606山椒

R0013614親子丼





スポンサーサイト

テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2011/04/24(日) 20:24:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Espen Eriksen/You had meat goodbyeを聞きました

4/18
いつものJAZZ BARへ

最初にかかっていたのは
JAZZITALIANO2006
のロベルトガット
です。いいCDです。
2008年に同様のメンバーの
ライブ見ていました。
ベーシストだけ違うと思いますが
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-80.html

http://jazzitalianolive.blogspot.com/2010/10/roberto-gattotribute-to-miles-davis.html

次にかかったのが
ANDREA BENEVENTANO TRIO/TRINACRIA
これは昨年僕も買いましたが
1曲目は?なのですが
2曲目以降よくなってきます。

3枚目は
Bebo FerraとMassimo Ferra のギターデュオ
なかなか音が良いです
http://tower.jp/item/2647115/Ferra-Vs-Ferra

4枚目は
好きなリッチーバイラーク
ヒューブリスはCDになっていたのですね
マスターはCDの音は気にいっていなかったが
DSにとりこんだら、よくなったとのこと。
ヒューブリスヒューブリス
(2000/09/23)
リッチー・バイラーク

商品詳細を見る


次がスライドハンプトン
あまり聞いたことがありませんでしたが
ファンキーでいい作品です。
アマゾンで売っているのはCD-Rの
ようですので、ご注意
Mellow-DyMellow-Dy
(2009/04/21)
Slide Hampton

商品詳細を見る


次があたらしめのCD
DISK UNIONでも日本盤のCDを販売するようですので
注目されているのではないでしょうか
(感覚的には、ヨーロッパの新しい感じの
 ピアノトリオです)
しかし、You had meat goodbyeってどういう
意味なんでしょうか
You Had Meat GoodbyeYou Had Meat Goodbye
(2010/05/25)
Espen Eriksen

商品詳細を見る


次がスタンゲッツのライブ作品
この頃のゲッツの作品はなかなかいいですね。
ジムマクリーニがピアノ
マークジョンソンがベース
ビクタールイスがドラム
1982年 パリの老舗ニューモーニングでのライブ作品
しみます。

Live in ParisLive in Paris
(1996/09/24)
Stan Getz

商品詳細を見る


最後は
ケリーブルーをDSで
昔このCDを吉祥寺のファンキーのパラゴンで
聞いたとき1曲目の低音がすごいなと思い楽しみだったのですが
1曲目はかからなかった。
これがいい音できければオーディオ道
極めりという感じでしょうか
Kelly BlueKelly Blue
(1988/06/27)
Wynton Kelly

商品詳細を見る


(後日、家で久しぶりにこのCDを聞きましたが、
 収録曲がたまにきいていたラジオの番組のBGMで使われていたのを発見し
 驚きました。なかなかの名盤ではないですか)

この日は
久しぶりに
おいしいチーズの「コートドモンターニュ」が
はいってきていて長居してしまいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/24(日) 18:50:38|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田原旅行

4/9-10
で小田原にいってきました

お昼すぎの
新幹線で小田原まで行き、
在来線にのりかえ、早川という駅で下車
イルマーレという抜群においしい
海の幸を食べさせるレストランで食事
(8500円のコース)

http://www.il-mare.co.jp/index.html

あなごと舞茸のフリット、ペコリーノチーズがけ
R0013547あなご

海の幸盛り合わせ
(写真のとりかたがいまいちですが
 このプレートが一番おいしかった)
R0013552海の幸

かさご(?)のカツレツ、バルサミコソース
(魚の名前は失念、メモしておかなければ
 ダメですね)
R0013554フライ

タラバガニのタリアッテレ
IMG_0044pasta.jpg

まだいのポワレ
R0013558たい

デザートは
イチゴとカタラーナ
R0013559カタラーナ

これにカプチーノとお菓子が
つきました

グラスワインも
お昼はリーズナブルなものが用意されていました

この日は
小田原ヒルトンに泊まりました。
バリアフリーのお部屋というのがあって
広い割には、比較的安く泊まれました。

R0013563ホテル


次の日は、
小田原城にいって桜見物をし、
駅前の「うおがし」という寿司店で
あじのお寿司を食べました。
お店が混んでいて
なかなかお寿司がでてこなかった。
お寿司はおいしかったです。

R0013575小田原城

R0013581おすし
  1. 2011/04/17(日) 13:28:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RAPHAEL FAYS/Night in Caravan を聞きました

4/12
いつものJAZZ BARへ

最初にかかっていたのは
めずらしくエバンスでした
エレピなどもひいていて
面白いですが、僕は
バンガードのライブだけあれば、それでいいかな
(たまには、最晩年のライブ作品も聞きたく
 なりますが)

IntuitionIntuition
(1991/07/01)
Bill Evans

商品詳細を見る


次にかかったのが
アレックスリールのCD
いいですねジェリーバーガンジーのサックス
家にもCDがありますが、いい音で聞くのは格別です。

UnrielUnriel
(2000/01/01)
Alex Riel

商品詳細を見る


次がめずらしいデイブブルーベック
テラークなので音はいいですが、
メンバーはあまり有名どころではないので
どうかな と思いましたが、これはなかなか良い
なんというか、リラックスした雰囲気の
いきな 演奏という感じがしました

NightshiftNightshift
(1995/03/28)
Dave Brubeck

商品詳細を見る


次が、Alfio Origlio
僕が先日、マヌカッチェのグループで見たといったのを
覚えてくれていたのか かけてくれました
アンドレ チェッカレリのドラムも
素敵な良いピアノトリオ作品

RicordoRicordo
(2004/01/01)
Alfio Origlio

商品詳細を見る


次がジョンコルトレーン
演奏中を示す台の上はLPだったので
てっきりLPで聞いているのかと思いきや
CD音源をDSにしたものとのこと
家にもCDがあるけど、このCDは音がいいです。

SoultraneSoultrane
(2006/06/13)
John Coltrane

商品詳細を見る


最後は、RAPHAEL FAYS
Night in Caravan
という作品をLPで
ジャンゴのようなギタリストの作品で
日本でこの手の音楽をかける店は
なかなか ないだろうなと思いました

http://www.parisjazzcorner.com/en/dis_fiche.php?ArtNum=83105


この日は、このお店に数10年かよっておられ
このお店のCDの半分は、自分がセレクトしたものだと
豪語される常連さんが、女性をつれてカウンターに座っておられました

その人が、ライブにいきたいアーティストとして
ラルフ・タウナー
パオロ・フレス
デイブ・リーブマン
の3名の名前をあげておられていました。

僕は、ラルフ・タウナーは見たことが
あるので別として、
パオロ・フレス
デイブ・リーブマン
は見たいと思うアーティストで、やはり
同じ店に通っていると好みは似てくるのだなと
思いました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/17(日) 12:36:38|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eberhard Weber/Yellow Fieldsを聞いた

4/5
いつものJAZZ BARへ
最初にかかっていたのは、次のCD
SNEAKY DSに取り込んだ音源
かなり音がよくなってきた
マスター曰く、オーディオショップの人に相談して
SNEAKY DSの音圧を少しあげてもらったとのこと。

AbracadabraAbracadabra
(2007/05/01)
Roberto Di Gioia

商品詳細を見る


次はFLAVIO BOLTROの
JAZZITALIANO LIVE 2009
少しいつもと雰囲気が違うFLAVIO BOLTROの
作品
http://ventoazul.shop-pro.jp/?pid=26645041

次はマイルスをCDで
僕自身は、プレステッジのマラソンセッションとかの
ほうが好きです。
Kind of Blueは音楽はいいが、堅く緊張させる。

Kind of BlueKind of Blue
(1997/03/27)
Miles Davis、Wynton Kelly 他

商品詳細を見る


マイルスの硬派な音楽は聞きたくないのだが
なぜかエドハールド ウェーバーなどは楽しく聞けてしまう
不思議だ こちらはLPでかけてくれました
Yellow FieldsYellow Fields
(2008/11/18)
Eberhard Weber

商品詳細を見る


次がギターとサックスのデュオ作品
これも遂にDSに取り込まれ会心の音で再生

Acoustic World (FTM-2009)
Ferenc Snetberger - Tony Lakatos
Live at Musashino Civic Cultural Hall In Tokyo

http://www.snetberger.com/cds/cd_acousticworld.html

次はヤンガルバレクのサックスが気持ちいい
マジコ これはCDで(かDSか)

マジコマジコ
(2009/09/23)
チャーリー・ヘイデン/ヤン・ガルバレク/エグベルト・ジスモンチ

商品詳細を見る


次はコルトレーン、まあ定盤で気持ちいい
Giant StepsGiant Steps
(1990/10/25)
John Coltrane

商品詳細を見る


最後は、音がとてもいいラルフタウナーのCD

AnthemAnthem
(2001/03/13)
Ralph Towner

商品詳細を見る


今日は、モッアレラがないので
ゴーダチーズでマルゲリータをつくってくれました
案外おいしかったです。



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/16(土) 19:42:11|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デイビット サンチェスを購入

4月2日(土)
お茶の水ナルに行く前は、
神保町にいっていたのでした。

秋葉原から歩いて神保町へ
スポーツ街も少し活気を取り戻した
ように感じました。

神保町ではコミガレ(小宮山書店のガレージ)を
覗きました。
しかし、いろんな本のなかから
欲しい本を探すのは難しく、何も買えませんでした。

「かねいち」でうなぎを食べようと思いましたが
やっておらず、ランチョンでも行こうかと思ったら
妻が、この前この辺で宴会やった店がおいしかった
ということで、海蔵(うみくら)という店へ

確かにおいしかった。
しかし、こんな店でサービス料5%とるのは
せこい。値段にのっけておくべきと思った。

妻は
グレープフルーツサワーとにごり酒
僕は富乃宝山
カキグラタン
チヂミ
竹の子焼
お通し
でしめて 4780円でした。

R0013524かき

R0013526ちじみ

その後はDISK UNION JAZZ TOKYOで
CDを見る
あまり時間もないので、中古の新着コーナーだけ見ました

その中から次のCDをゲット それぞれ200円でした
(なぜ でしょう。僕には理解できません。)

フレディハバートのトランペットが気持ちいいVSOP
テンペスト・イン・ザ・コロシアムテンペスト・イン・ザ・コロシアム
(2007/09/19)
V.S.O.P.ザ・クインテット

商品詳細を見る


今では大活躍のデイビット サンチェスの
初期の作品
メンツも凄いし、ケニーギャレットとの
2サックスの曲も2曲ほどあり面白い
Street ScenesStreet Scenes
(1996/08/12)
David Sanchez

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/10(日) 19:48:13|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太田 剣さんのサックスを聞きました(お茶の水ナル)

2011年4月2日(土)19:45-21:00  21:50-23:15
お茶の水ナル
as ss太田剣 p熊谷泰昌 b川村竜 ds大槻カルタ英宣

なんとなく元気になりたい
ジャズのライブに行きたいなと思い立ち、
ライブを探すとこの日は、いきたいライブが多数ありました。

ナル以外では
高円寺 JIROKICHIの
UNBELTIPO TRIO 今堀恒雄g ナスノミツルb 佐野康夫dr

日暮里 BAR PORTO
行川さをり(Vo)前原孝紀(G)

でしたが、混んでいそうなBAR PORTO
は止めて、ナルに行きました。

予約はしていなかったので、
当日の17:10過ぎに予約。
入れるとのこと、ラッキーでした。

予約の人は19:30までに店に はいらないと
NGということなので、19:20頃店に向かったのだが
既に1杯飲んでいたので、店が見つからない。
しょうがないので、お店に電話して聞くと
すごいわかりやすい場所にありました。

店に着き、席に案内されると、
見渡すと、ほぼ満席です。
みなさんも、僕と同様に、鬱屈した気分を吹き飛ばしたい
という感じなのでしょうか。

ライブはすごかったですね。
これほどパワフルなステージというのも
久しぶりでしたね。
僕は途中で感極まり、酔っていたせいもあり、声を
あげてしまいましたが、それほど良かったですね。

曲は、太田剣さんの曲と
ジャズマンの曲(グラナダ、リックマーギッアのウォール)
スタンダード少し(AFTER YOU'VE GONE)
アンコールはソニーロリンズのセント・トーマスを
おしゃれアレンジということでした。

ドラムの大槻カルタ英宣さんが
パワフルで良かったですね。

音楽とは全く関係ないですが、
相席で座った人と隣のテーブルの席の人たちが
盛大に飲み食いしていて、妻はそれが気になって
落ち着かなかったと言っておりました。
(ジャズクラブにとっては
 うれしい限りでしょうが)

僕らのお会計は、ミュージックチャージと
飲み物代に消費税ということで、極めてリーズナブルでした。
接客も気持ちがいいし、初めていきましたが
良いお店でした。

ライブ終了後、いそいでお会計をすませ
お茶の水駅に行ったら、大学生らしき若者多数

あーようやく普通になってきたなと思いました。

秋葉原のりかえで京浜東北線で帰ってきましたが
それなりに混んでいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/03(日) 19:48:30|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミンガスの3 Or 4 Shades of Bluesを聞きました

3/28

いつものJAZZ BARへ
入店時、めずらしく、結構混んでいました

かかっていたのは
ジョーパスのLP
JAZZ喫茶的で、たいへん良いです。
QuadrantQuadrant
(1991/07/01)
Joe PassMilt Jackson

商品詳細を見る


次にかかったのがアントニオサンチェス
ジャズブロガーの多くの人がとりあげていたので
聞いてみたいと思っていた作品でした。
検索して気がついたが、この人はパットメセニーのグループでも
ドラムたたいていたのですね。
ということで、何回か見たことがあります。
パワフルなドラマーという印象です。

メンバーは以下のとおりで、ピアノレス
結構ハードな感じです。2サックスというのが面白い。
Antonio Sanchez DS
Scott Colley B
Miguel Zenon AS
David Sanchez TS

Live in New YorkLive in New York
(2010/08/31)
Antonio Sanchez

商品詳細を見る


3枚目はベニーウォレスをLPで
これまたピアノレス こんどは1ホーン
ベースがエディゴメス、ドラムがダニーリッチモンド
やはりベニーウォレスの若い頃の作品のためか、切れ味の
良い音です。
LIVE AT THE PUBLIC THEATRELIVE AT THE PUBLIC THEATRE
(2009/03/22)
BENNIE WALLACE

商品詳細を見る


次がバプティステ トロニィヨンの
1つ前の作品でしょうか
トムハレルとマークターナーが参加
なかなか いい感じです
ShareShare
(2009/06/30)
Baptiste Trotignon

商品詳細を見る


次はLPでチャールスミンガス
CDのジャケは、こんな感じですが
LPのほうは、ぐちゃぐちゃしていてかっこいいです。
音楽も最高ですね。やはりベースひくならこれぐらいぐいぐい
と弾いてほしい。
僕の家のオーディオでは、なかなかこのベース音でてこないと
想像しますが。

3 Or 4 Shades of Blues3 Or 4 Shades of Blues
(1990/10/25)
Charles Mingus

商品詳細を見る



最後はトルド・グスタフゼン
何枚かトリオ作品を所有していますが、
これはサックス、ボーカル入り
これはとても良い。ほしいです。
Restored Returned (Ocrd)Restored Returned (Ocrd)
(2010/02/09)
Tord Gustavsen

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/02(土) 07:39:52|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。