JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PRYSM/FIVEを聞きました

5/24

いつものJAZZ BARへ
最初にかかっていたのは
ジャッキーテラソンとカサンドラウィルソンの
作品

デュオの作品かと勘違いしていたが
ベースとパーカッションもはいっている
適度にブルージーでレイドバックした雰囲気

ジャケットも雰囲気ですね。
安くでてたら買いたいと思いました。

RendezvousRendezvous
(1997/09/01)
Jacky Terrasson

商品詳細を見る


次にかかったのが
アートランディのLP
70年代ECM全開で素晴らしい

後には、すっかり映画音楽の世界にいってしまう
マークアイシャムもいいトランペットを
吹いています。
(僕は結構好きで集めているのです)

Art Lande Rubisa Patrol
Desert Marauders

Art Lande piano
Mark Isham trumpet, horns
Bill Douglass bass, flute
Kurt Wortman drums

Rubisa Patrol
Livre (Near The Sky)
El Pueblo De Las Vacas Tristes
Perelandra
Sansara

Recorded June 1977

ECM 1106

http://www.ecmrecords.com/Catalogue/ECM/1100/1106.php?lvredir=712&catid=0&doctype=Catalogue&order=releasedate&we_search=%2B1106&rubchooser=301&mainrubchooser=3

次は先月聞いて2回目の
Espen EriksenのYou had meat goodbye
なかなか いいピアノトリオ
だんだん聞くほどに良くなっていく感じです。
You Had Meat GoodbyeYou Had Meat Goodbye
(2010/05/25)
Espen Eriksen

商品詳細を見る


次がマイルス
カインドオフブルーが苦手でしたが
このライブ盤は楽しく聞けました

ライヴ・アット・ブラック・ホ-ク 2ライヴ・アット・ブラック・ホ-ク 2
(1997/07/21)
マイルス・デイヴィス

商品詳細を見る


次が渋いピアノトリオ
大変良かった
CAM JAZZから新しい作品がでているようです。
FrostFrost
(2006/03/17)
Joona Toivanen

商品詳細を見る


次がプリズムの新作
ロザリオジュリアーニ(AS)が3曲で参加
マヌコジャ(g)が2曲参加
こちらの作品はリヨンでのライブとのこと。かっこいいです。
FiveFive
(2011/03/28)
Prysm

商品詳細を見る


次がポーランドのピアノトリオ
NBS TRIO / Plays Komeda
NBS TRIOとはNOTHING BUT SWING TRIOのことらしい
やはりポーランドといえば
映画音楽家のKOMEDAが人気があるらしく
よく作品集がつくられますね
(シンプルアコースティックトリオの
 ローズマリーの赤ちゃん とか)

http://catfishrecords.jugem.cc/?eid=3060


次はベーシストのArild Andersen
の古いアルバム なかなかいいです
"Shimri", 1976 ECM
( Pål Thowsen,ds - Lars Janson,p - Juhani Aaltonen, sax)
ECM RECORDS

http://homepage3.nifty.com/musicircus/ecm/ecm_r/1082.htm

BARでは
雑誌「考える人」のエッセィを読んでいた
加藤典洋さんのサンタバーバラ日記が
面白い。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/28(土) 15:54:20|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Michel BiscegliaのInvisible Lightを聞きました

5/17(火)
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ

最初にかかったのは
TriotonicのHomecoming
いいピアノトリオのアルバムです。
http://www.triotonic.com/cds_sounds.php次が

Paolo Fresuの7/8
映画のサントラと思いますが
非常に良い作品

次が
Five For Jazzの
LIVE IN SANREMO -- Splasc(h) Records
Luigi Bonafede (p)他
音源的には古いものらしく、録音はいまひとつか

次が
デイビットダーリング
いやーいい作品です
CyclesCycles
(1991/12/09)
David Darling

商品詳細を見る


次がジェフガードナーとゲイリーピーコックとのデュオ
いまいちピンとこなかった。
AlchemyAlchemy
(2007/12/18)
Jeff Gardner

商品詳細を見る


次がMichel Biscegliaのピアノ
硬質な感じのピアノですがなかなか良いと思いました。
Invisible LightInvisible Light
(2009/09/18)
Michel Bisceglia

商品詳細を見る


最後は
エンリコピエラヌンティの
ジャズイタリアーノ2006
録音はなかなか良いです。
http://jazzitalianolive.blogspot.com/2010/10/enrico-pieranunzi-friends-2006-march.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/22(日) 15:01:09|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岳を見ました

5月20日(金)
仕事帰りに、新宿ディスクユニオン
JAZZ館へ
2階の新着コーナーへ、流石に専門店
探しているCDがざくざくとある。
しかし、どれも値付けが厳しいな。
以前に比べて、ずいぶん高いなという印象。
2階を見終わり、時計をみると
やばい時間になっていた。

埼京線・高崎線をのりつぎ
埼玉新都心へ
MOVIXさいたま で妻と「岳」を見るのだ。
チケットを買いにいくと、
今日はサービスの日で1人 1000円だそうだ。
ラッキー!

妻のリクエストで
廻し寿司 活
へ行きました。

僕は生中を飲んだのだが
妻は映画で寝るといけないから飲まないとのこと。
しかし、妻は頼むものをあらかじめ
考えてきたとのことで、オーダーシートに
自分の食べたいものを次々に書き込んで注文してました。
僕はカキフライをオーダーして
あつあつのカキフライを食べました。
まあ、しかし食べるくらいたべても
料金はリーズナブルで満足。

さあ、「岳」へ
山好きには、たまらん映画です。
美しい山の風景を見ていると
本当にあこがれてしまいます。

山岳救助の話なので、
悲しい話も織り込まれているのですが、
それを差し引いても山っていいな
と思います。

小栗旬さんも長澤まさみさんの
演技も良かったな。

私も、若い頃には、何回か登山したことが
ありますが、本当に危険と隣あわせ
だったのだなと思います。

壮大な風景ですので、映画館か
今後発売されるであろうブルーレイで
大画面テレビか、プロジェクターの大スクリーンで
お楽しみください。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/21(土) 20:18:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Paradise/Tom Harrellを購入

5/16(月)
いつも行くJAZZ BARへ
行く前に、中古CDショップへ
(先週、ケニーギャレットを買ったところ)

先週、トムハレルのCDをみていて
パスしたのだが、やはり欲しくなり再訪
(はやっている店なら、たいてい売れてしまっているのだが
 このお店は大丈夫とあたりをつけ)

やはり残っておりました。
ストリング付、ハープ入りということで一抹の不安は
あったのですが、購入して大正解
素晴らしいのひとこと
トムハレルのトランペットがはいらず
弦楽だけでやる曲が1曲あるのですが、これが大変美しい
うーんトムハレルやはり才能ある人なのですね。

是非、日本にお越しいただきたいな。
見に行きますよ。

ParadiseParadise
(2001/06/05)
Tom Harrell

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/21(土) 19:37:58|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Song Book/Kenny Garrettを購入

5月8日(日)
BARの帰りに、たまによる
レコードショップへ

以下のCDが安くでていました。
よくみると、シールのはがした後があるので、
これはサンプルなのかと思いましたが
気にせずレジへ。
中身を確認するとCDの中心に大きく見本品とかいてありました。
(値札にその旨はかいておいてほしいなと思いましたが
 まあ、こちらは聞ければ良いので そのまま購入することとしました)

メンツが以下のとおり、
Kenny Kirkland(p), Nat Reeves(b), Jeff "Tain" Watts(ds)と
僕はやはりケニーカークランド目当てというのが大きいですね。

ケニー・カークランドは、この数年後に若くして
なくなってしまうのですが、ここでの演奏を聞く限りは、全くそんなことが
想像もできません。もっと活躍していただきたかったなと思います。

Song BookSong Book
(1997/05/13)
Kenny Garrett

商品詳細を見る


彼のリーダー作をCD棚から
取り出して聞いてみましたが、まあ
ブランフォードマルサリス聞きたいなら、これでいいけど、
ケニー・カークランド聞きたいという人にはちょっとかな。
Kenny KirklandKenny Kirkland
(1991/10/01)
Kenny Kirkland

商品詳細を見る


JFKという作品があってさがしていたのですが、
これはJeff "Tain" Wattsの作品として再発されているのを
知りました。
普通に売っているではないか。不覚。


MegawattsMegawatts
(2004/03/16)
Jeff \\\'Tain\\\' Watts

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/15(日) 18:17:33|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MARKUS STOCKHAUSENのJOYOSAを聞いた

5/8(日)
いつものJAZZ BARへ
マスターと連休の出来事などを
少し話しました

最初にかかっていたのは
以下のDUO、ミシェル・ペトルチアーニの
陽性な音楽が楽しい作品です。
デュオ・イン・パリデュオ・イン・パリ
(1997/10/22)
ミシェル・ペトルチアーニ&エディ・ルイス

商品詳細を見る


次にかかったのがJOYOSA
一転してストイックな音の世界へ
FERENC SNETBERGERのギター目当てで購入されたのでしょうが
MARKUS STOCKHAUSENもなかなかいいトランペットの音です。
JOYOSAJOYOSA
(2009/03/22)
MARKUS STOCKHAUSEN/FERENC SNETBERGE

商品詳細を見る


次がギル エバンス
こちらのCDをDSに取り込んだということで
聞かせてくれました
しかし、このビッグバンドのメンバーが
すごい強者ぞろい。でてくる音も分厚い。
PriestessPriestess
(1991/11/19)
Gil Evans

商品詳細を見る


次が先日も聞いたラルフタウナーのソロギター
音が良い。
AnaAna
(2000/03/07)
Ralph Towner

商品詳細を見る


次がたまにかかる
ボボ・ステンソン
Very Earlyをビルエバンスと聞き比べると楽しいです。
Very EarlyVery Early
(2010/01/05)
Bobo Trio Stenson

商品詳細を見る


最後が
ハーモニカ・ギター・ベースのトリオ作品
もう一度聞いてみたいかな
SirokoSiroko
()
Olivier Ker Ourio

商品詳細を見る


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/14(土) 08:05:31|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼女が死んじゃった のサントラ購入

連休の終わり、
いつも行くBOOK OFFで
文庫本を見るも、買うものがないので、
めったに行かないCDコーナーへ行ってみた
だいたい500円以下のコーナーしかみないのだが
洋楽をひととおり見て買うものがないなと思い、
サントラコーナーに行くと、ありました
「彼女が死んじゃった」

2004年当時このドラマをみていて、
これはいつか買いたいと思って探していたのでした。
ついに7年後に発見、購入
この頃、木村佳乃さんが大好きで、妻も深田恭子さんが
好きだから、このドラマを良く見てました。
(僕は、原作のマンガのほうも買いましたが、
 あまりにエロくて驚きました。その後、BOOK OFFに売却)

音楽はショーロクラブがやっているので、
やさしい感じで、とても良いです。
(音楽はとてもいいのですが、つまらないコピーコントロールが
 されていてPCにはおとせません。
 PCにはレーベルゲート2というシステムで圧縮音源が落とせるらしいが
 今もその仕組みがあるかは不明)

「彼女が死んじゃった。」 オリジナルサウンドトラック「彼女が死んじゃった。」 オリジナルサウンドトラック
(2004/03/10)
TVサントラ、CHORO CLUB feat.セノオ 他

商品詳細を見る


ショーロクラブは4枚目となりましたが
全ていいです。
(DUOもたせば5枚ですね。中古で他のを見つければ間違いなく買いますね)

ブラジリアーナブラジリアーナ
(2000/06/21)
CHORO CLUB

商品詳細を見る


マリチママリチマ
(2001/09/19)
CHORO CLUB、ギリェルミ・ジ・ブリート 他

商品詳細を見る


サマー・サイド・オブ・ショーロ・クラブサマー・サイド・オブ・ショーロ・クラブ
(1993/04/01)
ショーロ・クラブ

商品詳細を見る


DuoDuo
(2000/03/18)
Duo

商品詳細を見る

テーマ:WORLD MUSIC - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/13(金) 23:48:21|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎香エキュート上野店

5月7日
天王洲アイルで朗読劇を見た帰りに、
上野の駅の構内にある
おそば屋さんで、そばを食べた。

行きにこの前をとおって
妻がいつもいいあげものの
においがするといっていたのだ。

駅の構内にある
おそば屋さんとしては
レベルも値段も高かった。

かきあげは、あげたてを
提供しているようだ。

僕は、かき揚げそば(700円)
妻は、海老と小柱の海鮮かき揚げそば(850円)

R0013629soba.jpg
  1. 2011/05/08(日) 10:05:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の頭の中の消しゴム(村川絵梨、中川晃教)を見ました

5/7(13:00-15:00)
銀河劇場(@天王洲アイル)
村川絵梨、中川晃教

妻と、銀河劇場で
朗読劇「私の頭の中の消しゴム」を見てきました。

昨年の6月に
村川絵梨さんと忍成修吾さんとの組み合わせで
見ましたが、それに引き続き2回目
(妻は秋にも見ているので3回目)

中川晃教さんはミュージカルでみたことが
ことがありますが、劇的な熱演。

村川絵梨さんもこのお芝居は
何回目かだと思いますので、だいぶ慣れた感じ
で自然な感じで良かったです。

このお芝居は、若年性アルツハイマーの話で、
他人事ではないなと思ってしまいます。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2011/05/08(日) 09:48:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Seamus Blakeを見ました(新宿ピットイン)

5月6日(金)
新宿ピットイン 1st 20:10-20:20
        2nd 21:50-23:00   

Seamus Blake(Ts)
Dave Kikoski(P)
Matt Clohesy(B)
Ari Hoenig(Ds)

ワインを飲んだ後は、新宿ピットインへ
客層は、珍しく若い人が多い。
整理番号が44番と45番でしたので
案外早く入場でき、前から4列目くらいで
席を確保できました。

20時すぎにメンバーが
登場し、ライブスタート
1曲目は、ジョン・スコフィールドの
Dance me homeという曲から
デイブ・キコスキーさんが
弾きまくり、とばしまくりで
シーマス・ブレイクさんも、おいおいという感じでした。

アリ・ホーニックさんは、
ジャンミシェルピルクのCDなどで
聞いたことがありましたが、本当に独特な
ドラムで非常に楽しかった。

シーマス・ブレイクのサックスは
音色・テクニックとも世界の最高峰の
テナープレーヤーでした。

トークはあまりありませんでしたが、

このツアーは1年前に計画されていて、
ハリケーンや津波などあったけど、
僕らは音楽を演奏するために、ここに来ました。
と話された(かっこ良すぎるね)

5/11と5/12がツアーのオフで
相撲を見に行きたいのだが、チケットが
手に入らない。誰か入手してくれれば
アリ・ホーニックさんがキスしてくれる
と冗談をいっておられた。

いやー素晴らしかった。

1st
1 Dance Me Home(John Scofield)
2 Fear of Rooming(Seamus Blake)
3 新曲
4 ?

2nd
5 Amuse Bouche (Seamus Blake)
6 Baker's Dozen(Dave Kikoski)
7 Smoke gets in your eyes
8 Jubliee ? (Seamus Blake)

最近のCD(ライブ)
Live at SmallsLive at Smalls
(2010/06/08)
Seamus Quintet Blake

商品詳細を見る






テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/07(土) 19:52:19|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

JIPという新宿のワインバーに行きました

5月6日(金)
新宿ピットインでライブを見るため、
その前に近くのJIPというワインバーに
行きました。

新宿に着いたのは16:15頃で
丸井の1階にあるルプチメックでパンを
買い、ブルックリン・パーラーで本を少し見て、
ピットインで予約していたチケットをひきとり、
お店へ。

まだ開店したばかりのようで、
少し早い気がして、本屋で本を購入し、
戻ってみると、お客さんも少しはいりだしていたので
はいる(17:15過ぎ)。

予約の有無を問われ、していないと答えると
カウンターに通される。

外観からして予約が必要な店とは思われないが、
最近ブルータスや東京カレンダーにも載ったのが
原因だろうか、少し遅い時間になると
予約のお客さんしかはいれない状況だった。

確実にはいりたい人は予約されるのが
賢明でしょう。

このお店は、週刊文春(2/3号)で紹介されていた
お店で国産のワインを中心に常時100種以上の
ボトルがあるらしい。
グラスワインも20種類ぐらいから
選ぶことができ楽しい。

僕らがオーダーしたのは、
ナスのムサカ風グラタン        850円
R0013627musaka.jpg

フィッシュ&チップス         850円
R0013626fish.jpg

あさりのトマトスパゲティ     1,150円
デラウェアの生ワイン2杯       800円(400×2)  
山梨の白(サント エクセラント シャルドネ2杯)1,000円(500×2) 
那須 マスカットベリーA       800円
山梨 マスカットベリー ベルカント  700円
ワイン1本(持ち帰り)      1,350円
おとおし             1,000円(500×2)
R0013623otoshi.jpg


合計               8,500円

デラウェアの生ワインは、店では
樽から自分でついで飲むのですが、ビンでも
あるということなので、1本持ち帰ることにしました。
(となりがワインショップになっていて
 ワインの購入ができる。それに1500円足せば
 店でも飲めるとのこと)

お店は天井が高く、今の季節は窓もはずされているので
完全にオープンな感じで、心地よい。

僕らがいった時間は、シェフ1名で
全ての料理を調理しているようで、若干料理が
でてくるのが遅いかなと感じました。
料理は、素材も良いものを使っているように
感じられ、なかなかおいしかったです。

スタッフは、みなさん良い人そうだが
若干、プロとしては、ぎこちないかなと思いました。

少し時間がたち落ち着いてきたら
良いお店になるかも しれません。
ワインのように熟成を待つという
感じでしょうか。


  1. 2011/05/07(土) 08:54:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Solo/Egberto Gismontiを聞いた

4月26日
連休の前に
いつものJAZZ BARへ行ったのでした。

まず、かかっていたのは
ラルフタウナーのソロギター
音が良いです。
AnaAna
(2000/03/07)
Ralph Towner

商品詳細を見る


次はジスモンチのソロ
普段はLPなのですが、DSで聞くのも音が良いというので
この日はDSでした。
SoloSolo
(2000/08/01)
Egberto Gismonti

商品詳細を見る


次がスタンゲッツとケニーバロンのDUOアルバム
DSで聴かせてくれましたが、ピークの音量と静かなときの
音量のバランスが悪くて、若干落ち着きませんでした。
(もう少しまてばSHM-CDが出るようです)
ピープル・タイムピープル・タイム
(2011/07/20)
スタン・ゲッツ&ケニー・バロン

商品詳細を見る


次がクリフォードジョーダンをLPで
ジャズ喫茶で聞くのは、最適な音楽です。
これを家で聞いていら、家族や近所から苦情がきてしまう
だろうから(いやー持っていませんが)
イン・ザ・ワールド(紙ジャケット仕様)イン・ザ・ワールド(紙ジャケット仕様)
(2006/11/17)
クリフォード・ジョーダン

商品詳細を見る


最後はブルーベック
なにげに良いアルバムです。
NightshiftNightshift
(1995/03/28)
Dave Brubeck

商品詳細を見る


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/06(金) 11:20:21|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古本道場/角田光代・岡崎武士を借りた

近所の図書館に行ってきました。

借りていた本を返しに。
よくブログで拝見している「せどり」屋さんの
本を借りて、読んだのでした。
それと雑誌STEREOを2冊返してきました。

ここの図書館のスタッフはボランティアなのか
素敵な女子がいました。

また、新たに本を借りました。
古本道場/角田光代・岡崎武士
記憶の放物線/北上次郎
によっによっ記/穂村弘
STEREO 2011年1月号
芸術新潮1月号「沖縄の美しいもの」

笑っていいともで子役の芦田真菜ちゃんが
図書館に行くと貸出点数の上限まで本を借りると
いっておりましたが、
2週間ならば、僕はせいぜい2冊くらい読むのが
やっとですね。

これらの本をかりるときに
カウンターの素敵な女子に、しつこく本の貸し出し
見込みについて聞く男性がいました。

彼は、図書館内の機械で、
どのくらいの人が予約しているか 検索して
「借りられているのか 残念」などと独り言
をいった後に、またあらためて、
この素敵女子に質問しておりました。
(しかも何冊も)

彼は「謎解きはディナーのあとで」という本を
借りたいらしく、この市の図書館で30冊の保有数に
2150人の予約がはいっていて、
どれくらい経てば借りられるか聞いておりました。
(流石に、スタッフの素敵女子も困ったようで、
 しばらく時間がかかると説明されておられました)

また、なぜこの本の予約が殺到しているか
聞いておりましたが、そんなこと答えられるわけが
ないだろうと思いました。
しいていえば、人気があるから、面白いと評判だから
としかいいようがないでしょう。

まあ、しかしこのような人に対しても、いやな顔せず
誠実に対応されていました。敬服です。

あーそうそう
僕のマイブームは沖縄で、
近いうちに行ってみたいと思っているのです。
(沖縄に一度も行ったことがないのです)
    


  1. 2011/05/05(木) 18:08:39|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼怒無月、鈴木大介DUO@西荻窪 音や金時

2011年5月3日(火)19:40-20:40 21:00-22:00(?)
西荻窪 音や金時
鬼怒無月(Ac-Gt)、鈴木大介(Ac-Gt)

この日は、夜このライブを見ることを目的として
一日行動してきたのでした。

西荻窪の「キャロット」で夕食を食べるも6時過ぎでしたので、
少しドトールでコーヒーでも飲んだ待つというと、
妻が飲みたくない というので、音や金時の近所の
古書「比良木屋」でもと思ったら、火曜日は定休日でお休み

仕方がないので、音や金時の階段(地下にお店があるので、
そこまで階段がある)で待つことにしました。
雨が降っていたので、雨宿りには丁度良かった。
リハーサルの音が漏れていて、それを少し聞いていました。
エグベルト・ジスモンチのLOROが聞こえて
きて、期待が高まる。

18:30になり開店
一番前で待っていたので、一番前のテーブル席に座る
うーんいい席です。
音や金時は、原則は予約なしで来たもの順ではいれる。
当日ふらりと来る店としては最高です。
(他の店だと、当日は割増料金だったりする)

リハーサルをおえた鬼怒さんが
「カレー食おう」と鈴木さんやその他のスタッフを
誘ってカレーを食べておられた。
ここの店は、ネパール料理が少しあって、
なぜか人気で、お客さんが結構頼むから、
お店の人手が全く足りない。
まあ、それもこの店の味なのかもしれないが....

19:40ステージスタート
鈴木大介さんのクラシックギターをその出自とする
音色のきれいさ と 鬼怒無月さんのギターの音が
からみあい とても良かった。

圧巻は、やはりテイクファイブのおわりのほうの
アドリブ合戦と アンコールの
カンタロープアイランドだろう。
もちろん、鬼怒無月さんの人生の10曲の
アローン・アゲイン、
ジスモンチのロロも良かったです。

トークでは、
鬼怒無月さんが若かりし頃、
ウェザーリポートのコンサートに行き
出待ちして、ジョーザビヌルとジャコパストリアスに
サインをもらった話が面白かった。
鬼怒さんは、サイン色紙を持っていなかったので、
「うる星やつら」の6巻にサインをもらったのだが、
後日、古本屋に売ってしまったとのこと。
知り合いからジミーペイジのサインを
もらったけど、その色紙も捨ててしまったことなど
を話されました。

鈴木大介さんの話では、後輩の結婚式に呼ばれて
演奏することになったが、演奏時間が、微妙に配置されていて
最後の演奏が終わると、締めの挨拶になってしまい、
結局お酒を飲むことができず、村治かおり さんから
「結局飲めなかったね」と言われてしまったことなど。

演奏された曲は
1st
おいしい水 Agua de beber
How insentive (Insenstez)
Here comes the sun
Killing me softly with his song
Alone again
Take five
Romaria(エリス・レジーナさんなどが歌われているようです)
Loro

2nd
If(Breadの曲だそうです)
黄昏のビギン(選曲がしぶい、中村八大さんでもこの曲を選ぶとは)
バードランドの子守歌
Once I loved (平和な愛、Amor em paz)
雨に濡れても
Blessed(鬼怒無月さんのオリジナル,スペリングは違うかもしれません)
Wave

アンコール
Cantalope island

配信用の音源を録音されるとのことですが
是非CDでも出してほしい。
妻は、Take fiveがはいっていれば買いたいとのこと。

鈴木大介さんのブログの曲紹介↓↓
http://daisukesuzuki.at.webry.info/201105/article_4.html

ところで、鈴木大介さんが人生の10曲として
「やぎさんゆうびん」をあげておられ、
僕は全くしらなかったので、帰りに妻に聞いたら
知っていて、歌の歌詞を教えてくれた。
世の中、知らないことだらけと思いました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/05(木) 12:03:48|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キッチン キャロット(西荻窪)

5月3日(火)
吉祥寺でCDを購入した後は、
歩いて西荻窪まで移動

雨降りでしたが、ひどい雨ではないので
それなりに楽しかった。

駅そばのガード下の安い天ぷら屋さんが
なくなって、駅ビルのAlpaのお店に
なっていた。

その先には「はらドーナッツ」の
お店ができていた。

少し先にいくとマンガ家がオーナー
(キャッツアイの北条司氏
 北斗の拳の原哲夫氏
 よろしくメカドックの次原隆二氏)
CAFE ZENON
盛況でした
http://cafe-zenon.jp/index.html

ひとりでははいりにくいが、妻と
一緒に来た時には、いってみたいと思いました。

R0013616Cafe.jpg


線路沿いをひたすら
歩いて西荻窪到着

妻と17:00待ち合わせなので
それまで、どこで食事するか下見。

結局、古本屋さんの「音羽館」で
ハンバーグのにおいをかいでしまい。
洋食屋さん「キッチン キャロット」に行くこととしました。

妻を西荻窪まで迎えに行き、
キャロットの列に並ぶ
開店前でしたので、列もそんなに長くなくて
開店と同時にお店にはいれました。

メニューをあれこれと見て
迷ったあげく
妻は1番のセット(チーズハンバーグ、チキンガーリックソテー、クリームコロッケ)
僕は3番のセット(おろしハンバーグ、エビフライ、コロッケ)
中ビンのビール

写真をとろうと思って、カメラを設定しておいたのに、
料理がでてきたとたん興奮のあまり写真をとるのを失念してしまいました。

いやー実においしかったですね。
ハンバーグはいうに及ばず、コロッケなどもマッシュポテトを丁寧に
あげているようで、おいしかったです。

今度は、大きな海老フライのつく「ステーキ盛り合わせ」という
のに挑戦したいですね。

妻も満足のようでした。
全部で2350円 うー信じられないくらいリーズナブル。

まわりの人が、面白いくらいにガンガン食べていて
健全に食欲が存在するというのは、いいことだなと思いました。
  1. 2011/05/04(水) 15:30:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gene Bertoncini、Frank Vignola/Meeting of the Groovesを購入

5月3日(火)
古本めぐりを谷根千でした後は、
吉祥寺へ

吉祥寺駅から
メンチカツで有名な肉のサトウ
などをとおり、ディスクユニオン
JAZZ館へ

1階がオーディオ売り場なので、
ここで中古などをひととおり見るのが
好きです。

中古で以下の3枚を
購入

Gene BertonciniとFrank Vignola のデュオ作品
Gene Bertonciniのギターはいぶし銀です。
Meeting of the GroovesMeeting of the Grooves
(2002/06/18)
Gene Bertoncini、Frank Vignola 他

商品詳細を見る


FOREVER LOVERS(Live at Montmare)
George AdamsとDon Pullenの
カルテット作品
なつかしのAlfaレーベル作品
(オランダのTimelessが原盤)
お値段はお安めでした

http://www.hmv.co.jp/product/detail/166125

Silje NergaardのJAZZ Vocal作品
ピアノでTord Gustavsenが参加
Port of CallPort of Call
(2000/09/16)
Silje Nergaard

商品詳細を見る


吉祥寺は、
めずらしい中古があるので楽しいですね。
「これは」と思うものは値段が高めで
手がでませんでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2011/05/04(水) 14:35:10|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不忍の一箱古本市

5月3日(火)
この日は、不忍の一箱古本市にでかけました。
妻が風邪ひいており、連れまわすのはどうかと
思ったが、夕方合流するということで、ひとまず
一人で出かけました。

連休ということで電車はこんでいましたが、
11時過ぎには西日暮里に到着

古書ほうろう まで行きましたが、
いつものMAPなどがないので
お店の人に聞くと、MAPをくださり、
簡単に案内してくれました。

今年はスタンプラリーがないので少し
がっかり

しかし、岡崎さんも見れたし、
信天翁でつん堂さんの箱も見れたし、
楽しかったです。

結局、購入したのは以下の1冊
(料金は義捐金になるということでした)

沖縄上手な旅ごはん 美ら島に遊び、うま店で食べる (文春文庫PLUS)沖縄上手な旅ごはん 美ら島に遊び、うま店で食べる (文春文庫PLUS)
(2005/06/10)
さとなお

商品詳細を見る


本好きな人の集まる
イベントで、僕の好きな色川武大さんや
田中小実昌さんの文庫本が出品されていましたが、
値付けは結構堅めでした。

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

  1. 2011/05/04(水) 09:44:11|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Silje Nergaard のTell me where you're goingを買った

ゴールデンウィーク前半は、
仙台の実家に様子を見に行ってきました

その前後で仙台のBOOK OFFを覗き
以下のCDを購入
(全て250円でした)

君住む街へ 1984~1988君住む街へ 1984~1988
(1989/02/01)
オフコース

商品詳細を見る


以下のCDは、良く見るとシンガポール・マレーシア盤でした
てぃだ~太陽・風ぬ想い~てぃだ~太陽・風ぬ想い~
(2002/09/21)
夏川りみ

商品詳細を見る


typeIIItypeIII
(2002/06/21)
paris match

商品詳細を見る



今回の一番掘り出し物は
以下のCDかな
ドラムは、Vinnie Colaituaが5曲で
たたいています
Famous Blue Raincoat: 20th Anniversary EditionFamous Blue Raincoat: 20th Anniversary Edition
(2007/08/07)
Jennifer Warnes

商品詳細を見る


State of MindState of Mind
(2005/05/23)
Raul Midon

商品詳細を見る


今ではジャズシンガーとして人気の
セリア(これで発音あっているのだろうか)
Silje Nergaard のTell me where you're going
(500円コーナーにも1枚ありました)
このCDは実家のシステムで聞いて
みましたが既聴感というか 聞いたことがあるような気がしました
(もしかしたらレンタルで借りてテープでももっていたのかな
 と思いました)
やさしい光につつまれてやさしい光につつまれて
(1993/03/24)
セリア

商品詳細を見る


最後がアナ・カラン
なかなかメンバーがいいです。
また、御大アントニオ・アルロス・ジョビンも2曲で
参加
個人的にはベースのDavid Finckに注目
曲は、ボサノバの曲が中心ですが、
最後にキャロル・キングの
You've got a friendがはいっていて、良いです。
Rio After DarkRio After Dark
(1990/02/15)
Ana Caram

商品詳細を見る


JAZZなどは
結構しっかりした値段がついていたので
あまり見ませんでした。

  1. 2011/05/02(月) 19:03:11|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。