JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Hank MobleyのAnother Monday Night at Birdland

1月24日(火)
寒い夜
いつものJAZZ BARへ

この日の週替わりワインは
Les Crouzes 2010 Carignan
値段は安かったが おいしいワインでした

最初にかかっていたのは
CDでハービーシュワルツ
CDに3200円と書いてあったから1986年頃発売されたものかも
しれないですね。マイクスターン参加で、若干Fusionぽい。
Smart moves (1986) / Vinyl record [Vinyl-LP]Smart moves (1986) / Vinyl record [Vinyl-LP]
(2000/01/01)
Harvie Swartz

商品詳細を見る


次がWolfgang Haffnerという人の作品
あまり印象に残っていません。
ShapesShapes
(2006/01/01)
Wolfgang Haffner

商品詳細を見る


次がギターとベースのDUO作品
アコースティックギターの音色が
素敵な作品
Over the RainbowOver the Rainbow
(2008/01/01)
Mads Vinding、Jacob Fischer

商品詳細を見る


次がハンクモブレー リーモガンのライブ作品
60年代ハードバップ 実に良い作品
アナザー・マンディ・ナイト・アット・バードランドアナザー・マンディ・ナイト・アット・バードランド
(2010/12/22)
ハンク・モブレー&リー・モーガン

商品詳細を見る


ここで、もう一人いたお客さんが帰り
僕一人になったので、
マスターと先日行ったブルーノートの話をし
パットメセニーのブライトサイズライフを
リクエストすると、ないとのこと。
仕方がないので、次の作品をかけてもらう。

Metheny MehldauMetheny Mehldau
(2006/09/14)
Pat Metheny

商品詳細を見る


ここで、このJAZZ BARが音が良くなった
理由を教えてもらう。
実は、このBAR、可鍛にも本年から全面禁煙となったのだが、
それで換気扇を回すのをおさえたら、音が良くなったとのこと。
ヘビースモーカーの常連さんも、相変わらずボトルを
入れてくれているとのこと。

次が ヤンガルバレク
この作品は私自身も持っているが
Witch Tai Toもはいっていて、良いCD
(この日は前半がかかったのでWitch Tai To
 はかからなかった)
Twelve MoonsTwelve Moons
(2000/03/07)
Jan Garbarek

商品詳細を見る


最後にポールブレイ
これは時間があまりなかったので
次にかかるときの楽しみに
(っていつかかるか わからないのですが)
Tango PalaceTango Palace
(2010/03/16)
Paul Bley

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/29(日) 19:46:14|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

David LiebmanのLieb Plays Weillを聞いた

1月12日(木)
年明け初めて、いつものJAZZ BARへ
本日の週替わりワインは
Bouzeron Aligote 2008 AetP de Villaine

最初にかかっていたのは
デイブリーブマン 最近の作品
Lieb Plays WeillLieb Plays Weill
(2009/09/08)
David Liebman

商品詳細を見る


次が
Gérard Maraisと Renaud Garcia-Fons のAcoustic Songs
これはスザンヌベガのなつかしい曲が
なかなか良いのであるが、DSに音をとりこんだせいか
音が抜群に良くなった(この秘密は次に行った時に知る)

Acoustic SongsAcoustic Songs
()
Renaud Garcia-Fons & Gérard Marais

商品詳細を見る


次がヘレンメリル
これはピアノがヨアヒムキューンで
サックスがスタンゲッツ 選曲も良くて
とても良いアルバム
ジャスト・フレンズジャスト・フレンズ
(2005/06/22)
ヘレン・メリル・ウィズ・スタン・ゲッツ、ヘレン・メリル 他

商品詳細を見る


次がグラントグリーン
こういう名盤は安心して聞けるなあ
Green StreetGreen Street
(2002/08/03)
Grant Green

商品詳細を見る


次が
Staweke Jaskutkeというポーランドの
ピアニストの作品
Sugarfree 
こういう作品はこのJAZZ BARでしかけないですね

http://www.jaskulke.com/

BEBO FERRA/PAOLINO DALLA PORTAのギターデュオ
Bagatelle
(Areaのほうが好みだな)

BAGATELLEBAGATELLE
(2009/04/01)
BEBO FERRA/PAOLINO DALLA PORTA

商品詳細を見る


次がJohn Hicksのピアノトリオ
ドラムはエルビンジョーンズだったのですね
この頃はまだ元気だったのだな
Power TrioPower Trio
(1991/03/12)
Elvin Jones、Cecil Mcbee 他

商品詳細を見る


最後はJeff Gardner
最近聞いていてこれはいいなと思っている作品
リックマーギッッアのサックスもなかなか良い感じ
Music of Chance: Jeff Gardner Plays Paul AusterMusic of Chance: Jeff Gardner Plays Paul Auster
(2000/01/11)
Jeff Gardner、Ingrid Jensen 他

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/28(土) 17:20:07|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再びパット・メセニー@ブルーノート東京

2012年1月27日(金)
ブルーノート東京
2ndステージ 21:45-23:10

パットメセニー(g)
ラリーグレナディア(b)

先週のライブがあまりにも良かったので
金曜日の2ndに行くことにしました。

当日の20:00過ぎに電話してみると、
立ち見席であれば見れるとのこと。

行けばなんとかなるかと思い予約し、
ブルーノートへ

立ち見席の人は最後の入場ということで
開演の直前に店内へ(21:35くらいだったかな)

店内へはいると、イス席がひとつあいているということで
バーカウンター前のイス席へ
この席は、バーの前なので、開演してから少しの間は、
バーの音が少しするということと、ウェイターさんが前を
とおるということで落ち着かないが、ライブを見るには
視界をさえぎるものがないので絶好の席でありました。

セットリストは
自信がないですが、以下のとおり

前回良かった「Bright Size Life」
は1stでやったようで聞けなかったが
今回はダブルアンコールで
1曲目がORCHESTRIONを使った
アントニオ
最後は、感涙ものの
ラスト トレイン ホーム

ライブ終演後は、
ラスト トレイン ホーム
をくちずさみながら、表参道駅まで
歩きました。


セットリスト
Sound of Water(ピカソギターでのソロ)
Say The Brother's Name
Change of Heart
SOUL COWBOY
Q&A
新曲(ナイロン弦のバラード)
Find me in your dreams
インプロビゼーション(ORCHESTRION)

~アンコール~
Aantonia (ORCHESTRION)
ナイロン弦のソロ メドレー
(Farmer's Trust, Last train home)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/28(土) 10:36:04|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パットメセニー@ブルーノート東京

2012年1月22日(土)
ブルーノート東京
2ndステージ 20:55-22:20

パットメセニー(g)
ラリーグレナディア(b)

ブルーノートで
パットメセニーを見るのは
1999年のトリオ、2003年のトリオに
続いて3度目

予約のときは迷ったあげくに
土曜日のセカンドとしたが、
ファーストとセカンド両方見る人もいるので、
良い整理番号がほしければ
ファーストの人が並ぶ時間に並ばねばならぬらしい。

並んだ時間の割には、あまり番号が悪いので、お店の人に
聞いたら、「早い人は朝から並んだ人もおられます」
と言われてしまった。

まあ、それでもだいぶ早く行ったので
はじのほうではあったが最前列で見れました。

パットメセニーを見るというのは
衝撃であり、自分が想像しているレベルをはるかに
超える ステージがいつもくりひろげられるのですが
今回もでしたね。

特に今回は、ORCHESTRIONという自動演奏楽器を
もってきていて、すごい演奏を聞かせてくれました。

セットリストは
自信がないですが、以下のとおり

僕は大好きな「Bright Size Life」
が聞けて、すごく感激でした。

「Find me in your dreams」という曲の説明の
ときにスペインの歌手に触発されてというような
ことを、パットさんが言っていたが、
新曲に対してのコメントだったのか。

セットリスト
Sound of Water(ピカソギターでのソロ)
Say The Brother's Name
Bright Size Life
SOUL COWBOY
Q&A
Find me in your dreams
新曲(ナイロン弦のバラード)
インプロビゼーション(ORCHESTRION)
~アンコール~
ナイロン弦のソロ メドレー
(phase dance,ミノワノ,September fifteen,This is not America)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/22(日) 17:40:02|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャノドミンゲス

本日のBS1 エルムンドにチャノドミンゲス出演
  1. 2012/01/12(木) 17:42:32|
  2. WORLD MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松坂牛の焼き肉

3連休は、どこへも出かけず、
家ですごしていました。

日曜日(1/8)に、松坂牛が送られて来たので、
日曜日の夜のみ豪華な夕食でした。

妻が年末の会社の忘年会で、
ゲームの賞品としてもらったものが届いたのです。
郵便局の ふるさと小包でもらった
ようだが、霜降り本舗というところの
松坂牛の焼き肉用のお肉だったようです。

ホットプレートでリビングで焼いて食べたのですが
極上のおいしさ でありました。
(しかし その後 部屋が 焼き肉くさくて
 大変な状況になってしまいました)

http://www.sekofood.co.jp/gift/yakiniku.html

テーマ:お取り寄せグルメ - ジャンル:グルメ

  1. 2012/01/09(月) 19:48:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TrojaのIsland Sceneriesを購入

1月4日(水)
妻は、この日から仕事始め
僕は休みでしたので、
ディスクユニオン新宿中古センターへ

以前から欲しかった次のCDを思い切って
買うことにしました。

スイスのピアニスト(1977年生まれ)のピアノトリオ作品
全てオリジナルの楽曲ですが、美しいはかなげな曲が多く
非常に良い出来です。

Island SceneriesIsland Sceneries
(2008/01/22)
Troja

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/07(土) 19:32:16|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Charles LloydのNight in Copenhagenを聞いた

新年になりましたが
昨年のBAR訪問の話で恐縮です。

12月26日(月)
仕事帰りにいつものBARへ
週替わりワインは
Montepulcano d'Abruzzo Casale Vechio Farnese 2008
という赤ワインでした。おいしいワインです。

最初にかかっていたのは
マスターの2011年のBEST盤。
ピアノとベースのデュオ作品。
PatiencePatience
(2011/07/12)
Stephane Kerecki & John Taylor

商品詳細を見る


次がジョンヒックスのピアノトリオ
ソニークラークにまつわる曲を演奏しているらしい。
普通に良い作品 2001年の録音
MUSIC IN THE KEY OF CLARKMUSIC IN THE KEY OF CLARK
(2009/03/07)
JOHN HICKS

商品詳細を見る


次がレベッカ トロンクヴィストの
先週も聞いたボーカル主体のアルバムですが、
録音が結構良い。

Stockholm Kaza SessionStockholm Kaza Session
(2008/07/01)
Rebecka Tornqvist

商品詳細を見る


次がポールモチアンの古い作品
(アマゾンでは ウィンター&ウィンターでの
 再発盤を取り扱っている)
ジョーロバーノがいいサックスを吹いてます。
ポールモチアンは、2011年に鬼籍に
はいってしまわれました。追悼の意をこめられて
かけられたのでしょうか。

Vol. 1-on BroadwayVol. 1-on Broadway
(2011/01/11)
Paul Motian

商品詳細を見る


次がチャーリーパーカーをLPで
えー このBARにもチャーリパーカーあったんですね
初めて聞きました。
チャーリー・パーカー・プレイズ・コール・ポーター (紙ジャケット仕様)チャーリー・パーカー・プレイズ・コール・ポーター (紙ジャケット仕様)
(2004/09/01)
チャーリー・パーカー

商品詳細を見る


次がポーランドのピアノトリオ
NBS TRIO / Plays Komeda
NBS TRIOとはNOTHING BUT SWING TRIO
ポーランドの
映画音楽家のKOMEDAの作品集
録音もいいことを再発見

http://catfishrecords.jugem.cc/?eid=3060

次はチャールスロイドの
1990年代初期のライブ盤
チャールスロイドがミシェルペトルチアーニを見出したというのは
有名な話ですが、このCDを聞くと まさにという感じ
安く探せたら 是非買いたいですね。

Night in CopenhagenNight in Copenhagen
(1993/02/09)
Charles Lloyd

商品詳細を見る


最後は
Espen EriksenのYou had meat goodbye
かなり好きになってきたアルバムです

You Had Meat GoodbyeYou Had Meat Goodbye
(2010/05/25)
Espen Eriksen

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/03(火) 19:22:14|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。