JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tingvall Trio のNorr

8/19
またもやいつものJAZZ BARへ
(妻には、そこ以外に行くところはないのといわれている)
この日も暑く、アイスコーヒーから よなよなエールと
いう黄金リレーだ。

最初にかかっていたのは、フェレンツ・シュネートベルガーという
ギタリストの作品、もうこれは本当に素晴らしい。
アコースティックギターで、ジャンルとしてはマヌーシュスイングの系統であろうが
スタイリッシュでまさにオンリーワンの存在。またライブに行きたい。

2010年に行ったライブの記事↓↓
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-245.html

ノマドノマド
(2005/08/24)
フェレンツ・シュネートベルガー

商品詳細を見る


次がグラントグリーンのSOLID
何でもブルーノートの希少音源とのことらしい。なかなか良いです。
ソリッド+1ソリッド+1
(2012/07/25)
グラント・グリーン

商品詳細を見る


次がゴードンベック
アランホールズワースの参加がうれしい
この盤もよくかかる
SunbirdSunbird

Gordon Beck

商品詳細を見る


次がダニエル ユーメルの
LABEL BLUE 作品 サックストリオの編成 硬派な音楽
Update 3.3Update 3.3
(1996/10/01)
Daniel Humair、Francois Jeanneau 他

商品詳細を見る


次がポールブレイ
Tangoとアルバムタイトルにはあるので、
タンゴと関連あるのかと思えば、そうでもない。

Tango PalaceTango Palace
(2010/03/16)
Paul Bley

商品詳細を見る


次がTingvall Trio
僕は、このわかりやすい音楽が大好き。
フレッシュで、疾走感のある音楽。でも少し暗いかげりもあるといった。
NorrNorr
(2008/03/04)
Tingvall Trio、Martin Tingvall 他

商品詳細を見る


次はチャールスロイドの
1980年代初期のライブ盤
昨日も聞いたが、曲は微妙に違っていた

Night in CopenhagenNight in Copenhagen
(1993/02/09)
Charles Lloyd

商品詳細を見る


最後はアレクシス チョロラキアン
の作品
Alexis Tcholakian Trio
«Point de vue»
クリスティアン ジェイコブの弟子

http://www.tcholakian.net/POINT%20DE%20VUE.htm
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/26(日) 08:57:45|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Charles LloydのNight in Copenhagenを聞いた

8/18
大変めずらしい土曜日出勤の日でした
お盆休み明けなので、定時で退勤して
いつものJAZZ BARへ

この日は赤ワイン
BARAHONDA Barrica 2009
というもの なかなかおいしい
(これは、ワイン自体はフレッシュなのだが、たるの香りもして
 複雑な味わい。面白いワイン)
http://item.rakuten.co.jp/kawachi/4997678428457/


最初かかったのは、エンリコ・ピエラヌンティのピアノの
マッズヴィンディング名義のアルバム
このCDは、自分の家にもあるのですが
たいていこのJAZZ BARでかかると何のCDだろうと
思ってしまうほど、JAZZ BARの音がいい

The Kingdom (Where Nobody Dies)The Kingdom (Where Nobody Dies)
(2007/10/09)
Mads Vinding Trio

商品詳細を見る


次がJerry Bergonziの
ナポリコネクション
(このCDは聞いてみたかったのでうれしかった)
NAPOLI CONNECTIONNAPOLI CONNECTION
(2009/04/01)
TRIO IDEA FEATURING JERRY BERGONZI

商品詳細を見る


次がカーティスフラー
カーティス・フラー Vol.3カーティス・フラー Vol.3
(2009/12/09)
カーティス・フラー

商品詳細を見る


次がチェットベイカー
CHET'S CHOICECHET'S CHOICE
(2008/12/03)
CHET BAKER TRIO、Philip Catherine 他

商品詳細を見る

最後はチャールスロイドの
1980年代初期のライブ盤
ミシェルペトルチアーニ大活躍のアルバム
まさに傑作、ほしい!
(1990年代の作品とおもっていたら
 録音は1983年でした)

Night in CopenhagenNight in Copenhagen
(1993/02/09)
Charles Lloyd

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/25(土) 20:16:25|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Michel PetruccianiのCold Bluesを聞いた

8/16

この日まで盆休みでしたが、いつものBARへ行きました
喉がかわいたので、よなよなエールを飲んだのち、
白ワイン 週替わりのワインは
Cono Sur Gewurztaminer Reserva 2010
このチリのワインは安いのですが、おいしいです。

最初はIGOR GEHENOT
先日も聞いた 最近のヘビーローテーション
http://www.igorgehenot.be/Home.html

次が好きな
Tore Burnborgというノルウェーの
サックス奏者の作品 TID
http://www.discogs.com/Tore-Brunborg-Bugge-Wesseltoft-Anders-Jormin-Jon-Christensen-Tid/release/3017036

次がHank MobleyのSoul Station
僕はこの辺のジャズも好きで、先日も家で聞いていたのですが
この季節にはピッタリですな。
買うならばレコード8枚分が4CDに収録された以下のSETがお得
(細かい難はあるかもしれませんが)
Eight Classic Albums: Hank MobleyEight Classic Albums: Hank Mobley
(2011/08/16)
Hank Mobley

商品詳細を見る


次がMichel PetruccianiとRon McClureの
デュオ作品
Michel Petruccianiといえば、今度彼のドキュメントの映画が
公開(10/13)されるので、その情報をマスターに伝えた。

情熱のピアニズム
http://www.pianism-movie.com/

Cold BluesCold Blues
(2007/07/17)
Michel Petrucciani

商品詳細を見る


ここでお店のお客さんが誰もいなくなったので
持参したCDをかけてもらう。
Mike Goodrick名義でJerry Bergonziが参加している
Sunscreams (RAM Records, 1994)
ここのシステムで聞くと録音が若干薄いかなと思った。


次がElvin Jones名義でDave Liebman参加の
アルバム 好きなテナーだ
Earth JonesEarth Jones
(2003/05/13)
Elvin Jones

商品詳細を見る


最後がギルエバンスオーケストラ
Live at Sweet Basil, Vol. 1Live at Sweet Basil, Vol. 1
(1992/07/16)
GIL EVANS & THE MONDAY NIGHT ORCHESTRA

商品詳細を見る


この日はBARにあった「考える人」の笑い特集を
読んでいた。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/25(土) 07:24:52|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上間綾乃さんのライブ@ブルースアレイ目黒

8/12
夏休みの2日目

夕方からライブが始まるので
その前に
渋谷の東急東横店
渋谷大古本市へ行ってみる。

初めて行ったが規模も大きく
お客さんも多数来ており、これは楽しい。
残念ながら見る時間も少なく
これというものが探せなかったが、いろいろな本を見るのは
楽しい。

その後、実家へのおみやげを買い、少し時間があったので
渋谷マークシティ裏のJBSへ

この前、アイスコーヒーを頼んだ時は
いかにも面倒くさそうだっので、この日はコーラ
相変わらず、マスターはなんだか怖いのだが
お店の雰囲気と音は素晴らしい。

結局2枚しか聞けなかったが、この日は
ジョンアーバクロンビー特集だったのか
次の2枚

Jack DejohnetteのNew Rags
http://ecmreviews.com/2011/01/24/new-rags/

Bobby HutchersonのUn Poco Loco
Un Pococ LocoUn Pococ Loco
(1999/03/23)
Bobby Hutcherson

商品詳細を見る


その後、目黒に移動し
沖縄出身の歌姫
上間 綾乃さんのライブを見る。
沖縄の民謡酒場でキャリアを積み
メジャーデビューされた彼女の歌は素晴らしかった。

沖縄という島が日本にあって本当に良かったなと
思いました。

ブルースアレイにいかれた方の感想ブログ
http://amou.blog.ocn.ne.jp/seroniasu/2012/08/post_cae5.html

上間綾乃さんの公式サイト
http://columbia.jp/uemaayano/

テーマ:WORLD MUSIC - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/16(木) 09:16:44|
  2. LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

神田ROOT DOWNで60年代くらい

8/10

仕事を早めにきりあげ、
妻と神田で待ち合わせ、食事を探す。
ぶらぶらと、日本橋方面へ歩いて行くと
CUL DE SACというリーズナブルなフレンチ ワイン食堂を見つける
普段は混んでいそうな店だが、夏休み前か
予約なしではいれた。
コースは前菜+メイン+デザート+パンで
1人前2500円
ワインはグラスで600円
食後のコーヒーも入れても1人4000円くらいであった。

その後は神田駅そばの
ROOT DOWNへ
こちらも行った時はすいていた。

最初にかかったのは
Francy Boland Kenny ClarkeのBig Band作品
(ジャケ写真から検索してみたが探せなかった)

次は
The Bluesというレコードで
いろいろなアーティストのコンピレーション
これもどこかで見たことはあるような気がするが
詳しいことはわからなかった。
(演奏はBud Shankということはマスターに教えてもらった)

ソー・ソーリー・プリーズ +3ソー・ソーリー・プリーズ +3
(1998/09/21)
ロニー・マシューズ・トリオ、Ronnie Mathews 他

商品詳細を見る


次がドナルドバード
いいです
Off to the RacesOff to the Races
(2006/08/17)
Donald Byrd

商品詳細を見る


最後は
Tommy Flanaganでしたが
これもジャケだけでは検索できなかった

(なお、こちらでかかったのは全てLPでした)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/15(水) 18:38:58|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TERRE LONTANE/MICHEL GODARDを聞いた

8/6
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日は週替わりの
ワイン Cono Sur Reserva Chardonayを
飲む チリのワインですがなかなかおいしい
ビンテージがメニューには標記されていなかったのですが
マスター忙しそうで聞けなかった

最初は
マイケルゴダールというチューバ奏者の作品
チューバでJAZZというのも珍しい
TERRE LONTANETERRE LONTANE
(2009/07/07)
MICHEL GODARD - MAURIZIO ALIFFI - MARCO BIANCHI - NICCOLO FARACI - FRANCESCO D'AURIA

商品詳細を見る


次がジョンテイラーのピアノとベースのデュオ作品。
音が良いです。
PatiencePatience
(2011/07/12)
Stephane Kerecki & John Taylor

商品詳細を見る



次がグラントグリーン
こんな作品あったのですね ほんわかとしていて日曜の朝という感じ
サンディ・モーニンサンディ・モーニン
(2010/04/21)
グラント・グリーン

商品詳細を見る


次がリシャールガリアーノの
Laurita 僕はこの作品が好きでいっとき家で良くきいていたのですが
やはり良い
エルメートパスコアールの1曲目と
ピアソラのリベルタンゴが非常にかっこいい。
ミュージシャンも抜群に良く、特にヴァイオリンのディディエ ロックウッドが
素敵

(次のBOX作品がお得かな)
Laurita/Passatori/New York TangoLaurita/Passatori/New York Tango
(2010/07/27)
Richard Galliano

商品詳細を見る


最後はIGOR GEHENOT
先日も聞いたがこの日も面白く聞けた
なかなか面白いピアノ
http://www.igorgehenot.be/Home.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/12(日) 08:40:35|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stop Requested/Alex Terrierを聞いた

7/31

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日は、奥の席で4名のお客さんが盛大に
もりあがっていたので、カウンターには座らず、
リスニング専用席に陣どった。

よなよなエールとチーズのスティルトンを
頼み、JAZZへ集中

最初はアルボラントリオ
この作品も強烈に音がいい

MeltemiMeltemi
(2007/05/07)
Alboran Trio

商品詳細を見る


次がPhronesisの新譜
聞くの2度目ですが、最先端ピアノジャズですね
かっこいい。
Walking DarkWalking Dark
(2012/04/17)
Phronesis

商品詳細を見る


次がジャコのビッグバンド
バースデイコンサートなのでハッピーバースデイがはいっているのだが、
これは昔、ブルーノート東京とかでお客さんの誕生日を祝うとき
使われていた。
(もちろん ジャズ喫茶では その部分はかけない)

Birthday ConcertBirthday Concert
(2007/10/23)
Jaco Pastorius

商品詳細を見る


次はサックスの作品で
Alex Terrierという人と
George Garzoneの2ホーンの作品
2日前にも聞いたけど、これは良い作品

Stop RequestedStop Requested
(2009/04/09)
Alex Terrier

商品詳細を見る


最後がBooker Ervin
この人検索したら意外と多作の人で
たくさんの作品がヒットした。
Woody Shawがトランペットではいっているのが
聞きどころか、いい作品
Tex Book TenorTex Book Tenor
(2005/10/04)
Booker Ervin

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/05(日) 07:19:27|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FORWARD/TORQUE TRIOを聞いた

7/29
日曜日にめずらしくいつもの
JAZZ BARへ
最初はアイスコーヒーを飲んで、
次に週替わりの赤ワイン
Este 2008 Bodegas Alto Almanzora
ふつうでした

最初にかかっていたのはMarilyn Mazur Jan Garbarekのデュオ作品
録音的には すごい音、かなりシリアスな音楽
マスターお気に入りで良く聞く
録音が良いので、ジャズ喫茶の空間では映える。
Elixir (Ocrd)Elixir (Ocrd)
(2008/04/15)
Marilyn Mazur Jan Garbarek

商品詳細を見る


次がTORQUEという新しい感じのピアノトリオ
僕の好きなTrichotomyとも少し感じがにているが
新しい感覚 また聴きたい
ForwardForward
(2011/06/09)
Torque

商品詳細を見る


彼らのホームページで演奏が聞ける。
かっこいい。
http://torquetrio.com/

次が好きな
Tore Burnborgというノルウェーの
サックス奏者の作品 TID
彼のサックスは
どの作品も素晴らしい。
http://www.discogs.com/Tore-Brunborg-Bugge-Wesseltoft-Anders-Jormin-Jon-Christensen-Tid/release/3017036

次もサックスの作品で
Alex Terrierという人と
George Garzoneの2ホーンの作品

Alex Terrierがバークレーで勉強しているときに
先生であるGeorge Garzoneに参加してもらって、アルバムを作ったということらしい。
なかなかすごい作品

Stop RequestedStop Requested
(2009/04/09)
Alex Terrier

商品詳細を見る


次もIGOR GEHENOT
という新しい人のピアノトリオ
なんか新しい人がどんどん出てきて
面白い
http://www.igorgehenot.be/Home.html

次がスペインのピアニスト
Iñaki Sandovalのピアノトリオ作品
何度聞いても良いが、やはりメロディラインが美しく
しっくりくるのだなと思った
USAQUENUSAQUEN
(2009/04/01)
Inaki Sandoval

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/04(土) 07:38:49|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LONDON BY NIGHT/NATHAN DAVISを聞いた

7/23

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日は、週替わりのワイン
Bourgone Blanc 2009 Caves de lugny
とチーズ コント デ モンターニュを食べた。


最初にかかっていたのはHans Kollerというピアニストの作品
何回か聞いて、なんとなくなじんできた。カタイタッチのピアノ
Wild RosesWild Roses
(2005/04/25)
Hans Koller

商品詳細を見る


次がDave LiebmanのLookout Farm
ジャズの本などを見ると彼の代表作として
あげられていることが多いですが、なかなか良い作品。
ECM系のジャズ
Lookout FarmLookout Farm
(2005/01/26)
Dave Liebman

商品詳細を見る


次がピアノトリオ
ピアニストはデイブ バークマン
初めにかかった曲がビルエバンス風だったので
エバンスのアルバムかと思った。
Mike Richmondのベースがいい。
Dark StreetDark Street
(1995/03/06)
David Berkman、Eliot Zigmund 他

商品詳細を見る


次がジェフガードナーとゲイリーピーコックの
デュオ。音が少し良くなったので、面白く聞けた。
AlchemyAlchemy
(2007/12/18)
Jeff Gardner

商品詳細を見る


次がリシャールガリアーノと
ミシェルポルタルの作品
ジャケはあまりみたことがないので
検索してみたが見つからない。
コンサーツのジャケ違いかな。

最後はネイサン デイビス
2度目くらいにしてアルバムの良さがわかってきた。
ベースは、最近名前を認識しだした
ジミー ウッド(既に亡くなられているが)
やはりトランペットのダスコ ゴイコビッチが
いい味だしている
ロンドン・バイ・ナイト(紙ジャケット仕様)ロンドン・バイ・ナイト(紙ジャケット仕様)
(2009/11/20)
ネイサン・デイヴィス

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/04(土) 06:49:27|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。