JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

rompercicci(中野)でSteffan Abeleenを聞いた

9/22

この日は、朝用事があり家にいたが
午後から時間ができたので、またもや
中野のJAZZ CAFE ronpercicciへ

お店の詳しいことは、この前かいたブログでみてください
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-822.html

この日もまた ひよこ豆のカレーとアイスコーヒー
お客さんも、ぼちぼちはいっており、良かった

最初にかかっていたのはSteffan Abeleenの
Downstream (Pillips PY842 551) というLP
うわー全然知らないヨーロッパの作品
こういうの発掘しているとことがすごいと思いました

でも、ちゃんとフォローしている人もいるから
日本という国は本当にすごい
http://www.geocities.jp/mmlg888/StaffanAbeleen.html

次がカーメンマクレエのイギリス ロニースコットでのライブ
明るい感じ
Live at RonnieLive at Ronnie
(1994/11/23)
Carmen Mcrae

商品詳細を見る


次がELVIN JONES
TSはFrank Foster、有名なレコードだけどあまり聞いたことが
なかった。
Heavy SoundsHeavy Sounds
(1999/09/21)
Elvin Jones

商品詳細を見る


次がJUNIOR MANCEの
ライブ作品
At Village VanguardAt Village Vanguard
(1996/07/19)
Junior Mance

商品詳細を見る


この辺で、お店が混んで来たので、
出ることとしました。
(繁盛なのは、良いことです)

次に 新宿御苑のジャズ TWEETERに向かうと
あちゃー またしてもオープンしていない。
またもや遅刻されたようです。
(本当は14:00営業開始なのだが....)



スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/23(日) 08:29:18|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eberhard WeberのLater That Eveningを聞いた

9/18
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
のどがかわいたので、よなよなエールを
飲んだ

最初にかかっていたのはEberhard Weberの1982年の作品
メンバーがいいですね
1982年頃のBill Friselのギター最高
Later That EveningLater That Evening
(1987/01/01)
Eberhard Weber

商品詳細を見る


次がオリバーネルソン、いつものことだが家にあるCDなのだが
ここで聞くと全然別物。久しぶりに聞いていい作品だとあらてめて思った
(ちょっと堅いが)
Blues & The Abstract Truth (Reis) (Rstr)Blues & The Abstract Truth (Reis) (Rstr)
(2007/10/09)
Oliver Nelson、George Barrow 他

商品詳細を見る


次が、アルボラントリオ 音質がはんぱなく良い。
Near GaleNear Gale
(2008/03/31)
Alboran Trio

商品詳細を見る


次がヨアヒムキューンのピアノソロ
マスター普段はあまりかけない作品をかけてくれる。
DynamicsDynamics
(1994/10/11)
Joachim Kuhn

商品詳細を見る


次がマルク デュクレ
この頃のマルクデュクレのギターはとても好きだ
なかなかすごい中古プライスがついているが、再発されたら買いですね
Le KodoLe Kodo
(1996/11/19)
Marc Ducret

商品詳細を見る


最後にStefan Orins Trio
最近のヨーロッパ若手ピアノ トリオというところだろうか
もう少し聞きこんでみないとわからないです。

StatStat
(2010/10/26)
Stefan Orins Trio

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/22(土) 19:33:18|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Joona Toivanen TrioのFrostを聞いた

9/10

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
本日の週替わりワインは,先週と同じ
Hermitage Domaine Santa Duc2009
チーズは新しいのがはいっていて
Merle rouge affine aux Listracという
ブルーチーズを食べた

最初にかかっていたのは
イタリア シチリア出身のDARIO CARNOVALE
これまた信頼のALBORE レーベルから
このCDは、良いですね。

イグジット・フォー・スリーイグジット・フォー・スリー
(2010/12/15)
Dario Carnovale Trio

商品詳細を見る


http://alborejazz.blog126.fc2.com/blog-entry-55.html


次がWoody ShawのBOXから
stepping stoneのボーナストラックをかけてもらう(先週と少し曲は変えてもらう)。
Complete Columbia Albums CollectionComplete Columbia Albums Collection
(2011/10/25)
Woody Shaw

商品詳細を見る


次がPRYSM
ロザリオジュリアーニ(AS)が3曲で参加
マヌコジャ(g)が2曲参加
こちらの作品はリヨンでのライブとのこと。かっこいいです。
FiveFive
(2011/03/28)
Prysm

商品詳細を見る


次が渋いピアノトリオ
大変良かった
FrostFrost
(2006/03/17)
Joona Toivanen

商品詳細を見る



次にベニーウォレスの古い作品をかけてくれた。
うーあまり印象に残っていない
Free WillFree Will
(2008/07/01)
Bennie Wallace

商品詳細を見る


IVAN PADUART/Live
この録音は非常に素晴らしかったです

トリオ・ライヴ(紙ジャケット仕様)トリオ・ライヴ(紙ジャケット仕様)
(2004/12/15)
イヴァン・パドゥア

商品詳細を見る


次がスティーヴ・フィッシュウィックのカルテット
現代的なハードバップ作品

TOO MUCH!(+1)TOO MUCH!(+1)
(2008/10/10)
スティーヴ・フィッシュウィック・クインテット オシアン・ロバーツ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/17(月) 18:53:55|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Wolfgang HaffnerのShapesを聞く

9/3
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
本日の週替わりワインは
Hermitage Domaine Santa Duc2009
まずまずの赤ワイン

Thelonious Monkの
以下の作品のジャケット違いのLPがかかっていた
(もちろんそんなことは僕にはわからず、
 マスターが教えてくれたのですが)
5 By Monk By 55 By Monk By 5
(1989/02/23)
Thelonious Monk

商品詳細を見る


次がWoody ShawのBOXから
stepping stoneのボーナストラックをかけてもらう。
オナージアレンガムスのピアノがPOPでいいんですね
Complete Columbia Albums CollectionComplete Columbia Albums Collection
(2011/10/25)
Woody Shaw

商品詳細を見る


次がラルフ・タウナー、ウォルフガング・ムースピール、スラバ・グレゴリアン(Slava Grigoryan)
の3人のギター奏者による作品 いい作品です
From a DreamFrom a Dream
(2009/02/06)
MGT

商品詳細を見る


次がもう何回か聞いたこの作品
酔いがまわっていると、このフューチャージャズは
はまる
ShapesShapes
(2006/01/01)
Wolfgang Haffner

商品詳細を見る


最後は、他のお客さんのアートブレーキー何かかけてというリクエスト
により、以下の作品(ジャズ喫茶における モーニン リクエスト率は
かなり高いと僕は見ているのだが、この日は、タイトル指定なし)
スリー・ブラインド・マイススリー・ブラインド・マイス
(2011/04/20)
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/16(日) 07:33:14|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jerry BergonziのSigned Byを聞きました

8/30

この日も仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日の週替わりワインは
スペインのRioja Bordon Crianzia 2007
という赤ワイン まずまず

ビレリーラグーンアンサンブルというのが
かかっていた
http://tower.jp/item/93292/Live

次がラースダニエルソン
素晴らしい音楽、僕の家にもCDがある
ポーランドのピアニストLezek Molderが素晴らしい
Tarantella (Dig)Tarantella (Dig)
(2009/04/14)
Lars Danielsson

商品詳細を見る


次がタルファーロウともう1人のギタリストでの
ギターデュオ ベテラン うまい2人
タルファーロウは90年代まで活躍していたのですね

Standards RecitalStandards Recital
(2006/03/20)
Tal Farlow & Phillipe Petit

商品詳細を見る


次がジョンテイラーのピアノとベースのデュオ作品。
音が良いです。
PatiencePatience
(2011/07/12)
Stephane Kerecki & John Taylor


商品詳細を見る



次がJerry BergonziとJoachim Kühnの1991年録音作品
いい組み合わせですね



最後にKenny wheeler、Claudio Fassoli、Daniel Humair, JF Jenny Clark
Soul Noteレベール作品(1987年リリース)
強力なメンツですね


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/16(日) 07:01:08|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Alfio OriglioのRicordoを聞く

8/26

この日もいつものBARへ
(書くのが遅くなってしまいました)
この日はニュージーランドのワイン
One Tree Marlbrough Sauvignon Blanc
まあまあの白ワイン

かかったCDは最近よく聞いているCDが多かった
(ということで、コメントは最近の過去のブログ参照)

Stop RequestedStop Requested
(2009/04/09)
Alex Terrier

商品詳細を見る


Night in CopenhagenNight in Copenhagen
(1993/02/09)
Charles Lloyd

商品詳細を見る


Alfio Origlio
このCDはとても良い(後日購入しました)

RicordoRicordo
(2004/01/01)
Alfio Origlio

商品詳細を見る


SunbirdSunbird

Gordon Beck

商品詳細を見る


SvengaliSvengali
(2003/11/24)
Gil Evans

商品詳細を見る


次がレッドミッチェルとデュオ作品
レッドミッチェルのリビングルームで録音、この録音は非常に良い
The Red Barron DuoThe Red Barron Duo
(1994/12/14)
Red Mitchell、Kenny Barron 他

商品詳細を見る


PRYSM ON TOURが
次にかかったのだが、これも良かった




最後がハンクモブレー
音が抜群に良い。
いいなあ1958年のバードランド。最高にかっこいい。
マンディ・ナイト・アット・バードランドマンディ・ナイト・アット・バードランド
(2010/12/22)
ハンク・モブレー&リー・モーガン

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/15(土) 19:50:40|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Aydin EsenなどのCD購入

最近購入したCD

AMAZONにて
Aydin EsenAydin Esen
(2007/05/08)
AYDIN ESEN、PETER HERBERT 他

商品詳細を見る


AMAZON MARKET PLACEにて海外からお取り寄せ
このBOX SETは素晴らしかった
Complete Columbia Albums CollectionComplete Columbia Albums Collection
(2011/10/25)
Woody Shaw

商品詳細を見る


近所のB・OFFで
エリック宮城 若干フュージョンライク
PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson-PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson-
(2008/05/21)
エリック・ミヤシロ

商品詳細を見る


A TRIBUTE TO JIMMY WOODE
この滋味なCDは、AMAZONではみつからなかった

http://ventoazul.shop-pro.jp/?pid=5852906

JAZZではないがチェン ミンさんの二胡 素晴らしい
MOON-月亮心-MOON-月亮心-
(2004/05/26)
チェン・ミン

商品詳細を見る


ハンククロフォード ソウルフルなリラックスした良い作品
PortraitPortrait
(1991/08/02)
Hank Crawford

商品詳細を見る


池袋D UNIONにて
素晴らしい作品
The Rose~I Love Cinemas~The Rose~I Love Cinemas~
(2008/03/05)
手嶌葵

商品詳細を見る


LARS JANSSONのライブ作品
At EaseAt Ease
(2002/10/30)
ラーシュ・ヤンソン

商品詳細を見る


ROBERTO GATTO
TrapsTraps
(2007/05/18)
Roberto Gatto

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/15(土) 08:47:21|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京JAZZ2012(9/9)

9/9

東京JAZZの最終日
僕はまず丸ビル1階のマルキューブの
DEPAPEPEから見た

なぜか今年は周辺イベントは
ビートルズジャズと名うたれており
オーダーリンと
レディマドンナを演奏された
その他はオリジナル
ギターの音色すばらしく大変に良かった
(本人たちもジャズではないが、
 ジャズは懐が広いので、僕らの音楽もジャズに
 いれてもらおうなどと言っておられた)

DEPAPEPEを見た後は
東京国際フォーラム地上広場へ
既に、イス席は無理でしたので、
17:00からのライブ
Steven Rossitto
は数分立って見て、
(この時、JAZZ評論家の小川隆夫さんに遭遇)
 http://blog.excite.co.jp/ogawatakao/18851506/

その次のイス席目指して、列に並んだ。
これは大正解で、音楽は聞けるし、
背もたれがあるので楽でした。

ずいぶん並んで、
ようやく入場
Pierrick Pédronというアルトサックス奏者の
ステージ、
これは良かった。セロニアスモンクの作品ばかりをやった

Round Midnight
Trinkle Tinkle
Ask Me Now
Ugly Beauty
Think Of One
We See

僕はThink Of Oneという曲が良かった

詳しいことはSuzuckさんのページ見てください
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/kubics-monk-pie.html

仙台の定禅寺ジャズストリートにも
でていたようです。行かれた方のブログ↓↓
http://tukinnotomp.blog107.fc2.com/blog-entry-505.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/09(日) 21:32:10|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京JAZZ2012(東京国際フォーラム)

9/8

中野から中央線で東京まででる
まだ少し時間があるので、丸善にある松丸本舗を見学
このコーナーは9月でなくなってしまうらしい
残念

松丸本舗を出た後は
東京国際フォーラムの地上広場で

BRUTT
YURI HONING ACOUSTIC QUARTET
JAGA JAZZBIST

という3組のライブを見た(無料)
昨年までは写真もとれたのだが、今年から撮影禁止

いずれの演奏も素晴らしかった
(難をいえば、この日、東京国際フォーラムのレストランで
 ウェディングをされている方がいて、その進行と
 ライブの時間がバッテイングしていたことか
 そんなことは事前に調整してほしかったなあ)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/09(日) 11:13:49|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

rompercicci(中野のジャズ喫茶)再訪

9/8

高円寺に用事があったので、
その前に中野で食事しようと
またもやrompercicciというJazz Cafeへ

東京都中野区新井1-30-6
1100-2300
休み 月曜
03-6454-0283
http://d.hatena.ne.jp/rompercicci/


先日、リサーチ済の
ひよこ豆のカレーとアイスコーヒーを
頼んだ(ランチタイム 840円です 申し訳ないくらいリーズナブル)。
ROMPERCICCIカレー

スピーカーのメーカーが先日は良くわからなかったが
小さなシールがスピーカーにはってあり、JBL C38 BARONというものだった。
なるほど、レンジ感は広くはないが、中域の音色が魅力的なのは
1960年代に作られた製品だからかと納得した。
JBL C38

ハイファイ堂で扱っているようです
http://www.hifido.co.jp/merumaga/040102/osu.html

先日はどこにあるかよくわからなかった本棚も発見し、
ジャズ本が多く並んでいるので、次回は是非、読ませてもらおう
と思った。

最初はスタンゲッツ
エディルイスのオルガンがフィーチャーされているので、
好みが別れる作品でしょう。
Dynasty (Dig)Dynasty (Dig)
(2009/01/27)
Stan Getz

商品詳細を見る


次がMichael Cochraneという人の1985年イタリア SOULNOTEリリース作品
やはりTom Harrellのトランペットが抜群にいいです
Michael Cochrane, Piano; Tom Harrell, Trumpet ; Bob Malach, Tenor Saxophone, Flute; Dennis Irwin, Bass; James Madison, Drums

ElementsElements
(2010/03/16)
Michael Cochrane Quintet

商品詳細を見る


次がソニークリスのビッグバンド作品
こんな作品もあったのだなと思った
Sonny's DreamSonny's Dream
(1992/04/07)
Sonny Criss

商品詳細を見る


最後にビルエバンスのライブアルバム1964年5月録音
1曲目のNardis聞いてお店を後にしました。
ラウンド・ミッドナイトラウンド・ミッドナイト
(2011/06/22)
ビル・エヴァンス・トリオ

商品詳細を見る


ROMPERCICCI1.jpg

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/09(日) 06:46:16|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋 BAR D2(テナーサックス専門ジャズバー)へ行く

9/7

会社の帰りに
新橋のBAR D2へ
ずっと前からその存在を知っていたのだが
この日 初めて訪問
新橋駅から、場所さえ知っていれば5分と
かからない便利な場所にある。

カウンター7席ということだったが、
既に2人組が2組はいっており、僕がはいって
ほぼ満席という感じ
この2人組はいずれも赤ワインを飲んでおり、
流石に僕は1本は飲めないので、ビールとする。

2人組は、それぞれ話に夢中で
マスターは、ジャズが好きなのか とか
誰が好きか とか
リクエストはあるかとか話しかけてくれた

最初にかかっていたのは、僕も好きなJerry Bergonziだが
あたらしめのもっていない作品

Sonic ShapesSonic Shapes
(2011/10/27)
Carl Winther Quartet

商品詳細を見る


次が僕がSteve Grossmanで何かかけて
いうリクエストにマスターがかけてくれた作品
HaitiHaiti
()
Simon Goubert

商品詳細を見る


僕は、このあたりでビールをもう1杯注文し、
カウンターにあったマカダミアナッツを注文
これは特殊な器具でわって食べるのだが、
要領を得るまで少し大変。まあ、覚えれば
なんてことないが。

次は、サマータイムが聞きたいという他の
お客さんのリクエストでDave Liebman


次は、お客さんの他のジャズ喫茶でアランフェス協奏曲を
リクエストしたが、クラシックの曲だからかけてもらえなかったと
いうエピソードを聞いて、マスターがかけたDave Liebman


次も、SING SING SINGが聞きたいというお客さんの
リクエストにこたえて、マスターがかけたDave Liebman
(偶然にもDave Liebman3連発)

Beyond the LineBeyond the Line
(2003/09/23)
David Liebman

商品詳細を見る


僕は、このへんで
シャトリューズのソーダ割を注文

次にかかったのは
1974年とクレジットされていた
ELVIN JONESのリーダーアルバム
STEVE GROSSMAN参加だからかけてくれたのだろう。
(しかし、このCDはいろいろ検索してみたがみつからなかった)

最後に中年音楽狂さんのブログで
拝見したアルバムをリクエストしてかけてもらった。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2012/06/solomons-daught.html

しかし、これはすごいファラオサンダースであった
Solomons DaughterSolomons Daughter
(1994/05/03)
Franklin Kiermyer

商品詳細を見る


しかし、このお店は
ボーズの小さいスピーカーとオンキョーのCDレシバーでやっているのだそうだが、
えーというくらいに音が良い。
お店にあるCDは、ほとんどがテナーサックスがらみのCDだそうで、
このあたりの音楽が好きな人には、楽しいお店です。

僕は3杯飲んで、マカダミアナッツ食べて、しめて3500円
そんなに安くて良いのでしょうか という料金でした。

BAR D2

BAR D2 V2

マスターのブログも楽しい(更新があまりされないのだが)
http://blogs.yahoo.co.jp/bar_d2_jazz

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/08(土) 07:04:42|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ROMANCE MUSIC CAFE JUHA(西荻窪)へ

9/1

(続き)
中野のJAZZ Cafe Rompercicciを出て、
「60歳からの、JAZZ喫茶行脚」さんをまねて
むかいの文房具店 Tabi-Yaさんを覗いてみる。
僕も、輸入品のシールを買いたかったのだが、うまく探せなかった。

その後は、中野サンプラザ裏手の
DISK UNION 中野店へ。規模は小さいがJAZZもしっかりあった。
値段もこなれていたが、「これ」というのがなかったので何も買わず。

ここでお店を出ると、土砂降りの雨、中野ブロードウェイまで行き
庶民的なパン屋さんで、食パン購入

その後、総武線で、西荻窪のROMANCE MUSIC CAFE JUHAへ
BRUTUSの音楽特集の号で紹介されたときから、
来てみたいと思っていました。

BRUTUS (ブルータス) 2011年 11/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2011年 11/15号 [雑誌]
(2011/11/01)
気持ちいい音楽

商品詳細を見る


さすが、いろいろな雑誌で紹介されているのと
駅からのアクセスも便利なのでか、小さいお店はお客さんが結構はいっていました
(1人客2名、男女のカップル2組、僕、そして後から女性の2人づれ)

お店は、基本的には白い内装なのですが、片側の壁だけグリーンにしており、
アキカリウマスキの映画にでてくる雰囲気(by 他のお客さん)でした。
(なお、JUHA(邦題:白い花びら)はアキカリウマスキ監督のモノクロ・サイレント映画)

アイスコーヒーとガトーショコラのセット(900円)を
いただきました

JUHA.jpg

JUHA2.jpg


最初にかかっていたのはクラシックでしたが
その次はケニーバレル
Round MidnightRound Midnight
(1998/07/14)
Kenny Burrell

商品詳細を見る


その次がレッドガーランド
Nearness of YouNearness of You
(1999/02/02)
Red Garland

商品詳細を見る


こちらのお店も、全てLPでかかりました。
音を楽しむというよりは、内装や雰囲気を楽しむ店と感じました。

http://www.juha-coffee.com/index.html

【JUHA】 〒167-0053 東京都杉並区西荻南2-25-4
TEL/03-5344-9701

その後は、古本屋さんの盛林堂によって
JAZZ関係の古本を購入し、帰りました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/02(日) 08:03:07|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rompercicci(中野)Jazz Cafeへ行きました

9/1

9月の最初の休日
都内 音楽CAFEめぐりとしました。

まずは中野へ
昼食をということで、ずっーと前から行きたいと思っていた
無国籍料理 カルマ へ

日替わりのカレー(この日はチキンカレー)
サラダもついて850円 おいしかった
カルマ

サラダ2
カレー2

食事を終えた後、よく見るブログ=60歳からのJAZZ喫茶行脚で
紹介されていた

RompercicciというJazz Cafeへ

東京都中野区新井1-30-6
1100-2300
休み 月曜
03-6454-0283
http://d.hatena.ne.jp/rompercicci/

おっとランチのメニューもあり
カレーもあるではないか
食事はすませて来てしまったので、アイスコーヒーを
頼んだ。

僕のへたな写真ではなかなか伝わらないが
映画「かもめ食堂」のようなおしゃれな雰囲気
JAZZ喫茶 BARとしても使えるし
CAFEのようにも使える なかなかいまどきなお店でした。

音楽もなかなか渋いところをLPでかけてました
スピーカーもメーカーは全くわからなかったが
なかなかいい音のスピーカーでした

スピーカー

ジャズ喫茶2

Jubilant PowerJubilant Power
(2009/02/24)
Ted Curson

商品詳細を見る


スェーデンのヴィブラフォン奏者とサックス奏者の
ライブアルバム 良い雰囲気です
Good Vibes at the Pawnshop: Jazz at the PawnshopGood Vibes at the Pawnshop: Jazz at the Pawnshop
(2000/05/23)
Lars Erstrand & Arne Domnérus

商品詳細を見る


最後はAL HAIGとJOHN EARDLEY
http://www.jazzmusicarchives.com/jon-eardley--stablemates-with-al-haig.aspx

旅はまだ続きます。

もともとは、こちたのツイッターが
元らしい。


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/09/01(土) 20:16:04|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。