JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Alfio Origlioのpasseggiataをを聞いた

11/12(月)

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
週替わりのワインは
Castano Hecula 2009 Monstral
であった 普通

かかっていたのは
クリフォードブラン スタディ イン ブラウン(名盤)
アル ハイグ    インヴィテーション(名盤)

この作品は結構おもしろいので好き
パッセジャータパッセジャータ
(2008/12/03)
アルフィオ・オリリオ

商品詳細を見る


HopeHope
(2010/01/05)
Lars Jansson

商品詳細を見る


フラビオ・ボルトロ Jazz Italiano2009
これはいいですが、一般にはなかなか買えないでしょう

最後はポルトガルのピアノトリオらしい
EspacoEspaco
(2007/08/29)
Mario Laginha Trio

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/24(土) 19:22:14|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ART LANDEのRubisa Patrolを聞いた

11/11(日)

ROMPER.jpg

日曜日にいつもの中野 Rompercciへ
食べたのはいつものひよこ豆のカレーとコーヒーの
セット

聞いたのは全てLPで

Rubisa PatrolRubisa Patrol
(1990/06/01)
Art Lande

商品詳細を見る


Tribute to SomeoneTribute to Someone
(1999/03/05)
Giorgio Azzolini

商品詳細を見る


Benny Goodman in Moscow 1962Benny Goodman in Moscow 1962
(2007/04/14)
Benny Goodman

商品詳細を見る


ムーズムーズ
(2009/09/16)
ザ・スリー・サウンズ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/24(土) 19:03:18|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Arlid Andersen/Green Shading Into Blueを聞いた

11/6
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日の週替わりワインは
Farnese 2010 Sangiovese
まあまあおいしいので検索してみたら、至極
リーズナブルな値段です
http://item.rakuten.co.jp/toscana/10010549/

さて音楽のほうは
Wolfgang Haffnerのライブ作品が最初にかかっていた
若干フューチャージャズ的
Hubert Nussのピアノもいい感じです。
(彼自身のリーダー作品よりもいい感じがする)
Acoustic ShapesAcoustic Shapes
(2008/03/25)
Wolfgang Haffner

商品詳細を見る


次がEric Legniniという人のピアノトリオ
1991年にマイナーレーベルから発売されたもので
2000年代にジャケをかえて再発もされている
Natural BalanceNatural Balance
(2005/03/03)
Eric Legnini

商品詳細を見る


次がラーシュヤンソン
マスターに、彼のライブにいったという話をしたので
かけてくれたのだと思う。
sometimeのライブで、1曲スタンダードを演奏したのだが、その時は曲名が
わからなかったが、このアルバムにはいっているLong Ago And Far Away
であることが判明。
The Time We HaveThe Time We Have
(1997/12/20)
Lars Jansson Trio

商品詳細を見る


その後は
Marc Ducret
Chareles Loydのコペンハーゲンのライブ
Prysm On tour
とつづき

最後にArlid Andersenの Green Shading Into Blueを聞いた
やはりラーシュヤンソン参加だったので、ひっぱりだして来てくれたのだと思う
若い時のラーシュヤンソンのピアノもなかなか良かった
http://www.arildandersen.com/1978/07/green-shading-into-blue-1978/

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/11(日) 07:49:50|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

DARIO CARNOVALE他購入

11/4
ライブの前に
吉祥寺D UNIONで以下3枚購入

イタリア シチリア出身のDARIO CARNOVALE
イグジット・フォー・スリーイグジット・フォー・スリー
(2010/12/15)
Dario Carnovale Trio

商品詳細を見る


ジムベアード
RevolutionsRevolutions
(2009/05/05)
Jim Beard

商品詳細を見る


オールウェイズオールウェイズ
(2010/09/15)
ニューヨーク・トリオ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/10(土) 10:26:21|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZ CAFE ronpercicci(中野)へ

11/4

吉祥寺でのライブの前に
中野のJAZZ CAFE ronpercicciへ

お店の詳しいことは、この前かいたブログでみてください
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-822.html

妻を連れていきたいと
思っていたのだ。

お店はまあまあの混雑。繁盛なにより。
この日は、僕はコーヒーとチーズケーキ
妻はチャイとガトーショコラにした。

かかっていたのは
マッコイタイナー フライ ウィズ ウィンド

次はめずらしいレコード なかなかハッピーなピアノ
ライブ!ライブ!
(2008/02/27)
菅野邦彦

商品詳細を見る


最後は
マイルス・デイビス ウィー ウォント マイルス

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/10(土) 09:56:00|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーシュヤンソン@SOMETIME(吉祥寺)

11/4(日)Sometime(@吉祥寺)
1ST 19:50-20:40
2ND 21:45-22:45
LARS JANSSON, Thomas Fonnesbaek, Paul Svanberg

11/4は
待ちに待ったラーシュヤンソンのライブを見に
吉祥寺へ妻と行きました。

何しろ6月くらいに予約をしたので、スケジュール帳には書いたが
なんとなく行くのわすれてしまうのではないか
と気が気ではなかった。

会場に着くと、入口では当日のお客さんが少し待っておられ
僕らは会場の中へ。

Sometimeは、予約順に席が決められ、ある程度希望も
受け入れてもらえるのだが、僕が予約した段階では、
ピアノの手元が見える特等席は予約されており、僕らの席は
ピアノの前の席だった。

僕はハイネケンを頼み、妻はモスコミュール
つまみに、野菜スティックのバーニャカウダをとる。
これは安くておいしいので、おすすめだ。

開演時間が近くなると、席もほぼうまり、満席状態だ。
入口でまっていた当日のお客さんも、適当に空いている席に
案内され、ライブがスタート。

ラーシュヤンソンさんのピアノは、CDでも良く聞いていたので
きれいなピアノだというのがわかっていたが、想像以上に
ダイナミックであり、早弾きなどもすごかった。
いい意味で、のりのりであり、ファーストステージは
あっという間に終わった。

今回のトリオは最新のCDのレコーディングメンバーであり、
レギュラートリオとしての息もピッタリであった。

ベースの人もテクニックは抜群であり、
ドラムスは、ラーシュヤンソンさんの息子さんということ
だったが、なかなかうまかった。

なお、ベースは借り物ということであり、
「毎日違うベースで演奏しているが、今日のベースが
一番良い。なぜなら後ろにレイ・ブラウンのサインがあるから」
と冗談をいっておられた。

途中の休憩で、サインをしてくれるということだったので
僕は、家から持ってきたライブ盤にサインをもらい、握手してもらった。
普通、会場で買った新しいCDじゃなきやだめとか、うるさいこと言われる場合も
あるが、この日は大丈夫だった。

セカンドも素晴らしく、
特にアンコール1曲目は、これでもかというくらいに
ガンガンにピアノを連打、早弾きされており、音楽のカタルシス
(久々に、心の中でヤッホーと言った)を感じました。
アンコール2曲目は一転して、静かな心にしみわたる
曲を演奏された。

僕がライブで聞いて来たピアニストの中では、
ナンバー1の感動ライブだったように思います。

(11/10 横浜のドルフィーで追加公演あり。是非どうぞ)

CDのブックレットにもらったサイン(一番下のほう)↓↓
ラーシュヤンソン2

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/10(土) 08:33:39|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インターナショナルオーディオショー

11/3

ひとりで東京国際フォーラムの
インターナショナルオーディオショーへ

最初はフューレンコーディネイトの
ブースで15:00からの藤岡誠先生の講演を
聞こうとおもっていったら、前の先生が講演中で
サントラのパリテキサス(LPで)をかけていた。
ものすごくいい音で鳴っていた。
(僕の自宅にもパリテキサスのCDがあったので
 かけてみたら、なかなかいい音でした。)

その後、藤岡誠先生登場
この日は、オーディオ機器の話やら
業界の話やらで、大変に面白い話だった。
五輪 真弓をLPでかけたのが印象に残った。

PIEGAのMASTER ONE
MSTER1.jpg

次はロッキーインターナショナルで
和田博巳先生の講演を聞いた。
(例年 ピーターバラカン氏との対談トークが面白いのだが
 今年は金曜日しか 対談がなかった)

いろいろとオーディオ的なまじめソース
(Vince Mendoza、サムクックなど)

かけたのだが、やはり
マイルス デイビスのプラグドニッケルのライブでの
客の盛大なおしゃべりの音を聞かせたのが面白かった。

オーディオショーに行くと、純粋にいい音楽の音というよりは、
ジャズクラブのライブでの、後ろでカチャカチャなる
グラスの音のリアルさとか、そういったものを
面白く聞かせることが多い。
つまり、そういう音が面白く聞けるのは、超高級な
オーディオシステムだからこそというところなのだろう。
FOCAL.jpg



最後はナスペックの部屋で
Joseph Audioのスピーカーが聞けた。
サイモンとガーファンクルが素敵に鳴っていた。

JOSEPH.jpg

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/10(土) 07:18:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bojan ZことBojan Zulfikarpasic

10/22

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日の週替わりワインは
Chateau Haut Pougnan 2009
普通の味でした

この日かかったのは

Clifford Jordan meets Klaus Weiss
Tingval Trio/Vagen
Adam MacorwitzとGeorge MratzのDuo
John Coltrane/Lush Life

MasqualeroのODINレーベル1983年の作品、なかなか良い
才人たちの若き奇蹟か
MasqualeroMasqualero
()
Masqualero With Nils Petter..

商品詳細を見る


Arther BlytheとDavid Murrayの2ホーン作品
ピアノレスなので硬派な感じ
Special Edition: Touchstones Series (Dig)Special Edition: Touchstones Series (Dig)
(2008/08/26)
Jack De Johnette

商品詳細を見る


Bojan ZことBojan Zulfikarpasic の1999年の作品
ワールドミュージックとしてとらえれば
大変に面白い作品
Koreni (3eme Album)Koreni (3eme Album)
(2009/02/17)
Bojan Z

商品詳細を見る


そしてこの日は
最後にジョバンニ ミラバッシの
アーキテクチャーを聞いてお店を後にしました

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/10(土) 06:37:09|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

INAKI SANDOVALのMiracielosを聞いた

10/15
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
週替わりのワインは
ASSISI ROSSO 2009 SPORTOLETTI
あまり印象に残っていない

最初はジョンゾーンが珍しくLPでかかっていた。
極めて真っ当なソニクラーク集、聞いていて楽しい。
VoodooVoodoo
(1997/06/24)
Sonny Clark Memorial Quartet

商品詳細を見る


次が好きなピアニストINAKI SANDOVALの作品
メロディーが美しい 
MIRACIELOSMIRACIELOS
(2011/04/13)
INAKI SANDOVAL、EDDIE GOMEZ 他

商品詳細を見る


次がコルトレーン
フランスでのライブ作品
のっていました。
THE COMPLETE CONCERTSTHE COMPLETE CONCERTS
(2009/04/07)
JOHN COLTRANE QUARTET

商品詳細を見る


次は、Marco Bardoscia というベーシストの
Openingという作品、先日も聞きましたが 録音も
なかなか良く 魅力的な作品
Gianluca Petrella trombone
Raffaele Casarano sax
Alberto Parmegiani guitar
Dario Congedo drums

http://www.jazzos.com/0JE_detail0.php?prod=JE8004

その後はタイトルだけご紹介
Marty Paichの踊り子
Michael Naura
Hank Mobley Peckin Time
John Abercrombie Current Events

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/04(日) 13:00:08|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOSSA AOYAMA 2012

10/28(日)

青山で開催されていたBOSSA AOYAMA 2012という
イベントに妻と出かけました。

しらなかったのですが
このイベントは青山祭りというイベントの一環で
行われたということで、
「きゃりーぱみゅぱみゅ」参加のハロウィンパレードなども
あったようです。

僕らは、13時過ぎ青山に着き、KAFFIR LIMEというタイ料理店
で昼食を食べて、

スパイラルレコードで
伊藤ゴローさんのソロギターを聞いて
菊地成孔さんと伊藤ゴローさんのボサノバに関するトークを聞きました。

その後、
どのライブを見るか悩んだあげく、
オラクル スカイロビーで行われた
Silvio Anastacio&Gustavo Anacleto
のライブを見ました。

夕食は、青山通りのラーメン 一風堂に併設されている
蕎麦COMBOで、風変わりなそば を食べ、
最後は、原宿教会で
Naomi&goroのライブを見ました。

きれいな教会で聞く、シンプルなギターと声は
心にしみました。

外に出れば、さきほどまで降っていた雨も
あがり、軽やかな気分で家路へ

テーマ:WORLD MUSIC - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/04(日) 12:40:24|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。