JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JAZZ TWEETERでBlue Cityを聞いた

7/27
ロンパーチッチの後は、
新宿に移動して
Jazz TWEETER
にいきました

先客が1名あり、ボーカルものをかけていました

その後、マスターが気に入っているという以下の作品を
かけてもらいました。確かに音が良いです
ブルー・シティ[Blu-spec CD]ブルー・シティ[Blu-spec CD]
(2013/06/05)
鈴木勲カルテット+1

商品詳細を見る


もう1人のお客さんも帰られたので、
僕の持ち込みをかけてもらいました 
ブルーストラックブルーストラック
(1998/05/20)
日野皓正

商品詳細を見る


これにはいっているsweet love of mineが
Blue Cityにもはいっているので面白いかと
思って、しかしマスターは録音が今一だという
評価でした

その後は、買い出しをして帰宅
家のそばで、どしゃ降りの夕立
走って家に帰りました
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/29(月) 22:09:35|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sam Mostのmostly flutesを聞いた

7/27
この日も中野ロンパーチッチへ
ひよこまめのカレーとアイスコーヒー

最初にかかっていたのは
チェットベイカー 渋い

She Was Too Good to MeShe Was Too Good to Me
(2010/10/07)
Chet Baker

商品詳細を見る


Daniel Humairのリーダー作
http://www.discogs.com/Daniel-Humair-Jim-McNeely-Mike-Richmond-East-Side-West-Dide/release/2860089

Dave Liebmanのpendulum
あーこんなの聴きたかったという作品がかかった
http://www.discogs.com/David-Liebman-Quintet-Pendulum/release/2046057

次がサムモスト
このアルバムは意外と良い
Mostly FluteMostly Flute
(1995/12/12)
Sam Most、Du Jordan 他

商品詳細を見る


最後はチャールスミンガス
The Black Saint & The Sinner LadyThe Black Saint & The Sinner Lady
(1995/11/07)
Charles Mingus

商品詳細を見る


この日の夕方は、凄い猛烈な夕立
隅田川花火大会も途中で中止となりました

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/29(月) 22:00:45|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZ喫茶 YURI(名古屋)

7/21
前日から始まった名古屋JAZZ行脚もこの日で終わり
ちなみに、名古屋で泊まったのは
R&Bホテル名古屋栄東というビジネスホテル
禁煙ルームで空いているのはそこしかなかったから
というのが選んだ理由であるが、清潔で良いホテルでした
朝食のパンもおいしかった

さあ名古屋2日目、JAZZ系のお店は12時以降オープンなので、
あれこれ考えたが特に行きたいところはなかった

もう少し計画的に考えていれば豊田市の美術館でやっている
フランシス・ベーコン展を見に行けたかもしれなかった

結局、10時にホテルをチェックアウトして
BOOK OFFで本を見ることにした
都会の大きな店舗は、いい本がある場合が多いが
数冊収穫がありました

12時も近づいてきたので、地下道を歩いて
TV塔そばのJAZZ喫茶 YURIへ
12時になってもお店が開かない
開くのを待っているお客さんもちらほらといた
暑いので、地下道に戻って、何回か様子を見るも開かない
結局オープンは12:15くらいでした
しかし、僕の前に先客が5,6名、僕の後にも4、5名いたので
オープンから10名程度が入場
YURI 外観2
Yuri speaker2


アイスティーと評判のチキンライスを注文
音楽のほうはJAZZが、がんがんとかかっており、
普通のJAZZ喫茶なのですが、お客さんのほうもがんがんと
話をしたり、お子さん連れがいたりと、まあ自由な感じ

しかし、お客さんが来るは来るは、ほどなくして満員と
なりました

少し待つと、チキンライス登場
こんなにおいしいチキンライス初めて食べました
なんか不思議なくらいにおいしいチキンライス

他のお客さんの中には、飲み物を頼まず、
チキンライスだけ食べて、すぐ出ていった人もいました

YURIチキンライス2



ということで、あまりに昼は混んでいるので、
JAZZをゆっくり聞きたいという場合は、別の時間帯に
したほうが良いでしょう。

かかったのはLPで
次のMr Wilson&Mr Gershwin

Then They Wrote / Mr Wilson & Mr GershwinThen They Wrote / Mr Wilson & Mr Gershwin
(2001/02/27)
Teddy Wilson

商品詳細を見る


1枚よくわからないLP(お店の中が混んでいてLPをみにいけなかった)がかかった後レッドノーボ

Red in New YorkRed in New York
(2002/02/19)
Red Norvo

商品詳細を見る


http://avenger.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/02/yuri_c156.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/27(土) 07:30:07|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAZZ茶房 靑猫(名古屋・藤が丘)

7/20
DAYSの後は、地下鉄東山線で藤が丘駅まで行き、駅から歩いて5分くらいの、JAZZ茶房 靑猫へ

偶然にもFACE BOOKで月光茶房のマスターが紹介していて行きたくなったのでした。
(FACE BOOKはアカウントがないと見れないと思います)
https://www.facebook.com/harada.masao.7/posts/406739156111282

お店に着いたのは20:20頃で、運よくまだカウンター席は
まだ開いていました。
aoneko kanban


ビールとステーキ丼を頼み、お店を見渡すと、まずは
壁1面のCDに圧倒されます。
(上の方に積んである文学全集にも驚きますが)
aoneko cd
aoneko steakdon


リクエストもできるというので、CDを見に行き、
リクエストするCDを決めました。

ビールを飲みながら、音を聴いていると
スペーシーで解像度が高い音です。
こういう音で音楽を流しているというお店も
めずらしく個性的だと思いました。

お店は結構広いので、
カウンター席、音楽とは少し離れたテーブル席、
音楽が聞こえる少し大きめのテーブル席、スピーカーの前の
リスニング専用席と自分の好みの席が選択できます。

僕は、食事の後にウィスキーを飲み、
その後、リスニング専用席に移動し、アイスコーヒーを
飲みました。


aoneko speaker

お洒落な店で、自分が若ければ、彼女とのデートに
使うだろうなと思いました。

お店でかかったのは次の作品
僕のリクエストのトルド・グスタフゼンも良かったですが
意外にもドンフリードマンのサークルワルツが
非常にオーディオにマッチしていて良かったです。

Native Sense: New DuetsNative Sense: New Duets
(1997/10/14)
Chick Corea

商品詳細を見る


Restored Returned (Ocrd)Restored Returned (Ocrd)
(2009/12/17)
Tord Gustavsen

商品詳細を見る



サークル・ワルツサークル・ワルツ
(2012/10/10)
ドン・フリードマン

商品詳細を見る


NeighbourhoodNeighbourhood
(2005/10/06)
Neighbourhood

商品詳細を見る


http://avenger.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/05/jazz_f426.html

http://www.geocities.jp/sjtsunoda/jazzshop/aoneko.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/24(水) 22:47:44|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAYS(名古屋・本山)へ

7/20
コッツフィールドを出たあと、犬山駅まで歩くという暴挙
あまりに暑く、熱中症になるかと思いましたが、
なんとか犬山にたどり着きました。
途中、清水屋という老舗スーパーで
妻へのお土産を購入
とりあえず頼まれていたものは購入できたので良かった。

名鉄で名古屋まで戻り、地下鉄東山線で本山まで
駅から歩いて5分程度のJAZZ喫茶DAYSへ
days.jpg


土曜日の6時30分という中途半端な時間であったが
先客1名 とりあえずアイスコーヒーを頼む

お店は小ぶりで2人がけのテーブル席が5つと
カウンター席が3席くらいだろうか
入り口にレコード棚があり、背ラベルを見て
リクエストもできる。
スピーカーはヴァイタボックス
鳴らすのが難しいといわれるスピーカーですが
いい音でなっていました。

days speaker


最初にかかっていたのは
MAURICE MEUNIER, LOUIS STEWART, MICHEL GAUDRY paris dublin
http://www.cdandlp.com/item/3/0-240203-0-1-0/115816841/maurice-meunier-louis-stewart-michel-gaudry-paris-dublin.html

次は僕がレコード棚を見て探した作品
このLPがあるのはかなりうれしかった
http://www.cdandlp.com/item/3/0-2407-0-1-0/2973227724/lou-levy-lou-levy-the-hymn-.html

次がチェットベイカー
いいです
No ProblemNo Problem
(1985/07/25)
Chet Baker

商品詳細を見る


僕がlou levyをリクエストしたので,こんなのもあるよということで
かけてくれました
http://www.cdandlp.com/item/3/0-1101-0-1-0/2961951039/lou-levy-the-kid's-got-ears.html

最後はTotti Bergh また聞いたことないレコードでした
http://www.audiofreaks.co.uk/boutique/product/totti_bergh_quintet_-_major_blues_lp-228/

DAYSは、JAZZが好きな人が間違いなく楽しめる店です

http://avenger.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/12/days_789f.html

http://ameblo.jp/noh1184/theme-10047199606.html

http://blogs.yahoo.co.jp/izumibun/35900742.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/23(火) 21:48:11|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コッツフィールド(愛知県犬山市)へ

7/20
久しぶりの1人旅で名古屋へ
まず目指すは季刊アナログで紹介されていた
犬山のコッツフィールドへ
名古屋駅から名鉄で行くのだけれど、どの線にのればいいのかよくわからず、結局駅員さんに聞く。「きづようすい」に行きたいのだけど、というと、あ、「こづようすい」ですね といわれる。
結局教えてもらった電車に乗り遅れ、各停で適当に行くも、その電車は手前の駅どまりの電車で、のりついでなんとか木津用水へ
駅からはGoogle mapでスムーズに行けました。

コッツフィールド

お店に着いたのは3時くらいで、ランチは無理かと思ったが、
食べ物はいつでも大丈夫のようでした。

ということでカルボナーラとアイスコーヒーの
セットで千円
いずれもおいしかったです。特にアイスコーヒーは
コーヒーでできた氷に熱いコーヒーを自分でいれるタイプ

カルボナーラ
アイスコーヒー


肝心のジャズはというとボリュームはごくごく控えめで、
BGM程度にかかっていました(中野ジニアス程度のボリューム)。
すぴーかー

ソースはPCに落とした音源なのか曲ごとに
アーティストがかわりました。
何をかけているかは、僕の席からはわからず、
shazamというアプリで判明したのは以下のような曲でした。

HAMMER TIMEHAMMER TIME
(2009/03/07)
TARDO HAMMER

商品詳細を見る


すてきなロマンスすてきなロマンス
(2010/09/15)
エディ・ヒギンズ・トリオ

商品詳細を見る


空間が広く気持ち良いので、
地域のカフェとして賑わっているようです。

http://tabelog.com/aichi/A2303/A230301/23036952/

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/21(日) 21:24:10|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gerd Dudek/Smatterを聞いた

7/15
三連休の最終日
いつものジャズバーへ
ノンアルコールのモヒートと
よなよなエール
モヒートは新メニューでしたがおいしかった

最初はよく知らないサックス奏者
少しフリー寄りだけどいいです
SmatterSmatter
(2002/05/13)
Gerd Dudek

商品詳細を見る


2枚目はハンプトンホーズ
ジムホールも加わる作品 音もいいしいい作品
All Night Session!All Night Session!
(2011/07/12)
Hampton Hawes

商品詳細を見る


次からは最近よくかかる作品が続いた

FRAMMENTIFRAMMENTI
(2010/03/05)
GIANNI VIRONE

商品詳細を見る


VirtuosoVirtuoso
(2010/04/22)
Joe Pass

商品詳細を見る


Martin QuartetMartin Quartet
(2002/03/01)
Karl-Martin Almqvist

商品詳細を見る




At Chester's Volume 1At Chester's Volume 1
(1994/01/31)
Eddie Thompson Trio、Spike Robinson 他

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/16(火) 20:17:09|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Clap Hands Here Comes Charlie/ Karl Drewoを聞いた

7/13
連休初日は中野ロンパーチッチへ
ひよこまめのカレーとアイスコーヒー

この日も素敵なラインナップ

Clap Hands Here Co [12 inch Analog]Clap Hands Here Co [12 inch Analog]
(2007/10/30)
Karl Drewo

商品詳細を見る


SoaringSoaring
(2008/11/27)
Don Ellis

商品詳細を見る


サラーム・サラームサラーム・サラーム
(2001/01/25)
本田竹廣

商品詳細を見る


J.R. MONTEROSE & HUGH BRODIE Bebop Loose & Live CADENCE JAZZ RECORDINGS

最後は少し変わったアルバム 風変わりな音楽
The OimelsThe Oimels
(2007/03/29)
Wolfgang -Quintet Dauner

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/16(火) 07:35:14|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Matias Algotsson/In Copenhagenを聞いた

7/7(日)
七夕の日もいつものJAZZ BAR
週替わりワインは
Alvarez de Toledo Roble 2008
スペインのワイン まずまず

最初は硬派なサックストリオ
FRAMMENTIFRAMMENTI
(2010/03/05)
GIANNI VIRONE

商品詳細を見る


次がピアノトリオ、前回聞いたときはポールモチアンのドラムが
今一と思ったが、この日は気にならなかった。
Dear SomeoneDear Someone
(2009/09/29)
Anders Christensen

商品詳細を見る


次がマークエムラー このCDはとてもいい作品
ステファングラッペリが1曲だけ参加しているのですがこれが
最高

Easy Does ItEasy Does It
(1996/05/29)
Marc Hemmeler

商品詳細を見る


次がピアノとベースのデュオ 音がいい作品

PatiencePatience
(2011/07/12)
Stephane Kerecki & John Taylor


商品詳細を見る


次が北欧のピアニストの作品
なかなかわかりやすい作品でいいです
イン・コペンハーゲンイン・コペンハーゲン
(2007/09/19)
マティアス・アルゴットソン・トリオ

商品詳細を見る


次は、Marco Bardoscia というベーシストの
Openingという作品、先日も聞きましたが 録音も
なかなか良く 魅力的な作品
Gianluca Petrella trombone
Raffaele Casarano sax
Alberto Parmegiani guitar
Dario Congedo drums

http://www.jazzos.com/0JE_detail0.php?prod=JE8004

次がタルファーロウとフィリップ プチの
ギターデュオ
Standards RecitalStandards Recital
(2006/03/20)
Tal Farlow & Phillipe Petit

商品詳細を見る


For Evans SakeFor Evans Sake
(1995/06/07)
Gordon Beck

商品詳細を見る


最後がウディショー

LAUSANNE 1977-SWISS RADIO DAYS JAZZLAUSANNE 1977-SWISS RADIO DAYS JAZZ
(2009/04/01)
LOUIS HAYES/WOODY SHAW

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/15(月) 23:21:25|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Andreas PetterssonのGetting Close to Youを聞いた

6/30
いつものジャズバー
週がわりワインは赤白とも飲んだものだったので
アイスコーヒーとよなよなエールにしました。

最初はリー・コニッツ
普通に良いです
Motion (Dig)Motion (Dig)
(2003/06/10)
Lee Konitz

商品詳細を見る


次がマイケルゴダール
チューバでのJazzというのが面白い
聞くのは2回目くらいですが音が良く、ギターが魅力的でした
TERRE LONTANETERRE LONTANE
(2009/07/07)
MICHEL GODARD - MAURIZIO ALIFFI - MARCO BIANCHI - NICCOLO FARACI - FRANCESCO D'AURIA

商品詳細を見る


次がPrysm フレッシュなピアノトリオ作品
Second RhythmSecond Rhythm
(1999/06/08)
Prysm

商品詳細を見る


次がサックストリオ 良いです
FRAMMENTIFRAMMENTI
(2010/03/05)
GIANNI VIRONE

商品詳細を見る


スェーデンのギタリストの作品
マッズ ビンディングのベース
エド シグペンのドラム と結構いいメンバー
ピアノはよく知らない人 
シダーウォルトンのボリビアがとても良かった
このCDは大変素晴らしい
エド シグペンのドラムがいいです
Getting Close to YouGetting Close to You
(2008/11/03)
Andreas Pettersson

商品詳細を見る


フランスのピアニストの作品
ドラムがジャックディジョネットと
ベースがアイラコールマンと組合せが面白い
オッド・アンド・ブルー(紙ジャケット仕様)オッド・アンド・ブルー(紙ジャケット仕様)
(2004/12/15)
ローラン・ド・ウィルデ

商品詳細を見る


次がチェットベイカー 沁みます
リッチーバイラーク作曲のLeavingがとてもいい
Strollin'Strollin'
(1990/06/30)
Chet Baker

商品詳細を見る


最後は アルトサックスのロザリオ・ジュリアーニが
かっこいい ピアノがエンリコピラヌンティ
音も素晴らしい

Rosario Giuliani/Jazzitaliano Live2007

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/02(火) 21:29:06|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4 to Go / アンドレプレビンを聞いた

6/29
天気予報がはずれて意外に天気な土曜日
僕は中野のロンパーチッチで
ひよこ豆のカレーとコーヒー

最初にかかったのはアンドレプレビンの
4 to go
Amazonの登録はこのカップリングしかないようです
4 to Go / Light Fantastic4 to Go / Light Fantastic
(1998/03/17)
Andre Previn

商品詳細を見る


次がアートブレーキー
いいです
Jazz MessengersJazz Messengers
(2008/02/01)
Art Blakey

商品詳細を見る


次がジョージアダムス
検索していて思いましたが、彼は結構多くの作品を残しています
僕はドン プーレンがピアノを弾いている諸作がよいかな

モア・サイティングス(紙ジャケット仕様)モア・サイティングス(紙ジャケット仕様)
(2006/11/01)
ジョージ・アダムス

商品詳細を見る



次がカウントベイシー
マスター結構ビッグバンドお好きなのだと思います
Basic BasieBasic Basie
(1990/10/25)
Count Basie

商品詳細を見る


僕はこの日は
雑誌フィガロを見ていた
エストニア、ラトビアとかの特集
いつからこれらの国が北欧になったのだろう

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/01(月) 20:28:18|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。