JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ralph Towner、Wolfgang Muthspiel、Slava Grigoryan のTravel Guide

9/24(火)
仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
喉が渇いたので、よなよなエール
(しかし、この後、お店が混んでいたりして、
 追加のオーダーをするタイミングを逸してしまった。)

最初にかかっていたのは
Chet Baker デュークジョーダンがピアノの
ワンホーンカルテット 理想的なセッテイングです
No ProblemNo Problem
(1985/07/25)
Chet Baker

商品詳細を見る


次が、僕がリクエストしてMike NockのECM作品
硬質なタッチと透明な雰囲気 素晴らしい
OndasOndas
(2001/02/27)
Mike Nock

商品詳細を見る


次がRoberto di Giola
あらためてメンバー見るとかなり
すごい。録音も秀逸ですし、いいです。
AbracadabraAbracadabra
(2007/05/01)
Roberto Di Gioia

商品詳細を見る


次がRalph Towner、Wolfgang Muthspiel、Slava Grigoryan
の新譜、こんなのでていたのか知らなかった。素晴らしい。

Travel GuideTravel Guide
(2013/09/19)
Towner、Muthspiel 他

商品詳細を見る


次の記事にFROM A DREAMという作品が出てくるが、それ以来のリリースかな
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-1149.html


次がジェフガードナーとゲイリーピーコックの
デュオ。録音もいいし、楽しく聞けました。
AlchemyAlchemy
(2007/12/18)
Jeff Gardner

商品詳細を見る


最後は、
Dave LiebmanのLive at MCG
1995年の録音とのこと
http://blogs.yahoo.co.jp/bar_d2_jazz/40831441.html
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/28(土) 19:04:42|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイレゾ試聴会@ビックカメラ 川崎ラソーナ

9/22(日)
川崎ラソーナ ビックカメラで行われた
e onkyoハイレゾ試聴会に行きました
講師は麻倉玲士 先生

システムは
KorgのDACと
Audio Gate

あらかじめpcに落としたデータを
聞くという趣向

オーディオ側は
デノンの高いプリメインと
B&W804D

9/21時点のe onkyoのダウンロード
ベスト10を聞くというもの

10位 ジルデコ5 48k 24bit wav
9位 カラヤン ドボルザーク 新世界 96k 24bit flac
8位 寺久保エレナ ブルキナ DSD2.8
7位 ビル エバンス ワルツ フォー デビィ 192k 24bit wav
6位 イーグルス ホテル カルフォルニア 192k 24bit flac
5位 ポールモーリア 192k 24bit wav
4位 夏川りみ 涙そうそう アップコンバート 96k 24bit
3位 サイトウキネン ブラームス交響曲1番 192k 24bit wav
2位 サイトウキネン ベートーベン交響曲9番 192k 24bit wav
1位 キロロ ベストフレンド  アップコンバート 96k 24bit flac

メモが不完全で間違いがあるかもしれませんが
大体上記のような感じでした。

印象に残ったのは、寺久保エレナさん
DSDの音を体感できて良かったです。
後は、サイトウキネンのベートーベン これは2003年にCDが出ていて、僕も持っているのですが、この音はCDでは、でないなと思いました。

ベスト10の後は
おまけで石原裕次郎、フランク永井、シュールプラッテンの音源、
e onkyoではない音源でプレスリー、ビリー・ジョエルなどを聞きました。
そろそろPCオーディオ始めなくてはと思いました。

テーマ:AV機器情報 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/09/24(火) 20:36:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

cholet kanzig papauxのConnexを聞いた

9/19(木)
いつものジャズバーへ
週がわりのワインは
Inzola Feudo Arancha 2012
おいしい白でした

Cashe Blueというチーズをおつまみにとる

最初はAlexis Tcholakian の Masquerades
クリスチャン ジェイコブの弟子らしい
スタンダード中心のこの作品は なかなか良い
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1088806

次が
IVAN PADUART/Live
録音抜群
楽曲もリリカルで良いです

トリオ・ライヴ(紙ジャケット仕様)トリオ・ライヴ(紙ジャケット仕様)
(2004/12/15)
イヴァン・パドゥア

商品詳細を見る


次がART PEPPER
インテンシティ+2インテンシティ+2
(2013/02/13)
アート・ペッパー

商品詳細を見る


次がcholet kanzig papaux
前作よりも地味な印象 少しききこまないとわからない。
ConnexConnex
(2011/11/10)
Cholet Kanzig Papaux -Tri

商品詳細を見る



次がヨアヒム キューン
ダイナミックで好きなトリオ作品
Live: Theatre De La Ville - Paris 1989Live: Theatre De La Ville - Paris 1989
(1994/10/11)
Joachim Kuhn

商品詳細を見る


最後は、Peter Herbolzheimerという人の
BIG BAND作品 おもしろい作品です
http://www.discogs.com/Peter-Herbolzheimer-All-Star-Big-Band-Jazz-Gala-Concert-79/release/3553280

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/23(月) 19:51:02|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Jerry Bergonziを聞く@新橋 BAR D2

9/21(土)
横浜でのコンサートの後は、
中華街へ。

たまには変わった店に行こうということで
TVでも紹介されていた店に行きました。
(その前の週に妻は友人と中華街で食事していて、
 いつも行く店には、行ったのでした。)
大変リーズナブルで、料理もおいしかったのですが、
お客さんは、あまりはいっていなかった。
人気の店は非常に混んでいて、その他は、あまり人が
はいっていないという状況なのでしょうか。

さて、お腹もいっぱいになって、時間も早かったので
新橋のBAR D2へ

土曜日は不定休ということで、営業されていたり、いなかったりと
いうことでしたが、この日は営業されていました。
(前に聞いたときは、土曜日はそんなに遅くまで営業していない
 ということでしたので、早目に行きました)

妻はラフロイグを飲み、僕はシャトリューズのソーダ割り
中華街でビールを飲んだので、僕は軽めのものが飲みたかったのです。

最初にかけていただいたのは、ジャンニ・バッソ
SWISS RADIO DAYSは シリーズもののようですが
評判通り録音が良いので楽しめます。
SWISS RADIO DAYS JAZZ LIVE TRIO CONCERT SERIES, VOL.24SWISS RADIO DAYS JAZZ LIVE TRIO CONCERT SERIES, VOL.24
(2011/04/06)
GIANNI BASSO、GUY LAFITTE 他

商品詳細を見る


次がジェリーバーガンジ
これはスタンダード中心で実に楽しいアルバム
Standards Band IIStandards Band II
(2000/05/30)
Dave Santoro

商品詳細を見る


ここで、TORE BOURNBORGをリクエストしたのだけれど
マスターはあいにくLPしか持っていないとのことでした。

そこでヤンガルバレクをリクエストすると、マスターが
数枚持ってきてくれました。僕は、メンバーを見て
このアルバムを選択しました。

1970年録音のアルバムは、
後年の彼の演奏の萌芽を感じさせますが、基本はフリージャズでした。
Afric PepperbirdAfric Pepperbird
(1994/10/25)
Jan Garbarek

商品詳細を見る


このアルバムをたっぷり聞いて、家路へ。

やはり、お酒を飲むことも、ジャズを聞くことも、リラックスして
楽しみたいだけですから、BAR D2は、いいお店です。
テナーサックスが好きなら、なおさらです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/23(月) 07:29:07|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本名徹次指揮のベトナム国立交響楽団@横浜みなとみらいホール

9/21(土)
15:00-17:00
みなとみらいホール

本名徹次(指揮)
児玉桃(ピアノ)
ベトナム国立交響楽団

武満徹:弦楽のためのレクイエム
グエン・ティエン・ダオ:ピアノ協奏曲「コンチェルトヴィーヴォ」(世界初演)
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67

妻と、みなとみらいホールへ
僕は久しぶりです。

横浜クイーンズイーストにある
ゲウチャイでタイラーメンを食べてから
コンサートへ
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140103/14000377/

席は2階の正面で、少しステージからは遠いが
音のバランスは良かった。

最初に、日本とベトナムの国歌の演奏ということで、
起立して聞いた。

次が武満さんで、
その次が打楽器を多用した現代音楽の
ピアノ協奏曲

休憩をはさんで
ベートベンの交響曲第5番

この日の演奏は、ところどころ?という箇所は
少しあったものの、総じて良かった。
ベートベンの傑作といわれるだけのことはあります。

アンコールは
日本の「会津磐梯山」とベトナムの曲を
演奏

ベトナムと国交樹立40年記念ということで、WIKIPEDIA
読んでみると、ベトナムの南北統一は1976年で
その前の1973年に、日本とは国交が正常化されているようだ。
いつかは行ってみたい国のひとつです。

以下は、みなとみらいホールのホームページからの引用
-------------------------------------------------------------------------
音楽が繋ぐアジアの絆

人と人は音楽で繋がることができる、そう強く感じさせてくれるオーケストラです。
ベトナムのクラシック音楽界に多くの日本人が関わっていることをご存じでしょうか。
指揮者・本名徹次は2001年からベトナム国立交響楽団(VNSO)のミュージック・アドヴァイザー兼指揮者を務め、2009年に音楽監督兼首席指揮者に就任しました。彼の努力により、このオーケストラは飛躍的に演奏のレベルを上げています。
2010年に行われたハノイ建都1000年祭でのマーラー:千人の交響曲演奏では、本名をはじめ多くの日本人演奏家、日本人スタッフが協力し、戦争に終始したこの国に音楽の花を咲かせ、日本とベトナムの友好関係に大きな貢献を果たしています。
日本ベトナム友好年(日本ベトナム外交関係樹立40周年)および横浜・ハノイパートナー都市を記念し、両国の架け橋となる本公演。
武満徹の代表作に始まり、メシアンの弟子でもある気鋭のベトナム人作曲家・ダオのコンチェルトを児玉桃を迎えて世界初演、メインはベートーヴェンの5番と多彩です。着実にレベルを上げるVNSOの「今」を聴くのにこれ以上ない選曲と言えるでしょう。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/22(日) 19:23:29|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京JAZZ 再び

9/8(日)
昨日に引き続き
東京JAZZへ
妻も横浜まででかけるというので
一緒に東京駅まで出てきた

東京駅から少し歩いて東京国際フォーラムへ
13:00のステージにまにあいました。

MiKa Beyond Jazz
有坂美香(vo)、 鳥山雄司(g)、 大儀見元(per)、 鳥越啓介(b)
有坂さんと鳥山さんを中心にしたグループ
ラテンぽいところも取り入れたということで
曲もバラエティーにとんだ
ワルツ フォー デビィ
セントトーマス
テイクファイブ
アフロブルー
ドナ リーなどなど

ライブ見終わり、昼食をということで、
ガード下の「玉菊」というお店でカツカレー、
通常600円のところ500円にサービスされていた。
なかなかおいしかった(昨日と同じ!)。
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13045311/

14:30から次のステージ
レイ ヤマダ
Ray Yamada(vo)、 成川 正憲(g)、 板谷 直樹(b)、 永田 ジョージ(p)、 横田 寛之(sax)、 高尾 俊行(ds)

レイ ヤマダさんのステージは、ボサノバ、ジャズ、オリジナルといった
演目
マシュケナダと りんご追分が良かった
バックのメンバーは若手中心でしょうが、うまかった。


そして15:45からの次のステージを見て僕は観戦終了
エレファント 9 + レイネ・フィスケ (ノルウェー)
ストーレ・ストーレッケン(p)、 ニコライ・ハングシュレ・アイテットセン(eb,ag)、 トーシュタイン・ロフトフース(ds)、 レイネ・フィスケ(eg,ag)

ジャズというよりは、プログレ、
演奏もうまく迫力はありましたが、僕の好みではありませんでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/08(日) 17:21:12|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上間綾乃さん見て、東京JAZZ

9/7(土)
夏の終わりか、秋のはじめか、服装に迷う時期ですが
この日は、無料のライブをたくさん見た日でした

まずは
大宮のアルシェで上間綾乃さんのインストアライブを
12:00から30分見る
新しいCDをリリースしたから、それにあわせた
プロモーション。
歌は相変わらずうまい。
次回は、じっくりとライブで聞きたいと思いました。

それから、東京まで移動して
東京国際フォーラムで東京JAZZを見ました

とりあえず、昼食をということで、
ガード下の「玉菊」というお店でカツカレー、
通常600円のところ500円にサービスされていた。
なかなかおいしかった。
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13045311/

昼食後
14:00からライブ観戦スタート
ダニ・アンド・ デボラ・グルジェル・ クアルテート (ブラジル)
ダニ・グルジェル(vo)、 デボラ・グルジェル(p)、 チアゴ・ハベーロ(ds)、 シヂエル・ヴィエイラ(cb)

ブラジルらしくボサノバのJAZZ、ボーカルの人の声もさわやかで良かった。
バックの演奏も、JAZZとして聞いても本格的で、非常に良かった。
最後にエルメート・パスコアール(Hermeto Pascoal)の曲をやったのだけれど
非常に良かった

次が16:00からなので、しばし東京国際フォーラムの中の
ベンチで休憩

16:00から次のグループ
ピョートル・ダマシェヴィッチ/ ゲラルド・レビック (ポーランド)
ピョートル・ダマシェヴィッチ(tp)、 ゲラルド・レビック(electronics,sax)

ポーランドのアニメにあわせて、音楽をやるという趣向でしたが、
演奏としては現代音楽的、前衛的で、トランペットはまだしも、
ゲラルド・レビックさんのPCがノイズミュージックで、聞いていて
苦しくなる。ということで半分くらい聞いたところで、次のライブの順番に並ぶ。

17:00から次のグループ
マルチン・マセツキ – ポロネーゼ (ポーランド)
マルチン・マセツキ(p)、 ユーレック・ロギェヴィッチ(cl)、 フィリップ・マズール(cl)、 ミハウ・ゴルチニスキ(sax)、 ピオトル・ムルーズ(sax)、 バルトッシュ・スモラギェヴィッチ (ds)、 ミハウ・フェトレル(tb)、 ミハウ・トマシュチュック(tb)、 ピオトル・ヴルベール(tp)、 マウリッツ ・イジコスキ(tp)

次がマルチン・マセツキという人がひきいる一風変わったBIG BAND
音楽はクレズマー風のものを、すごい緻密なアンサンブルでやるという
洒落のきいたもの。このバンドも最初数曲はあまりにアンサンブルが緻密で
聞いていて息苦しさを感じたが、3曲目くらいから曲調なのか、なんなのか面白く
聞けました。
マルチン・マセツキは、指揮に徹していて、たまにピアノを弾く程度でしたが、
ピアノはうまい感じでしたので、次回は是非、普通の編成のコンテンポラリーな
曲を聞きたいと思いました。

その次は19:00スタートということでしたので、
ここでライブ観戦はきりあげ、
KITTEの御影高杉というお店でケーキをおみやげに買って
帰りました。評判通りの非常においしいケーキで、
妻も喜んでいました。
ちなみに買ったのはガトーオランジェ(オレンジたっぷりのケーキ)
とランバサドゥール(コーヒー風味のケーキ)でした。
http://www.mikage-takasugi.com/index.html

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/08(日) 07:27:05|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Roberto Caonを聞いた

9/1(日)
いつものジャズバーへ
ノンアルコールモヒートと
よなよなエール

最初にかかっていたのは
Dave LiebmanのLive at MCG
1995年の録音とのこと
http://blogs.yahoo.co.jp/bar_d2_jazz/40831441.html

次がHampton Hawes
何回か聞きましたが、この作品はいいです。
All Night Session!All Night Session!
(2011/07/12)
Hampton Hawes

商品詳細を見る


次はRoberto Caon
ピアノがStefano Battaglia
静的な感じが冴える、聞き応えのある作品
http://www.hmv.co.jp/artist_Roberto-Caon-Marco-Carlesso-Stefano-Battaglia_000000000534609/

次はケニーホイラー
Window in the WindowWindow in the Window
(1991/07/01)
Kenny Wheeler

商品詳細を見る


次がフランスのピアニスト
Laurent de Wildeのトリオ作品
オッド・アンド・ブルー(紙ジャケット仕様)オッド・アンド・ブルー(紙ジャケット仕様)
(2004/12/15)
ローラン・ド・ウィルデ

商品詳細を見る


次がLorenzo Tucci
ピアノがClaudio Filippini
コルトレーンの曲を中心にしたもの。いい作品です。
TranetyTranety
(2011/04/27)
ロレンツォ・トゥッチ

商品詳細を見る


次が先日なくなったシダーウォルトンの代表作
これはやはり色あせない名盤
Eastern RebellionEastern Rebellion
(2000/01/01)
Cedar Walton

商品詳細を見る


最後はトリオセンス
過去の作品もよかったが、この作品は
素晴らしい。買いたいです。

ターニング・ポインツターニング・ポインツ
(2013/04/17)
トリオセンス

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/02(月) 21:35:55|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

John ScofieldのLive(中野ロンパーチッチ)

8/31(土)
夏が帰ってきてしまった暑い日に中野のロンパーチッチへ
この日はDUのサマーセール最終日ということで、開店から3時間
全店でタイムセールを行っていたため、新宿DU JAZZ館でCDを
見てしまったため、ランチタイム終了の
20分前くらいにようやくお店に着いた。

この日はチーズクリームのペンネと
アイスコーヒー、おいしかった

チーズクリームペンネP1020064


最初にかかっていたのはジョンスコフィールドのLIVE
僕も初期のジョンスコフィールドは好きなので、少し持っているが
この作品はいいです。
LiveLive
(1994/02/22)
John Scofield

商品詳細を見る


次は、アートブレイキーの作品
ウィントン マルサリスがキレキレで良い。
ロンパーチッチにあったのは、面白い
ジャケットのLPでした
Album of the YearAlbum of the Year
(2000/01/01)
Art Blakey

商品詳細を見る


次がJ.R. Monteroseの
is alive in amsterdam
amazonでは取り扱いがないようなので、
BAR D2さんが紹介しているので、そのリンクを貼っておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/bar_d2_jazz/41454846.html

次がHank MobleyのBLUE NOTEの後のほうの作品でしょう。
普通でとても良いです。
ア・スライス・オブ・ザ・トップア・スライス・オブ・ザ・トップ
(2012/07/25)
ハンク・モブレー

商品詳細を見る


次がスペインのピアニストTete Montoliuのソロ作品
CDもちゃんと出ているのですね
Boston Concert 1Boston Concert 1
(2003/01/01)
Tete Montoliu

商品詳細を見る


最後がTina Brooks
メンバーも最高で、実にいい作品です
バック・トゥ・ザ・トラックスバック・トゥ・ザ・トラックス
(2009/09/16)
ティナ・ブルックス

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/01(日) 09:22:57|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。