JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Martial SolalのSolal!@中野ロンパーチッチ

12/28(日)
仕事も、忘年会も、年賀状も終わり、自由の身に。
さて、中野のロンパーチッチに行かねば。
新井薬師の商店街は、日曜日ということで休みもモードだ。
好きなパン屋さんも休みだ。

ロンパーチッチでは、トマトクリームのペンネとコーヒー
この前の日はお客さん少な目ということだったが、この日は盛況でした。

最初はチコ・フリーマンのSpirit Sensitive
サド・ジョーンズのA Child is Born
はいい曲と思いながら聞く。
Spirit SensitiveSpirit Sensitive
(1994/09/05)
Chico Freeman

商品詳細を見る


次がシェリーマン。彼が経営していたクラブでのライブ
悪いはずがない。60年代にタイムスリップ。
Complete Live at the Manne-HoleComplete Live at the Manne-Hole
(2011/12/20)
Shelly Manne & His Men

商品詳細を見る


次がカウントベイシー
Vol 1と2があるが、どっちを聞いたのかわからなくなってしまった。
ちょっと他と比べてどうとはいえないので、詳しい人のブログをご参照ください。
http://www.geocities.jp/count_basie_fan_site/discography/count_on_the_coast2.html
Count on the Coast 1Count on the Coast 1
(2000/06/24)
Count Basie

商品詳細を見る


Vol. 2-Count on the CoastVol. 2-Count on the Coast
(2011/04/05)
Count Basie

商品詳細を見る


次がMartial SolalのSolal!
ビルエバンスのプロデュースで有名なオリンキープニュースがプロデュース
ダニエル・ユーメルがドラムたたいている
マーシャルソラールさんの若い頃は、割とオーソドックスな
JAZZをやっていたのだなと思った。LPで是非聞くべし。
http://www.discogs.com/Martial-Solal-Trio-Solal/release/4354371

お店も順調に混んできたので、以上4枚で終了
鏡餅を商店街で買って帰りました。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/30(月) 19:14:08|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランコ・アンブロゼッティのMOVIES@中野ロンパーチッチ

12/21(土)
芝居を見に行く妻と一緒に都心まで、でかけ僕は一人で中野のロンパーチッチへ
いつもはJRの中野駅から歩いていくのですが、この日は西武新宿線の新井薬師駅から歩いていきました。
マスターがよくブログに書いている青果かとう の場所も確認できてよかったです。

この日はトマトクリームのペンネとコーヒー、
お店があまり混まずゆっくりできたので、その後でラムチャイを追加しました。

さてかかったLPは、
前に別なアルバムを聞いたことがあるStaffan Abeleen
http://www.discogs.com/Staffan-Abeleen-Quintet-Persepolis/master/279121

次がブッカーアービン
TranceTrance
(1997/08/19)
Booker Ervin

商品詳細を見る


次がチャックマンジョーネ 普通にJAZZやっている
Alive!Alive!
(1990/10/17)
Chuck Mangione

商品詳細を見る


次がSteve Kuhn。少しボーカルがはいっている。
Raindrops (Steve Kuhn Live in New York) [Analog]Raindrops (Steve Kuhn Live in New York) [Analog]
(1975/01/01)
不明

商品詳細を見る


次がGeorge Russel(ジャケはちょっと違った)
Outer ViewOuter View
(1991/07/01)
George Russell

商品詳細を見る


次がトムスコット。トムスコットというとフュージョンぽい作品が多いと思っていたが、
初期のころはJAZZですね。
ルーラル・スティル・ライフルーラル・スティル・ライフ
(2010/02/24)
トム・スコット

商品詳細を見る


次はJef Gilsonというアーティスト。
アーティストの名前も初めて聞く人だ。
Jef GilsonJef Gilson
(2011/08/18)
JEF GILSON

商品詳細を見る


次がMJQ
シェリフシェリフ
(2012/05/23)
ザ・モダン・ジャズ・カルテット

商品詳細を見る


最後がフランコ・アンブロゼッティのMOVIES
僕もCDを所有しているがLPで聞くとさらに味わいがある。
まあCDで聞いてもそれなりに楽しいのではありますが。
(ハンコック作のChan's Songがいいです)
ムービーズムービーズ
(2010/01/27)
フランコ・アンブロゼッティ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/25(水) 22:12:46|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティル・ブレナー@Cafe104.5

12/21(土)
ティル・ブレナー@Cafe104.5
1st 19:00-19:50
2nd 20:30-21:10

メンバー
Till Brönner(flh)
Magnus Lindgren(ts)
Jasper Soffers(Fender Rhodes)
Christian von Kaphengst(el-b)
David Haynes(ds)

WATERASEというオフィスビルの横にあるCafe104.5
というところで、ティルブレナーさんのライブを妻とみてきました。

僕は、特に用事もなかったので、神保町近辺で、CDやスキーウェアを見てから、
ライブ会場まで行きました。妻は昼はお芝居を見るということで会場で待ち合わせ。

18:00くらいには会場について、妻もすぐに来て、2人で食事。
折角だからワインをボトルでとり、おつまみに3品とりました。
普段のメニューではなくて、ライブ開催用の特別メニューだったようです。

Cafeでのライブということで、僕はデュオか、せいぜいトリオくらいの編成でやるのかと
思っていたら、クインテット編成でびっくりでした。

僕らの席はドラムのすぐ横で、ドラムの迫力が伝わってきました。
Till Brönnerのトランペットが良いことはいうまでもないですが、Magnus Lindgrenという
人のサックスもなかなか良かった。
演目も、オリジナルとスタンダードがバランス良くやられていて良かった。

1st
Will of Nature
Cherokee
Blue Eyed Soul Medley
Just the way you are

2nd
Thermo(フレディハバート作曲)
オリジナル
フレディハバート作曲の曲

アンコール
Christmas Song(Fender RhodesとのDuo)

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/24(火) 21:27:49|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Thierry Lang来日

うわっー 遂にThierry Langが日本に来ます。
予約すべし。

Thierry Lang - Heiri Känzig - Andi Pupato Trio 
http://invs.exblog.jp/21484007/

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/23(月) 18:58:30|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JIM HALL

多くの方がすでに話題としてとりあげているが、ジム・ホール氏が12/10亡くなられた。
享年83歳。

そして多くのジャズファン、ジャズ喫茶などが弔意を示して、ジム・ホール氏のアルバムを
聞き直されている。







JUHAさんのTwitterの写真は
ジョンルイスのグランドエンカウターのジャケ裏面ですね



中年音楽狂さんのページ
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2013/12/jim-hall-6cc7.html

Suzuckさんのページ(My Secret Room)
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/jim-hall-2e16.html


僕も彼のリーダー作4枚、ビルエバンスとのデュオ作1枚、アートファマーとのデュオ作などを
所有しているが、それぞれに魅力的である。

常に、新しいアイデアをとりいれ、前進されてきたのだろう。晩年の作品でも驚くほど斬新なのだ。
僕も好きな次のアルバムを今日は聞いています。

SubsequentlySubsequently
(1992/04/28)
Jim Hall

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/13(金) 21:30:02|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Joe PassのIntercontinental@中野ロンパーチッチ

12/8(日)
天気はまあまあ良いが、若干肌寒いこの日、
僕は中野のロンパーチッチへ
チーズクリームのペンネとコーヒー
適度にお客さんはいっており、良かった。

最初にかかっていたのは、Bob Moverという人のアルバム
In The True Tradition (Xanadu)
Bob Mover – Alto, Soprano Saxphones
Rufus Reid – Bass
Bobby Ward – Drums

NIght Dance of the LIttle People
I Waited For You
Poinciana
Blues for Bobby Ward
Something To Live For
Evidence

知らない人でしたが、まだまだ現役でやっている人のようだ。
http://www.bobmover.com/wordpress/

次も知らないPat Brittという人の作品
このレコード買えるというのは流石です。内容もなかなか良い。
http://www.discogs.com/Pat-Britt-Starrsong/release/2597001

次がEberhard WeberのECM作品
1970年代ですが斬新
Charlie Marianoがヤンガルバレクみたいなサックスを吹いている。
驚きです。

Silent FeetSilent Feet
(1988/08/31)
Eberhard Weber

商品詳細を見る


最後がJoe Pass
なんとベースがEberhard Weber
ドラムがKenny Clark
これはいたって普通のギタートリオ
LPで聞くと雰囲気が出ます。 

インターコンチネンタルインターコンチネンタル
(2012/03/21)
ジョー・パス

商品詳細を見る


日曜日だけど、薬師あいロードの商店街のお店が営業していたのは、
8の日の縁日の関係だろうか、若干にぎやかでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/08(日) 17:24:01|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KORGの新製品のDACの試聴会@新宿東口 ビックロ

12/1(日)14:00-16:00

中野ロンパーチッチの後は、新宿東口のビックロで行われた
KORGの新製品のDACの試聴会
講師は麻倉怜士 先生とメーカーの方でした。

最初は、課題曲3曲の聞きくらべ。
課題曲は、ビリージョエルのピアノマン、
アートブレイキーのモーニン
モーツァルトのVN協奏曲(+ロッシーニ)

アンプ YAMAHA
スピーカー B&W804Diamond

最初に従来のKORG
DS DAC 10で聞いて
次に新製品のDS DAC 100m
DS DAC 100と聞き比べました。

DS DAC 100が値段的にも音がいいのですが、DS DAC 100mも
なかなか音が良いですので、お買い得だなと思いました。
(オーディオ機器に凝っている人には入出力系が弱いので、あまり使えない
 かもしれませんが)

その後はお楽しみ試聴会で
エルビスプレスリーのLOVE ME
ビートルズのAnd I Love Her
ポールマッカトニーのBand on the Run
オットマースイットナーのフィガロの結婚(シャールプラッテン)
シューベルト 死と乙女(弦楽4重奏)
戦場のメリークリスマス(オノセイゲンさんがDSD 5.6にしたもの)
OPUS3というレーベルの女性ボーカル
ベートーベン交2、カルメン
Dave BrubeckのTake Five

というラインナップでしたが
僕が一番感激したのは、戦場のメリークリスマスで、これは素晴らしかった。
DSD5.6で出たら是非入手したいと思いました。
(その前にDS DAC 100を買わなくてはいけないけど)





テーマ:AV機器情報 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/12/03(火) 20:44:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CrusadersのScratch@中野ロンパーチッチ

12/1(日)
日曜日のこの日、中野のロンパーチッチへ
トマトクリームペンネとコーヒー

最初にかかっていたのは、クルセイダーズのスクラッチ
なかなか好きなのですこのLP
ScratchScratch
(1997/02/25)
Crusaders

商品詳細を見る


次がブッカーアービン
ジャケは?な感じですが、中身はいいです。
TranceTrance
(1997/08/19)
Booker Ervin

商品詳細を見る


次がセシルマグビーがリーダーのアルバム
珍しい感じのアルバム ライブ作品
Music from the SourceMusic from the Source
(2004/09/07)
Cecil Mcbee

商品詳細を見る


最後は、ビッグバンドがバックのエラ。これはなかなか良かった。
Things Ain't What They Used to BeThings Ain't What They Used to Be
(2006/02/28)
Ella Fitzgerald

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/12/02(月) 21:29:11|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。