JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ben van GelderのFrame of Reference@中野ジャズ喫茶ロンパーチッチ

9/20
この日もいつものように中野のジャズ喫茶ロンパーチッチへ
夕食のメニューも決まっていたし、パンの買い出しもないし
自由な時間でした。

お店につくと、柳楽さんのJAZZ THE NEW CHAPTERの2が
ありましたので、それを読みながらこの日は過ごしました。

オーダーはチーズペンネと少し涼しかったのでホットのコーヒーに
しました。

最初にかかっていたのはBen van GelderのFrame of Reference
凄く新しいLPです。このお店では珍しいです。
http://www.benvangelder.com/store/

次が先日亡くなったKenny Wheelerを追悼してヌーハイ
Gnu High: Touchstones Series (Dig)Gnu High: Touchstones Series (Dig)
(2008/08/26)
Kenny Wheeler、Keith Jarrett 他

商品詳細を見る


次がHubert LawsでコルトレーンのMoment Notceでは
ありましたが、LPのジャケはどんなのだったか記憶が...CTIだったから以下でしょう。
In the Beginning (Cti Records 40th Anniversary EdiIn the Beginning (Cti Records 40th Anniversary Edi
(2011/06/14)
Hubert Laws

商品詳細を見る


最後に、
Boy Edgar Big Bandを聞いてお店を後にしました。
http://www.voxmusicweb.com/dtl9886-Boy-Edgar-Big-Band-Music-Was-His-Mistress.html

と思いましたが、実はもう1枚きいてました
ライヴ・アット・ザ・トライデントライヴ・アット・ザ・トライデント
(2014/09/24)
デニー・ザイトリン

商品詳細を見る

P1020819.jpg
P1020821.jpg
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/27(土) 09:11:03|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TERRI LYNE CARRINGTON featuring LIZZ WRIGHT @ブルーノート東京

9/14
TERRI LYNE CARRINGTON featuring LIZZ WRIGHT
@ブルーノート東京
2nd 19:00-20:20

Terri Lyne Carrington(ds)
Lizz Wright(vo)
Peter Martin(p,key)
Tia Fuller(sax)
Zack Brown(b)

JBSでジャズを聞いた後は、歩いてブルーノートまで
結構時間を要してしまい、開場の19:00の30分前になってしまいました。
受付を済ませ、ロビーで待つ。開場は少し早目でしたが、なかなかはいれなかった。
19:00過ぎに案内され会場へ。さすがにドラムのそばはいっぱいでしたが、
ピアノよりはまだ最前列があいていたので、そこへ。
本日のビールと野菜のスティック食べてステージを待ちました。

この日は、まわりではディナーコースを食べている人もたくさんいて
結構盛況でした。

ライブのほうは、最初にリズライトを除く4名でインスト曲を数曲やって、
途中でリズライトがはいり、アンコールでテリリンキャリントンとリズライトの
DUOでネイチャーボーイをやるというステージでした。

曲名は、テリリンキャリントンがネイティブな発音で紹介しましたが
とてもついていけなかったです。
ということで別な日ですが、原田さんのブログ参照
http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2014/09/14/terri-lyne-carrington-featuring-lizz-wright-blue-note-tokyo.html

この日とても驚いたのは、TERRI LYNE CARRINGTON featuring LIZZ WRIGHTということだけ聞いていたので
ピアノが誰だか知らなかったのです。しかし、演奏中、結構うまいピアノだと思っていたら、ピーター、マーティンと
テリリンキャリントンが紹介するではないですか。
ピーター・マーティンのCDは僕の愛聴盤で結構うれしかったです。

パラボラパラボラ
(2004/03/17)
ピーター・マーティン・トリオ

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/20(土) 19:31:40|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

George Benson In Concert at Carnegie Hall@渋谷ジャズ喫茶JBS

9/14

ライブが予想外に早く終わったので、渋谷に移動し、PARIYAでジェラートを食べる。
渋谷に行く用事がある度に寄ってしまう。本日は夫婦で食べたが、一人の時も良く食べている。

そしてJBSへ。妻はいったことがないというので、一度、連れてきたかったのです。
僕はコーラを注文し、妻は紅茶を注文したが、メニューにないとのこと。
妻も仕方なくコーラとした。
(妻に後で聞いたら、恐くて他にどんな飲み物があるのか聞けなかったとのこと。
 あっ、僕も全く同じ理由で、いつもコーラです。)

最初にかかっていたのは、ジョージベンソン。
In Concert at Carnegie HallIn Concert at Carnegie Hall
(2007/05/22)
George Benson

商品詳細を見る


次がロニーフォスターでしたが、ジョージベンソンDAYだったのですね。
チェシャ・キャットチェシャ・キャット
(2013/02/20)
ロニー・フォスター、ジョージ・ベンソン 他

商品詳細を見る


次がロニースミスでしたが、コルトレーンのインプレッションズやってて、ジョーロバーノがいいテナー吹いていました。
AfrodesiaAfrodesia
(2003/03/18)
Lonnie Smith & George Benson

商品詳細を見る

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/18(木) 20:58:41|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Thierry Lang Trio@新宿ピットイン

9/14
Thierry Lang Trio@新宿ピットイン
昼の部ワンセット14:30-16:00
Thierry Lang(P)Heiri Kanzig(B)Andi Pupato(Per)

先週に引き続き新宿ピットインでライブ
Thierry Lang Trioのライブは今年2度目。前回は2月の大雪の日でかなりライブに行くのに、根性がいりましたが、今回は秋晴れ、Thierry Lang Trioのメンバーの方も美しい日本が見れて良かったと思います。

今回は予約のアナウンスにすぐに気づいて予約いれたので、整理番号が1番と2番で、先週と同じ一番前の席を確保することができました。

14:30にライブがスタート。まずは、前回も一番最初に演奏したEllen David。この曲は、CDにもはいっていますが、非常に美しい佳曲で良かった。

次がセロニアスモンクのラウンドミッドナイト、意外性があっておもしろいとは思うし、アレンジもこってはいたが、何もThierry Langが演奏しなくても良いのではないかと思いました。

次がアルバムの曲に戻り
Wandering Words
Private Garden
Serenity
と美しい曲が続いた。

次がナポリの街の喧騒をイメージしたという
Napoli

そして、今回のツアーのために作曲したという
Moment time

そしてアルバムの曲に戻り、
Mother

ラストは
Simple Blues

おっと本日のライブはワンセットだったのか。ということでアンコールをあわてて求め、
WoundsとSummer Timeを演奏された。

今回のライブも素晴らしかった。Heiri Kanzigは、ベテランであり、プレイもしなやか。好きなベーシストです。Andi PupatoのPercは独創的でありイマジナティブでした。僕の好みをいえば、選曲は前回のほうが良かったように思います。Moment timeは、聞けて良かったですが。

昼のライブでしたので、終わってからも時間があり、CDを購入し、サインをもらいました。その点は良かった。

img002.jpg


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/16(火) 22:39:22|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERIC DOLPHYのOutward Bound@渋谷ジャズ喫茶 JBS

9/6
この日は、お昼過ぎにお台場のTOYOTAのショールームで車の試乗
帰りに、渋谷でパンを買い、少し時間があったのでJBSへ

相変わらず、マスターは不機嫌そうだ。

エリックドルフィーがいい音
Outward BoundOutward Bound
(2014/09/30)
Eric Dolphy

商品詳細を見る


次がフレディーハバード
Love ConnectionLove Connection
(2009/06/09)
Freddie Hubbard

商品詳細を見る


最後にローランドカーク聞いて出てきた
Rahsaan RahsaanRahsaan Rahsaan
(2002/08/13)
Rahsaan Roland Kirk

商品詳細を見る


お代は、コーラ1本500円、実に単純明快

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/16(火) 20:43:18|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Avishai Cohen Trio @新宿ピットイン

9/7

Avishai Cohen Trio @新宿ピットイン
Avishai Cohen(Tp) Tal Mashiach(B) Jeff Ballard(Ds)

ようやく待ち望んでいたこの日がやってきました。
僕は、Avishai Cohen(Tp)の大ファンで、結構CD集めているんです。
ライブで聞きたいと思っていて、このライブのチケットの発売日の朝に新宿ピットインに並んで買いました。
といっても順番は3番目でしたが。ということでめでたく整理番号4、5となりました。

妻と行ましたので、ライブの前に、新宿の街を周遊したり、ピザ屋でピザを食べたりとデートっぽい行事もありましたが、開場時間にはキチンとついて、最前列を確保しました。
食事したPIZZA屋さん。値段は高くもなく、安くもなく、ごく普通、料理はおいしい。
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13123990/

今回の来日はトリオということで、アルバムリリースを記念してということでしたが、おそらくは大人の事情でこのメンバーになったのだと思いますが、Jeff Ballardさんは最初の頃のトランペットプレイヤーのアルバムのメンバーだし、ブラッドメルドートリオでもおなじみなので、全く心配してなかったですが、Tal Mashiachさんはなじみがなくちょっと心配してましたが、
このトリオに加わるだけあって、うまいプレーヤーでした。

僕はAvishai Cohenさんのファンですので、彼がプレイするのをずっと、いい音だな、いいな、いいなと思って聞いてました。
しかし、3人でバラエティーに富んだ楽曲を演奏し、全く聴衆を飽きさせないというの凄いものです。

Avishai Cohenさんは結構おしゃべりで、3曲目のタイトルがないので、もしいい曲名がうかんだら、そこにある意見箱(もちろんピットインにはそんなものはないですが)にいれておいてください。とか
もし、演奏中に踊りたくなったら、踊ってもいいし、Jeff Ballardのソロのときに、彼にハグしたくなったら、遠慮なくハグしてくださいとか、いろいろと面白いことを言ってました。
ライブのほうは、終わりのほうほど白熱してきて、Avishai Cohenさんのハイトーンがこれでもかというぐらい炸裂していて、まさにトランペットプレイヤーという感じでした。それをささえるTal Mashiach、Jeff Ballardも熱演。全く凄いライブでした。

曲目は僕のメモなので不正確かもしれませんが以下のとおりでした。

20:20-21:10
Art Deco (Don Cherry)
Betray
Untitled(これが彼がジョークをいっていた曲)
Lush Life(Billy Strayhorn)
One man's idea
Pablo
Shiny Stockings (Frank Foster)

21:35-22:50
Dark Nights, Darker Days
You In All Directions
Be a story
Wise One (John Coltrane)
Safety towns
October 22th

アンコール
Gets blue

ダーク・ナイツ [日本語帯・解説付] [輸入CD]ダーク・ナイツ [日本語帯・解説付] [輸入CD]
(2014/07/20)
アヴィシャイ・コーエン-トリヴェニ

商品詳細を見る


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/08(月) 21:59:12|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

マリオン ブラウンのVISTA@中野ジャズ喫茶ロンパーチッチ

8/30
この週末も中野のジャズ喫茶ロンパーチッチへ
チーズクリームペンネとアイスコーヒー

最初にかかっていたのは
ブルースフォアマンのLP、なぜか最近好きになっているアーティストの作品
http://www.allmusic.com/album/in-transit-mw0000898888

次がマリオンブラウンのVISTA。なんとなく聞かないアーティストでしたが、なかなか良かった。
これは買いたいな。
ヴィスタヴィスタ
(2011/09/14)
マリオン・ブラウン、アレン・マーフィー 他

商品詳細を見る


次がビッグバンド作品。ロンパーチッチはビッグバンド作品も充実しています。
Fellini 712Fellini 712
(2004/08/10)
Clarke Boland Big Band

商品詳細を見る


次がSteve Khunのライフズ マジック、リンクの再発盤が出るまではCDでは、廃盤となっていて高額で取引されていた
作品。LPではどのくらいのプレミアなのか知らないけど、ジャケットはオリジナルのほうがかっこいい。
Life's Magic [輸入盤]Life's Magic [輸入盤]
(2012/10/24)
Steve Kuhn Trio

商品詳細を見る


最後は、ボビーハッチャーソン。
Now!Now!
(2004/08/26)
Bobby Hutcherson

商品詳細を見る


野菜を買ってきてという妻の依頼に基づき、近所の青果 かとう にいってみるも、
なんとなくはいれなかった。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2014/09/07(日) 09:46:47|
  2. JAZZ喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。