JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Matias Algotsson/In Copenhagenを聞いた

7/7(日)
七夕の日もいつものJAZZ BAR
週替わりワインは
Alvarez de Toledo Roble 2008
スペインのワイン まずまず

最初は硬派なサックストリオ
FRAMMENTIFRAMMENTI
(2010/03/05)
GIANNI VIRONE

商品詳細を見る


次がピアノトリオ、前回聞いたときはポールモチアンのドラムが
今一と思ったが、この日は気にならなかった。
Dear SomeoneDear Someone
(2009/09/29)
Anders Christensen

商品詳細を見る


次がマークエムラー このCDはとてもいい作品
ステファングラッペリが1曲だけ参加しているのですがこれが
最高

Easy Does ItEasy Does It
(1996/05/29)
Marc Hemmeler

商品詳細を見る


次がピアノとベースのデュオ 音がいい作品

PatiencePatience
(2011/07/12)
Stephane Kerecki & John Taylor


商品詳細を見る


次が北欧のピアニストの作品
なかなかわかりやすい作品でいいです
イン・コペンハーゲンイン・コペンハーゲン
(2007/09/19)
マティアス・アルゴットソン・トリオ

商品詳細を見る


次は、Marco Bardoscia というベーシストの
Openingという作品、先日も聞きましたが 録音も
なかなか良く 魅力的な作品
Gianluca Petrella trombone
Raffaele Casarano sax
Alberto Parmegiani guitar
Dario Congedo drums

http://www.jazzos.com/0JE_detail0.php?prod=JE8004

次がタルファーロウとフィリップ プチの
ギターデュオ
Standards RecitalStandards Recital
(2006/03/20)
Tal Farlow & Phillipe Petit

商品詳細を見る


For Evans SakeFor Evans Sake
(1995/06/07)
Gordon Beck

商品詳細を見る


最後がウディショー

LAUSANNE 1977-SWISS RADIO DAYS JAZZLAUSANNE 1977-SWISS RADIO DAYS JAZZ
(2009/04/01)
LOUIS HAYES/WOODY SHAW

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/15(月) 23:21:25|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Clap Hands Here Comes Charlie/ Karl Drewoを聞いた | ホーム | Andreas PetterssonのGetting Close to Youを聞いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/1118-8f274da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。