JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本名徹次指揮のベトナム国立交響楽団@横浜みなとみらいホール

9/21(土)
15:00-17:00
みなとみらいホール

本名徹次(指揮)
児玉桃(ピアノ)
ベトナム国立交響楽団

武満徹:弦楽のためのレクイエム
グエン・ティエン・ダオ:ピアノ協奏曲「コンチェルトヴィーヴォ」(世界初演)
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67

妻と、みなとみらいホールへ
僕は久しぶりです。

横浜クイーンズイーストにある
ゲウチャイでタイラーメンを食べてから
コンサートへ
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140103/14000377/

席は2階の正面で、少しステージからは遠いが
音のバランスは良かった。

最初に、日本とベトナムの国歌の演奏ということで、
起立して聞いた。

次が武満さんで、
その次が打楽器を多用した現代音楽の
ピアノ協奏曲

休憩をはさんで
ベートベンの交響曲第5番

この日の演奏は、ところどころ?という箇所は
少しあったものの、総じて良かった。
ベートベンの傑作といわれるだけのことはあります。

アンコールは
日本の「会津磐梯山」とベトナムの曲を
演奏

ベトナムと国交樹立40年記念ということで、WIKIPEDIA
読んでみると、ベトナムの南北統一は1976年で
その前の1973年に、日本とは国交が正常化されているようだ。
いつかは行ってみたい国のひとつです。

以下は、みなとみらいホールのホームページからの引用
-------------------------------------------------------------------------
音楽が繋ぐアジアの絆

人と人は音楽で繋がることができる、そう強く感じさせてくれるオーケストラです。
ベトナムのクラシック音楽界に多くの日本人が関わっていることをご存じでしょうか。
指揮者・本名徹次は2001年からベトナム国立交響楽団(VNSO)のミュージック・アドヴァイザー兼指揮者を務め、2009年に音楽監督兼首席指揮者に就任しました。彼の努力により、このオーケストラは飛躍的に演奏のレベルを上げています。
2010年に行われたハノイ建都1000年祭でのマーラー:千人の交響曲演奏では、本名をはじめ多くの日本人演奏家、日本人スタッフが協力し、戦争に終始したこの国に音楽の花を咲かせ、日本とベトナムの友好関係に大きな貢献を果たしています。
日本ベトナム友好年(日本ベトナム外交関係樹立40周年)および横浜・ハノイパートナー都市を記念し、両国の架け橋となる本公演。
武満徹の代表作に始まり、メシアンの弟子でもある気鋭のベトナム人作曲家・ダオのコンチェルトを児玉桃を迎えて世界初演、メインはベートーヴェンの5番と多彩です。着実にレベルを上げるVNSOの「今」を聴くのにこれ以上ない選曲と言えるでしょう。

スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2013/09/22(日) 19:23:29|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Jerry Bergonziを聞く@新橋 BAR D2 | ホーム | 東京JAZZ 再び>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/1231-160a60cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。