JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も行ったBOSSA AOYAMA2013

10/26-10/27
この週末は、BOSSA AOYAMAというイベントをやっていて、
僕は2日とも行ってしまいました。

昨年も行っていた。
http://dozenaday.blog88.fc2.com/blog-entry-860.html

10/26は、以下の2つのステージ

13:00-13:50
@東京ヒヤリングセンター(この会場は狭いですが、音は良い)
Sabrina Hellsh(Vo、g)、マツモニカ(ハーモニカ)
Sabrina Hellshさんは日系ブラジル人ということで、
日本に来られてずいぶんたつようですが、ボサノバのスタンダードや
ブラジルのPOPSを歌われた。
昨年は一人で日本全国をまわられ、仙台でしょんさん(?)という人に教えてもらった歌というのを歌われたが、それがユーモアがあって面白かった。
さすがネイティブと思ったイパネマの娘
http://youtu.be/FSOQZsdiY8o

14:00-14:50
@原宿教会(とても美しい、癒される空間)
FONTE 中川昌三(fl)、小畑和彦(g)、安井源之新(perc.)
この3人の演奏は前から聞いてみたいと思っていて、今回初めてきけました。
僕は彼らのFIRSTをもっていて、結構良く聞いていました。
基本的にはボサノバなのだけど、3人の手練れがおりなす音楽は超絶
小畑さんと安井さんは、自分の演奏を録音して、それに自分の演奏をかぶせるという技を披露、いやーすごかった。

10/27は、以下の2つのステージ
13:00-13:40
@オラクル スカイロビー(ソフトウェアのオラクルのロビーなんでしょうが広くて気持ちの良い空間)
行川さをり(Vo)、前原孝紀(g)
ブラジルの水彩画
三月の水(これはなんか歌詞が独特でした)
?(メモの字が読めない)
Guingaの曲
Soundless Word Fades Modigliani Blue eyes(オリジナル)
Baden Powelの曲
Amor Brasileiro

行川さん聞くのは久しぶり、相変わらず歌はうまい。
前原さんのギターもますます良くなってきた。

会場でミニアルバム購入し、サインをもらいました。
このCDは、パッケージがグリーティングカードのようで、装丁も凝っている。これはネットより、実物のほうがだんぜん良い。
Fading TimeFading Time
(2013/03/10)
行川さをり

商品詳細を見る


この後、1時間あいたので、青山祭を散策
いちょう並木のほうでやっている青山ワールドマーケットに行ってみる。
ブラジル、メキシコなどの国の人々が屋台などをやっているのだが、食べるスペースがあまりないので買ってもなーという感じでした。

15:00-16:00
@オラクル スカイロビー
伊藤ゴロー、菊池成孔のトークショー
「ゲッツ/ジルベルト+50」について語る!

スタンゲッツがどれだけ悪人だったかの話を軸に、
オリジナルのゲッツ/ジルベルトの話や
ゲッツ/ジルベルト+50の制作時の話など、すごく面白かった(細野さんの話が特に)。

印象に残ったのは、音楽はライブが基本で、せーので全員が演奏して100%の力がでるカラオケテープにあわせて、後から録音するのでは、せいぜいそのアーティストの能力の60%くらいしかひきだせないというくだりが面白かった。
(これはまさに、ビックロで聞いた麻倉さんの、石川さゆりさんの録音の話。音楽と別録りではなく、音楽と歌の同時録音で作った作品の素晴らしさの話と一緒でした)

1時間の話に僕は非常に満足してこのビルの地下にある地下鉄駅に向かったのだが、後ろを歩いていたカップルの女の子のほうが、「何を話しているのかさっぱりわからなかった。」と彼氏に文句を言っていて、笑ってしまった。彼氏にいってやりたかった。教育をきちんとせよと。


以下のアルバムの話でしたが、基本的な説明は、AMAZONから抜粋して引用。
「ボサ・ノヴァの永遠の名盤、誕生から50年。
 伊藤ゴローを中心に、総勢19名の豪華ミュージシャンが愛を込めてカヴァー。

●ジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツが、ブラジルのジョアン・ジルベルトとアントニオ・カルロス・ジョビンと出会い、1963年に録音したアルバム『ゲッツ/ジルベルト』。
●「ボサ・ノヴァ」という音楽ジャンルを世界に知らしめた記念碑的作品であり、現在も多くのリスナーから愛される名盤の誕生から50年目に捧げる、日本発・全曲新録のトリビュート・アルバムです。
●『ゲッツ/ジルベルト』を愛する総勢19名の豪華ミュージシャンがジャンルを超えて集結し、オリジナル・アルバム収録曲8曲を丸ごとカヴァー。」

ゲッツ/ジルベルト+50ゲッツ/ジルベルト+50
(2013/06/19)
オムニバス、土岐麻子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2013/10/28(月) 22:51:12|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Gilad Hekselman trio@新宿ピットイン | ホーム | Lars DanielssonのLibrettoを聞いた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/1260-670af74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。