JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

John Taylor Steve Swallow Gabriele Mirabassi /NEW OLD AGE

週末や仕事が早めに終わったときは
JAZZの中古CDを漁るのが習慣になっています。
この日も新宿の某JAZZ CD SHOPで2枚見つけました
1枚目はTord Gustavsen Trioの「THE GROUND」
2枚目はJohn Taylor Steve Swallow Gabriele Mirabassi
のNEW OLD AGEです。後者を今日は紹介します。

最近は、John Taylorに凝っていて、見つけると買ってしまいます
(他は Stanley Cowell と Richie Beirach)
こういう世代の人のピアノは、肩の力が微妙にぬけ、
円熟という滋味にあふれているような気がします。
(それでいて、枯れている、衰えているという感じがしない)

杉田宏樹氏の「ヨーロッパのJAZZレーベル」河出書房新社
によるとEGEAは「エジャ」と読むとのことで、イタリアの
ペルージャのレコード会社らしい。
エジャのホームページによると
「深い地中海の個性を追求」し「上質な室内楽の雰囲気を加えた」と
独自の音楽の追求がレーベルコンセプトらしい。
(どうぞ、英語なので読んでみてください
 →http://www.egeamusic.com/en/index.html

この作品は、ピアノ・トリオと思って買ったら、
Gabriele Mirabassiはクラリネット奏者で、ドラムなしの
ワンホーン作品でした。

John Taylor Steve Swallowとプレイしているのだから、
Gabriele Mirabassiのクラリネットもヘタなわけはなく
静けさの中に、あふれる熱さみたいな感じで、空間に静かに
ひびく音楽でした。
録音も良いです。

 夜に書斎で、静かに読書でもしながら(またはお酒でも飲みながら)
 1人で聞くというのが、いいように思います。 

EGEA 2002年9月録音 at Auditorium Santa Cecilia  
         美しいホールです(CDのケースに写真が載っています)
         http://www.auditoriumsantacecilia.it/
John Taylor (p) Steve Swallow (b)Gabriele Mirabassi (cl)

1. New Old Age
2. Struzzi Cadenti
3. Vaguely Asian
4. Novalis
5. Q2
6. Arise, Her Eyes
7. Evans Above
8. Hullo, Bolinas
9. Hotel Danubio
(曲はいずれも3人のうちの誰かのオリジナルです
しかも律儀に1人3曲ずつです)
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/02/11(日) 18:05:16|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小野リサ/Essencia | ホーム | 大野雄二&ルパンティック5のLIVEへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/17-e425d5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。