JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Fredrik Ljungkvistなどを買う(8/29)

8/29は、吉祥寺DUにCDを買いに
行きました

先日の買い物で2000円以上10%引きの券をくれたので、
だかけてみると、5枚以上15%引きというセールをやっていて
当然に5枚以上買ってしまうこととなる。

1枚目は、Browne-Haywood-Stevens
いきつけJAZZ BARで良く聞く作品です。
オリジナルの録音は1998ですが
購入したのは2009にリマスターしたもの
これは結構高い値段でした

Sudden in a Shaft of SunlightSudden in a Shaft of Sunlight
(2009/06/09)
Browne-Haywood-Stevens

商品詳細を見る


次に発見したのが北浪良佳さんの作品
これは、帯がジャケット(デジパック)にテープ止めしているという
理由で安かった。でも簡単にはがせたので、お得でした。
リトル・ガール・ブルーリトル・ガール・ブルー
(2007/10/24)
北浪良佳

商品詳細を見る


次に見つけたのがJim Pepper
このCDはいいですね。録音もまあまあ良いし、
Jim Pepperの素朴で おおらかなテナーで とても元気がでます。

PathPath
(1993/06/23)
Jim Pepper

商品詳細を見る


次がロベルトタレンツィのピアノめあてで
次の作品を(イタリアジャズのレーベルが国内盤で出るのは珍しい)
最初はドラムがうるさいかなと思いましたが 聞きこむうちに
良くなってきました
ラザー・オッドラザー・オッド
(2009/03/25)
トニー・アルコ・トリオ

商品詳細を見る


最後はアルトサックス(でもこの作品のライナーにはテナーと書かれているのだが)
Fredrik Ljungkvistの1997年のカルテット作品
SONICSPACE(レーベルPROPHONE)
これは、最後まで買うかどうか悩んだが、買って正解でした。
少し、汚れていたのがクリーナーできれいにできたし、
音楽の内容が抜群に良かった。
Fredrik Ljungkvistさん以外のミュージシャンは自分は知らないが
1988年にこのグループは組まれたそうだから、録音の1996年まで
8年間の歳月があり、グループとしての醸成があったように感じた。
(Fredrik Ljungkvistさんが ATOMICのメンバーであることは知らなかった
 ATOMICは少し 自分としては苦手)

この日は、ドンプーレンの作品や、ジョージアダムスとドンプーレンの作品も
あってどうしようかと迷ったが、新しいものを聞きたいという気分で
上記5枚の選択でした。 

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2010/09/11(土) 06:43:58|
  2. CD購入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虐殺器官/伊藤 計劃 | ホーム | Woody Shawなどを聴く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/236-25223fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。