JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チャイコフスキーVl協 庄司紗矢香(ラ・フォル・ジュルネ)に行く

2007年5月4日(金) 21:15~22:30
東京国際フォーラムAホール

指揮    ドミトリー・リス
バイオリン 庄司紗矢香
ピアノ   ボリス・ベレゾフスキー   
演奏    ウラル・フィルハーモニー管弦楽団

チャイコフスキー/バイオリン協奏曲
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番
 
昨日に続きラ・フォル・ジュルネに行きました。

21:15スタートなので、TOKIAの向かいのガード下
にある 築地 活鮮市場 丸の内南口店
で 軽く飲んで行くこととしました。
http://www.kassenichiba.com/tempo/
私は、音楽を聞く前には、食べれないので、軽く
つまみを食べて、梅酒サワーを軽く飲む程度でした。
妻の頼んだ 「くじら竜田揚げ」490円が
なつかしく、おいしかったです。

会場に早めに着いたので、
無料でやっていた、ハンガリーの民族音楽(ラカトシュさんみたいな音楽)
を少し聞いてから、ホールに向かいました。

1階12列目のセンターブロック左側とかなり良い席で見ることができたのですが、
庄司紗矢香 さん素晴らしすぎる。
我が家は、なぜか、チャイコン(VLの)が好きで、たくさんCDを
集めていて、かなり聞き込んでいます。そのためチャイコンだけは、実演では
感動できないこともあるのだけれど、この日の演奏は素晴らしかったです。
優しい音色といい、早いパッセージでのテクニックといい、表情も
いい表情でひいておられました。

その好演に刺激されてでしょうか(まあ、プロだからそんなことはないと
思いますが)ボリス・ベレゾフスキーのピアノも非常に力強く良かったです。
協奏曲は、席によっては、ピアノの音量がもの足りなかったり、
実演で感動するのは、なかなかないのですが、この日は素晴らしかったです。

来年も来たいなと思いました。
(しかし、来年はシューベルトらしいので、協奏曲はないかも
 しれないなと思いつつ)
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/13(日) 19:42:55|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<安富祖貴子(セッション2007)のLIVEへ | ホーム | コルボのフォーレ レクイエム(ラ・フォル・ジュルネ)に行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/40-245e377a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「のだめオーケストラ」STORY!

 プロが正規の演奏会で外す事は滅多に無い。それをSオケリハーサルでやって見せてくれる。こんなCDが出せるのはのだめ用ならではのこと。そのぶん、プロの真面目な遊び心を読み取ることができる。 国際的な名演奏なら、多数の歴史的名盤からも集めることができる。国...
  1. 2008/01/02(水) 14:20:35 |
  2. ヴァイオリンをたくさん集めました

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。