JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イルマ さん(セッション2007)のLIVEへ

5月30日(水)19:30-20:30
Irma(vo,p), Teo Lima(ds,per), Jamil Joanes(b)
BSふれあいホール

セッション2007の収録に妻と行きました
BSふれあいホールですので抽選があったのですが、
仕事が忙しかったので、19:00過ぎに行くこととしました。
まあ、左側の3列目くらいの席に座れたので
まあまあ良かったです。

イルマさんは、名古屋を拠点に活動されている
シンガー・ピアニストだそうです。

今回はブラジル録音されたCDのメンバーを
ブラジルから招聘してのツアーだそうです。

Teo Lima(テオ・リーマ)さんは
イバン・リンス等とも演奏されているミュージャンで
非常に素晴らしかったです。

ベースのJamil Joanes(ジャミール・ジョーンズ)さんも
うまかったです。

曲目はニューアルバムからボサノバを中心に演奏されました
イルマさんはイタリア語も堪能ということで、
クラシックのオペラのジャズアレンジ風、アベマリアなども
演奏されました。

でも、私は、アントニオ・カルロス・ジョビンの
Se todos fossem iguais a voceが非常に気に入りました。
(後で、ジョビンのライブのCDを買ってしまいました)

イルマさんは、歌詞の意味を
「みなが、あなたと同じだったら、つまらない。
 みなが、あなたと違うから、個性があるから、この世の中は
 素晴らしい」
といったようなことを説明されましたが、
ジョビンのCDのライナーには
「みなが、あなたと同じだったら、
 この世の中はどんなに素晴らしかっただろうに、
 (それほどあなたのことが好きだった?)」

どっちが本当なのだろうか?

Irmaさんのホームページ
http://homepage2.nifty.com/irma/
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/06/12(火) 23:05:42|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KAMAKURA(セッション2007)のLIVEへ | ホーム | 日本フィル さいたま定演(本名さん指揮)を聞きに行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/49-f80f3a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。