JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Harold Mabern / Kiss of Fire 

このCDを久しぶりに聞きました
寺島靖国 氏の文庫本「JAZZピアノ・トリオ名盤500
を読んでいたら、
9のKiss Of Fireがタンゴの「エルチョクロ」と同じ
と書いてあったので、聞きたくなりました。
このCDは、ノリが良いということで、評価されている人が
多いですが、少し、ドラムがうるさい感じがします。
特に6のBlack Orpheusなどは、雰囲気がない気がしました。
(PIANO TRIOでこの曲の演奏はあまり見つかりませんが
 Bobby Enriques Plays Bossa Nova などのほうが
 自分の好みです)
9のKiss Of Fireもタンゴの演奏家の「エルチョクロ」の演奏のもののほうが、良いように感じました。
ただし、エリック・アレキサンダーの参加した
トラックのほうは、いい感じです。
10.Brazilが楽しい雰囲気があって良く、1.How Insensitiveもなかなか
面白いと思いました。
まあ、オーディオに向かいひっそりと聞くのではなく、
パーティ、ドライブなどで、大音量で聞くとまた別の味わいがあるのかもしれません。
録音はVenusですので、良いです。

Venus 2001録音
Harold Mabern (p) Nat Reeves (b) Joe Farnsworth(ds) 1、3、7、10のみEric Alexander(ts)
1.How Insensitive
2.It's A Lonesome Old Town
3.Nancy(With The Laughing Face)
4.Bag's Groove
5.Blue Bossa
6.Black Orpheus
7.Cheese Cake
8.Recado Bossa Nova
9.Kiss Of Fire
10.Brazil

スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/10(水) 22:05:57|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SHINA YUTAKA(椎名豊)/HITTIN' THE SPIRIT | ホーム | Pat Metheny and Brad Mehldau /Metheny Mehldau>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/5-2a2db103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。