JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JOHN HICKSのSOME OTHER TIMEを聞く

3/27

会社帰りにいつものJAZZ BARへ
週替わりのワインは、赤白とも
飲んだことのあるものだったので、
ギネスビールを飲む

最初にかかっていたのは、
EGIL KAPSTADの
REMEMBERANCE
真っ当なピアノトリオという感じ
(アマゾンではCDの取扱はなし)



次がSteve Fishwickというトランペッターの
作品 最近のマスターの一押しのようです
UP FRONT!(+1)UP FRONT!(+1)
(2008/10/10)
スティーヴ・フィッシュウィック

商品詳細を見る


次はWoddy Shaw
聞けば聞くほどよくなるトランペッター


次はジョンヒックスをLPで
実は僕もこの作品をCDで持っていて、
僕のシステムではピアノの音がペナペナで
どうも好きな作品ではなかったのですがLPで聞いてみると
秀逸 ジョンヒックスのロマンティックな面とダイナミズムな面が
うまく調和していると感じました。

Some Other TimeSome Other Time
(1994/08/25)
John Hicks

商品詳細を見る


次がGrant GreenのMatador
ジョンコルトレーンの演奏と
雰囲気がそっくりなMy Favorite Thingsがはいっている。
ピアノが同じマッコイタイナーだからだろう。
MatadorMatador
(1993/01/28)
Grant Green

商品詳細を見る


最後がMarilyn Mazur Jan Garbarekのデュオ作品
録音的には すごい音、かなりシリアスな音楽
Elixir (Ocrd)Elixir (Ocrd)
(2008/04/15)
Marilyn Mazur Jan Garbarek

商品詳細を見る


この日もBARの雑誌をみていたのだけど、
見るものもなくなったので本棚のほうをみてみると
加藤典洋さんが著書「小さな天体」の中で
読んでいた。
アート・スピーゲルマンのMAUSというマンガがあるではないか
ということで少しずつ読みだした。

マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語マウス―アウシュヴィッツを生きのびた父親の物語
(1991/08/01)
Art Spiegelman、アート・スピーゲルマン 他

商品詳細を見る


歴史としての貴重な記録であることには
間違いない。読み終わったら感想を書いてみたいと
思うが、うまくかけないかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/04/08(日) 13:57:51|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジョンアーバクロンビーのアーケイドを聞いた | ホーム | 片岡義男さんと堀江敏幸さんの写真展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/713-19025570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。