JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンドレ・プレヴィン指揮 N響へ

2007年9月20日(木) サントリーホール

指揮 アンドレ・プレヴィン
笙 宮田まゆみ

武満 徹 / セレモニアル An Autumn Ode(1992)
コープランド / バレエ組曲「アパラチアの春」
ラフマニノフ / 交響曲 第2番


久しぶりにN響定期
サントリーホールも改装をしていたので
久しぶりでした
(どこを改装したのか、あまりよくわからなかった)

アンドレ・プレヴィンというと
シェリーマン(ds)の
My Fair Lady
を思い出しますが、からっと明るい
ジャズピアノアルバムで、天気の良い
日曜の午後に聞きたくなるアルバムです。

ラフマニノフ 交2は
最近、ジーンバートンチーニ(g)の
Chiaroscuroレーベルのビルチャーラップ
とシーンスミスとの共演作で、この第3楽章を
演奏しており(Song Titleはなぜか
You can't go home となっている)
何回か そのつながりで、ザンテリンク指揮の
アルバムなどを聞いていました。

アンドレ・プレヴィンさんは、この作品が
非常に得意なレパートリーということでしたので
非常に楽しみにしていました。

最初の曲は、「笙」という雅楽の楽器で幻想的に
始まる曲で、ホールにひびく「笙」の音がかなり
いい感じでした。

次はコープランドの音楽で、こちらは
あまり聞きなじみのない曲ということもあり
音楽にはいっていけないような気がしました

最後は、ラフマニノフ 交2ですが、
ロマンチチックで良い曲でした。
特に第3楽章がメロディックで良いと思いました。
(若干全体的に長いかなと思いました)


帰りには、サントリーホールそばの
オーバカナルで
ムール貝の白ワイン蒸し、フレンチフライ、
オードブル盛り合わせ、ハウスワイン(白)

テラス席が気持ち良い季節でした。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/27(土) 19:33:32|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レナード衛藤さん@浜離宮朝日ホール | ホーム | 西本智実の日本フィル(大宮)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/75-dcfd6f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。