JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LONDON BY NIGHT/NATHAN DAVISを聞いた

7/23

仕事帰りにいつものJAZZ BARへ
この日は、週替わりのワイン
Bourgone Blanc 2009 Caves de lugny
とチーズ コント デ モンターニュを食べた。


最初にかかっていたのはHans Kollerというピアニストの作品
何回か聞いて、なんとなくなじんできた。カタイタッチのピアノ
Wild RosesWild Roses
(2005/04/25)
Hans Koller

商品詳細を見る


次がDave LiebmanのLookout Farm
ジャズの本などを見ると彼の代表作として
あげられていることが多いですが、なかなか良い作品。
ECM系のジャズ
Lookout FarmLookout Farm
(2005/01/26)
Dave Liebman

商品詳細を見る


次がピアノトリオ
ピアニストはデイブ バークマン
初めにかかった曲がビルエバンス風だったので
エバンスのアルバムかと思った。
Mike Richmondのベースがいい。
Dark StreetDark Street
(1995/03/06)
David Berkman、Eliot Zigmund 他

商品詳細を見る


次がジェフガードナーとゲイリーピーコックの
デュオ。音が少し良くなったので、面白く聞けた。
AlchemyAlchemy
(2007/12/18)
Jeff Gardner

商品詳細を見る


次がリシャールガリアーノと
ミシェルポルタルの作品
ジャケはあまりみたことがないので
検索してみたが見つからない。
コンサーツのジャケ違いかな。

最後はネイサン デイビス
2度目くらいにしてアルバムの良さがわかってきた。
ベースは、最近名前を認識しだした
ジミー ウッド(既に亡くなられているが)
やはりトランペットのダスコ ゴイコビッチが
いい味だしている
ロンドン・バイ・ナイト(紙ジャケット仕様)ロンドン・バイ・ナイト(紙ジャケット仕様)
(2009/11/20)
ネイサン・デイヴィス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/08/04(土) 06:49:27|
  2. JAZZ CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FORWARD/TORQUE TRIOを聞いた | ホーム | JAZZ ART せんがわ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/790-3501be5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。