JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲

2007年1月18日(木) サントリーホール

指揮 シャルル・デュトワ /ピアノ ジャン・フィリップ・コラール
ラヴェル/優雅で感傷的なワルツ
ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲
チャイコフスキー/交響曲 第6番


久しぶりにN響定期を見に行きました
デュトワのラヴェルは、安定感があり、とても良かったです
(モントリオール交響楽団時代のラベル、ドビッシーの諸作のCDも
 自分は大変好きで愛聴しています。特に好きなのは
 ラヴェルのラ・バルスです。)
ピアノのジャン・フィリップ・コラールも、ダイナミックなピアノで
響きもとても良かったです。
このラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」は戦争で右手を失った
人からの委嘱で書かれた作品のようですが、ジャズの影響を受けている
作品ということで、ジャズの好きな人にもなじめる作品と思いました。

帰りには、サントリーホールそばの
オーバカナルでオニオングラタンスープとつぶ貝、
ハウスワイン(赤)、相変わらず、美味でした。
スポンサーサイト

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2007/01/25(木) 23:43:32|
  2. クラシック コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<『それでもボクはやってない』 | ホーム | David Gordon /Dozen a Day>>

コメント

Webを斜め読みしていたところ貴兄のブログを見かけ、つい書き込み致しました。
左手の生演奏が聴けるとは羨ましいですね。

東京嫌いで、仕事以外では絶対に行くものかと固く誓っているため
子を持つ親の責務であるディズニーランド詣でを除いて、東京で催しもの
を楽しんだことがありません。

Ravelの左手は私の好きな曲の一つです。
最近流行の『youtube』でサンソン・フランソワの
同曲の動画を見つけました。
ご存知の通り、この業界では異色の演奏家で大変興味深い
解釈(所謂スゥイング?)が数々あります。

JAZZ愛好家であればきっとご理解頂けるものと思います。
  1. URL |
  2. 2007/06/30(土) 10:41:23 |
  3. ちび山さん #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

ちび山さん コメントありがとうございます
サンソン・フランソワなどの画像もYouTubeにあるのですね
今度探してみたいと思います
  1. URL |
  2. 2007/07/01(日) 11:17:25 |
  3. DOZENADAY #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/8-ffce1950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。