JAZZとその他の日々

JAZZとその他の日々をつづるページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラーシュヤンソン@SOMETIME(吉祥寺)

11/4(日)Sometime(@吉祥寺)
1ST 19:50-20:40
2ND 21:45-22:45
LARS JANSSON, Thomas Fonnesbaek, Paul Svanberg

11/4は
待ちに待ったラーシュヤンソンのライブを見に
吉祥寺へ妻と行きました。

何しろ6月くらいに予約をしたので、スケジュール帳には書いたが
なんとなく行くのわすれてしまうのではないか
と気が気ではなかった。

会場に着くと、入口では当日のお客さんが少し待っておられ
僕らは会場の中へ。

Sometimeは、予約順に席が決められ、ある程度希望も
受け入れてもらえるのだが、僕が予約した段階では、
ピアノの手元が見える特等席は予約されており、僕らの席は
ピアノの前の席だった。

僕はハイネケンを頼み、妻はモスコミュール
つまみに、野菜スティックのバーニャカウダをとる。
これは安くておいしいので、おすすめだ。

開演時間が近くなると、席もほぼうまり、満席状態だ。
入口でまっていた当日のお客さんも、適当に空いている席に
案内され、ライブがスタート。

ラーシュヤンソンさんのピアノは、CDでも良く聞いていたので
きれいなピアノだというのがわかっていたが、想像以上に
ダイナミックであり、早弾きなどもすごかった。
いい意味で、のりのりであり、ファーストステージは
あっという間に終わった。

今回のトリオは最新のCDのレコーディングメンバーであり、
レギュラートリオとしての息もピッタリであった。

ベースの人もテクニックは抜群であり、
ドラムスは、ラーシュヤンソンさんの息子さんということ
だったが、なかなかうまかった。

なお、ベースは借り物ということであり、
「毎日違うベースで演奏しているが、今日のベースが
一番良い。なぜなら後ろにレイ・ブラウンのサインがあるから」
と冗談をいっておられた。

途中の休憩で、サインをしてくれるということだったので
僕は、家から持ってきたライブ盤にサインをもらい、握手してもらった。
普通、会場で買った新しいCDじゃなきやだめとか、うるさいこと言われる場合も
あるが、この日は大丈夫だった。

セカンドも素晴らしく、
特にアンコール1曲目は、これでもかというくらいに
ガンガンにピアノを連打、早弾きされており、音楽のカタルシス
(久々に、心の中でヤッホーと言った)を感じました。
アンコール2曲目は一転して、静かな心にしみわたる
曲を演奏された。

僕がライブで聞いて来たピアニストの中では、
ナンバー1の感動ライブだったように思います。

(11/10 横浜のドルフィーで追加公演あり。是非どうぞ)

CDのブックレットにもらったサイン(一番下のほう)↓↓
ラーシュヤンソン2
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2012/11/10(土) 08:33:39|
  2. JAZZ LIVE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JAZZ CAFE ronpercicci(中野)へ | ホーム | インターナショナルオーディオショー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dozenaday.blog88.fc2.com/tb.php/866-6bb43432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

DOZENADAY

Author:DOZENADAY
JAZZを聞き出して10数年
中古CDを発掘するのが趣味(ジャンルは問わず)
その他には、JAZZ喫茶/BAR探訪
JAZZ LIVEに行くのも好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。